CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


2月読了本 (購入分・借り物)

  1. 2015/03/08(日) 10:38:36_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:42冊
読んだページ数:7468ページ
ナイス数:352ナイス

中国嫁日記(四)中国嫁日記(四)感想
40日居なかった、中国の家の状態はホラー…。月さん、頑張って掃除したんだなぁ。私なら、バルサンたいて一時撤退するぞ。書き下ろしの男性不妊の話は、ジンサンも書くのに勇気がいったと思う。女性が原因の不妊治療も大変だけど、男性の不妊もまた、かなりの負担を強いられるんですね。また、月さんの言葉に泣けた。こんな素敵な夫婦だから、子供を授かって欲しいなぁ。子育てに翻弄される場面も見てみたい反面、今の仲の良い夫婦を見ていたい気も。
読了日:2月2日 著者:井上純一
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)感想
人と人の縁は、不思議な繋がりがあるんですね。ナミヤ雑貨店と丸光園を結ぶものは、初恋の赤い糸だったのかしら。どんな形であれ、手助けすることは、回り回って自分を助ける事になるのかもしれないですね。
読了日:2月3日 著者:東野圭吾
ヘタリアWorld・Stars 1 (ジャンプコミックス)ヘタリアWorld・Stars 1 (ジャンプコミックス)感想
ヘタリアの新シリーズかな。イタリア、ドイツ、日本がメインで、アメリカがちょこっと。一気にいろんな国が出てきてないから、これ誰だっけとならなくて良かった…。イタリアの道は、運転したくない。名古屋だってかなりの危険地帯なのに、それ以上とか怖すぎ。後半は、ローマ皇帝。暴君だと思ってたネロが、お母さんに頭に上がらないというか、尻に敷かれてるのが、気の毒になる。今後も、歴史上の人物も出てくるみたいなので、楽しみ。
読了日:2月5日 著者:日丸屋秀和
ダークエルフの口づけ―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)ダークエルフの口づけ―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)感想
再読。ソードワールドの中でも、一番混沌としたファンドリアが舞台。ここが舞台になるの、この本が初めてだったような。今回は、主要勢力と人物の紹介も兼ねてそう。アマデオ君、よほどの強運の持ち主と見た。あの状況でよく無事で…。ベラの気まぐれな(?)保護も効いているのかもしれないけど。
読了日:2月5日 著者:川人忠明
ダークエルフの口づけ〈2〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)ダークエルフの口づけ〈2〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)感想
再読。陰謀、策略が張り巡らされた中で、アマデオとエビータの純粋さが、ささやかな救いなのかな。アマデオの村が滅ぼされ、元凶となった人物は生きたまま。これが、何かの始まりだとしたら、最後に待ち構えているのは、絶望しか残されてないんじゃ…。
読了日:2月7日 著者:川人忠明
Landreaall 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
読書メーターで知り、何となく惹かれた作品。細かな説明を省いている印象があり、一冊読むのに随分時間がかかった。マスターと両親の話が良かったし、これを読んで、本編もやっと理解出来た。
読了日:2月8日 著者:おがきちか
進撃の巨人(15) (講談社コミックス)進撃の巨人(15) (講談社コミックス)感想
クーデターが成功したのは痛快だった。けれど、エレンの父のおかした罪はなんなんだろ。罪だとヒストリアの父は言うけれど、見方を変えたら違う捉え方も出来そう。家の地下室にたどり着く頃には、全ての真相が見えてるのかな。
読了日:2月9日 著者:諫山創
明智警部の事件簿(1) (講談社コミックス)明智警部の事件簿(1) (講談社コミックス)感想
金田一の明智さんと比べると、性格がちょっと違和感があった。まだ警部だし、これから変わっていきそう。小林君も、いつか本編に出てくるかな。
読了日:2月9日 著者:佐藤友生
アルスラーン戦記(3) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(3) (講談社コミックス)感想
死んだ敵兵達への思いやり、異教への偏見を持たないところが、アルスラーンの魅力で力なんだろうな。カーラーンの最期は見事。けれど、裏切った理由は分からないまま。銀仮面の正体が明かされ、続きが気になる。
読了日:2月9日 著者:荒川弘
ダークエルフの口づけ〈3〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)ダークエルフの口づけ〈3〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)感想
再読。アマデオの出生の秘密が、公爵家のある人物と複雑に絡むことで、面白くなってきた。ベラは自分が死んだ事にして、自由に動けるようになったけれど、何をするのか…。互いの利害が複雑に絡んでいるから、何処へ向かっているのか全く読めない。
読了日:2月10日 著者:川人忠明
あまんちゅ! 9 (BLADE COMICS)あまんちゅ! 9 (BLADE COMICS)感想
火鳥先生のロマンスは、高校生の時からずっと、赤い糸が繋いでいたみたい。ひょっとしたら、もっと昔から。ピーターが、夢の世界から現実世界に行ったら、死ぬかもしれない恐怖。それを救ったのは2人のお姫さまだったけれど、選ばれたのは1人。姉ちゃん先輩に、もっと素敵な出会いを希望!
読了日:2月10日 著者:天野こずえ
プリニウス 2 (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス 2 (バンチコミックス45プレミアム)感想
プリニウスにとって、如何なるものも観察の対象になっていそう。恋愛そのものは興味が無くても、恋煩いの経過とかはしっかり見ていそう。ネロはこれから暴走しそう。
読了日:2月11日 著者:ヤマザキマリとり・みき
UNDERGROUN’DOGS 1 (ビッグコミックス)UNDERGROUN’DOGS 1 (ビッグコミックス)感想
全く知らない、スタントマンの世界に飛びこんでいく彰と一緒に、わくわくしながら魅了されていた。プロの仕事は、惹きこまれてしまう。
読了日:2月12日 著者:黒丸
鉄楽レトラ 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)鉄楽レトラ 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
最終巻。タイミングが合わず、中々会えない2人。彼女が必要としてるときに会えて、力づけられて、鉄宇はやっぱり藤本さんの王子様なんだな。互いに互いを支える関係は、これからもずっと続いていきそう。
読了日:2月12日 著者:佐原ミズ
ダークエルフの口づけ〈4〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)ダークエルフの口づけ〈4〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)感想
再読。最終巻。一応の決着はついたものの、まだ、物語としては終わってない…。アマデオは、ベラやラミア達によって「生かされてる」状態にしかみえないし、眠り姫が目を覚ます事はあるのかどうか。構想では、まだ続くようだけど、いつでるのかなぁ。
読了日:2月13日 著者:川人忠明
珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
今回は、困り事のある人が、タレーランの美星さんを頼るパターンだった。語り手も毎回変わるので、叙述トリックが多かったかな。美星さんとアオヤマ君のその後についてはほとんど触れられず、ちょっと残念。
読了日:2月14日 著者:岡崎琢磨
坂本ですが? 3 (ビームコミックス)坂本ですが? 3 (ビームコミックス)感想
小学生から大人の女性まで、魅了してしまう坂本君。次の巻で、深瀬と直接対決するか?
読了日:2月14日 著者:佐野菜見
乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 7巻 (ビームコミックス)感想
姉妹妻のシステムは、ここまで奥さん達が仲良しだと、旦那さんがやきもきしそう。出掛ける場所が制限されるからこそ、お風呂場で羽を伸ばすのかな。地域によって、随分文化が変わるんだなぁ。
読了日:2月15日 著者:森薫
げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)感想
斑目は、咲ちゃんに振られてもなかったか。前作の内容がうろ覚え。新入生も濃い子達が入ってきたけど、斑目の存在感は揺るぎない。婦女子じゃなく、オタクの女の子も居て欲しかった。
読了日:2月15日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の弐(11) (アフタヌーンKC)感想
斑目モテモテ。でも、好きな人に振り向いてもらえなければ、嬉しくないか…。
読了日:2月16日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)感想
吉武の兄弟、好みだっただけにネタばらししたあと、がっかりした…。げんしけんの中で、妙な恋愛関係図が出来上がりつつありそう。
読了日:2月16日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の四(13) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の四(13) (アフタヌーンKC)感想
文化祭で、げんしけんの新旧のメンバーがそろう。波戸君の過去と義姉の腐女子ぷりにおののきつつも、斑目と咲ちゃんどうなるの!?
読了日:2月16日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の伍(14) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の伍(14) (アフタヌーンKC)感想
斑目、決着をつける。咲ちゃんも素敵な女性だった。高坂がいなければ、付き合う可能性があったってことは、斑目のことをきちんと評価してたってことだよね。まだ、斑目は未練たらたらで、他の子に目を向けるのは無理そう。斑目に恋心を抱いている数人は、どうするかな。
読了日:2月16日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の六(15) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の六(15) (アフタヌーンKC)感想
波戸君、暴走。自分でもどうしたらいいか分からなくて、ぐるぐるしてやっちゃった感もある。矢島っちの献身は実を結ぶか?斑目は…やっぱり逃げた(笑)高坂が爆弾落とすのはいつもの事だけど、今回はまたタイミングが絶妙だったから…。
読了日:2月17日 著者:木尾士目
でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)感想
兄が妹の名前で投稿したBL漫画が大賞を取り、周りの認識は、すっかり妹が描いたことになってる。このまま、兄原作、妹作画でやっていくか?妹がもし、本来の希望の少年漫画が描けるようになったとしても、そういう目で見られそう…。作中作のBL漫画は、ゆうきさんの線画を他の漫画家さんが色づけしてるとか。豪華だなぁ。導入部分だけだから、BLが苦手でも問題なく読めた。
読了日:2月18日 著者:ゆうきまさみ
新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (17) (カドカワコミックス・エース)感想
次巻で終わり!?今までの謎の訓練の理由とか、きちんと説明されるかな。シンジの夢オチだけは、止めて欲しい。
読了日:2月19日 著者:高橋脩
Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
DXのマイペースに、周りをくるくる巻き込んでいってる感じがする。妹と六甲は別として。「剣は人の命で重くなる」何となく、心に残った言葉。じゃあ、竜の命は?とか、思わなくもなかったり…。マリオンを助ける手立ては手にいれた。ことはすんなりいかないのだろうね。
読了日:2月19日 著者:おがきちか
Landreaall 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
火竜編、修了。DXはこの結末が分かっていながら、行動してたのか…。イオンと六甲がどうなるかは分からないからこそ、巻き込むのは怖かったのかもしれない。マリオンのその後も見たい。ふらりと現れた女性は誰なんだろ。まだまだ続きますね。
読了日:2月21日 著者:おがきちか
旋風(かぜ)は江を駆ける (上) (コバルト文庫)旋風(かぜ)は江を駆ける (上) (コバルト文庫)感想
【再読】呉の孫策、周瑜が主役の、珍しい三国志の小説。コバルト文庫から出てるのも、また珍しいかもしれない。上巻では、孫堅の死から袁術の配下となった辺りから、独立し、基板を固める戦を続ける辺りまで。他の、曹操や劉備が主役の三国志の小説だと、割りとすんなり書かれてしまうので、新鮮だった。とんでもない終わり方をしたので、続きも早速。
読了日:2月21日 著者:朝香祥
げんしけん 二代目の七(16) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の七(16) (アフタヌーンKC)感想
スーは斑目への気持ちに戸惑っているのに対し、波戸君は開き直った。でも、斑目と上手くいく可能性はとことん低い訳で。波戸君がどう決着をつけるかが気になる。そして、矢島っちは波戸君に献身を続けるのかも。
読了日:2月21日 著者:木尾士目
げんしけん 二代目の八(17) (アフタヌーンKC)げんしけん 二代目の八(17) (アフタヌーンKC)感想
波戸君が開き直ったあと、斑目が波戸君を選びそうな流れが。笹妹のキャバクラに行って、そのまま家までついてくとか、斑目は何処に向かうんだろ。矢島っちは、周りの影響でバレンタインチョコを買ったり、少しずつ女性らしくなっていくのかな。
読了日:2月22日 著者:木尾士目
聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)感想
ユダはポジティブになっても、周りに被害が出るのか。本人も、どうしたらいいか分からなくなってそう。金魚の進化は、何処まで進むのか気になる。イングレスネタは、やってないから分からなかった…。
読了日:2月23日 著者:中村光
もぐらと奈加ちゃんが「日本人のヘンな習慣」について考えてみた。もぐらと奈加ちゃんが「日本人のヘンな習慣」について考えてみた。感想
日本人の「無宗教」についての説明は、確かになと納得。今後は、神社とお寺、両方の影響はしっかり受け継いでいると答えたらいいかな。ホテルのベッドのあの布は、足置きだとは知らなかった…。ペラペラの毛布だけで寝るのは、確かに落ち着かない。布団が恋しい。
読了日:2月23日 著者:もぐら
純喫茶ねこ (3) (バーズコミックス)純喫茶ねこ (3) (バーズコミックス)感想
コーヒーの淹れ方にも、細かな違いが出てるものかな。知ってるのと、微妙にやり方が違ってた。寝れなくなるから、コーヒーはあまり飲まないけど、今度から深入りを飲んでみようかな。とりあえず、これは完結するかな…、と、毎回どきどきしてしまう…。
読了日:2月25日 著者:杉崎ゆきる
La・La(ララ) 2015年 04 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2015年 04 月号 [雑誌]感想
赤髪の白雪姫、アニメ化。アニメでどこまでやるのかな。楽しみ。ヒノコはAneLaLaにお引っ越し。雑誌を買うか悩む…。続きは気になるし、あっちの連載も気になるのはあるけど…。
読了日:2月25日 著者:
orange 1 (マーガレットコミックス)orange 1 (マーガレットコミックス)感想
未来の自分から手紙が届く。自分のした後悔を、少しでも減らしたくて。16歳の菜穂の未来は少しずつ変わっているようだけど、26歳の菜穂の現在は変わらないんじゃないかな。手紙が届いた時点で、世界線は変わってるだろうし、観測者が2人居るから。それでも、どんな結末になるのか、凄く気になる。
読了日:2月26日 著者:高野苺
orange 2 (マーガレットコミックス)orange 2 (マーガレットコミックス)感想
未来が変わっていく事で、翔が救われる方向へ向かっているのかな。須和や友人達がいい人すぎる。26歳の未来は悲しみに包まれていても、これからの未来は皆が笑っていて欲しい。手紙を、どうやって過去に送ったのかとか、須和が何で手紙の事を知ってるのか、凄く気になる。
読了日:2月26日 著者:高野苺
5時から9時まで 10 (Cheeseフラワーコミックス)5時から9時まで 10 (Cheeseフラワーコミックス)感想
天音黒い…。今まで大人しくしてた分、ぼーさんが居なくなったとたんに本領発揮か。ゼクシィは、これで落ち着くのかな。
読了日:2月26日 著者:相原実貴
時間の歩き方(4) (Nemuki+コミックス)時間の歩き方(4) (Nemuki+コミックス)感想
最終巻。果子と遇太が、時間の流れにどうやって戻るのか、それともこのままホールド状態で終わるのか、ずーっと気になってました。最後は綺麗にまとまって良かった。果子が犠牲になって、そのまま終わったら後味悪いし…。機会があれば、また最初から読みたい。
読了日:2月26日 著者:榎本ナリコ
女王の花 11 (フラワーコミックス)女王の花 11 (フラワーコミックス)感想
新曾国王誕生。そのための犠牲が多すぎて、泣けてくる。白しかり、爺しかり。狂いながらも、父親としての顔もしっかり持っていた前曾国王も。沢山の屍の山の上に立ち、国を治めていく新王と、無の手腕に期待したい。次は亜姫が国を取り戻す番。どれだけの犠牲を強いることになるのか…。
読了日:2月27日 著者:和泉かねよし作
旋風(かぜ)は江を駆ける (下) (コバルト文庫)旋風(かぜ)は江を駆ける (下) (コバルト文庫)感想
【再読】孫策の死を偽り、敵将の首を取れる所まで迫ったところで、孫策が出てきて策を駄目にしてしまう。策を台無しにされたからではないけど、孫堅を愚か者だと罵る周瑜。言葉をそのまま受け取る孫策と、言葉の外に別の意味を込める周瑜の喧嘩は、長々と続き、軍の陣営だけじゃなく、こちらもやもやさせられた。早く仲直りしなよ…。周瑜の心配も凄く分かるから、孫策が気がつくかどうかが鍵だった気もする。
読了日:2月27日 著者:朝香祥
別冊花とゆめ 2015年 04 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2015年 04 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」アッサムがサクラ達と馴染んでる。アッサムの役目は、サクラが人間になることを望んだ時の、相談役とかになりそう。「嘘解きレトリック」鹿乃子も、いい意味で先生の影響を受けてるな。人を信じようとする姿勢から、前から随分成長したと思う。お母さんと会えて良かった。
読了日:2月28日 著者:

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2015_03_08  [ 編集 ]

その時にいる場所で変わるけど

  1. 2013/07/28(日) 17:35:16_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
アメブロブログネタ「雷は怖い?テンション上がる?」参加記事です。

周りに何もない場所で、雷が鳴り出したらさすがに怖いですが、
家の中や車の中なら、割と平気です。

小さい頃は、雷が鳴ってる時にお風呂に入るのが怖かったですね。
おへそ取られる!って、手でへそを隠して入ってた覚えがあります(笑)
いつくらいから平気になったか覚えてませんが、割と慣れるもんですね。

ちなみにベヨ太は、全く怖がるそぶりを見せません。
親が平然としてると、子供も怖くないのかな。
怖がらないと、雷様におへそを取られる、なんて話も出来ないか。
ちょっと残念(おい)


blogramのブログランキング
2013_07_28  [ 編集 ]

予定は未定

  1. 2013/04/05(金) 16:13:23_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
アメブロブログネタ「ゴールデンウィークの予定立てた?」参加記事です。

前にテレビで、GWにどこに出かける?特集をやっているのを見て
「予定なんか立てられないわ!」と、
テレビに向かってキレてました。
一緒に見ていた父が、ぽつりと「うちらも予定立てられないな・・・」と
つぶやくのを聞いて、ちょっと申し訳なくなったり。

私が実家に帰ってから、両親は趣味の山登りに全く行けなくなってますから・・・。


GWは、体調が良ければ甘栗さんと弟を引き連れて、母の日と父の日の
プレゼントを探しに行くのもいいかもしれないですね。
2人に私を連れまわすことを拒否されたら、探して来いと家から追い出す(笑)

実際どうなるかなぁ・・・。
入院してたりして


blogramのブログランキング
2013_04_05  [ 編集 ]

年はサバを読むのが常識・・・らしい

  1. 2013/03/04(月) 16:52:00_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
アメブロブログネタ「おかあさんいくつ?」参加記事です。

実家に居候するようになってから、懸賞のはがきを書く機会が増えてます。
私の名前だけじゃなく、父や母の名前でも出すのですが・・・。
年齢を聞くと、絶対3歳はサバを読みます
そんなところで見栄を張らなくても・・・って思うんですが、
彼女にとっては重要なことらしいです。

サバを読んだから、懸賞に当たりやすくなるわけでもないだろうに・・・。


そんな母の年齢は、秘密です(笑)
比較的若いころに、私のことを生んだとだけ言っておきます。
当時なら、年相応かな。



blogramのブログランキング
2013_03_04  [ 編集 ]

森永 たっぷり飲めちゃう練乳オレ

  1. 2012/06/02(土) 10:59:41_
  2. 未分類
  3. _ tb:1
  4. _ comment:0


練乳オレと一緒に、買ってみました。
量が多いから飲みきれるか不安でしたが、飲んでみたら
「練乳あずきのかき氷」の味そのものでした

これなら、500mlでも飲めそう。
むしろ、凍らせてかき氷にしても、美味しいんじゃないかな?


blogramのブログランキング
2012_06_02  [ 編集 ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム