CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


泣き虫弱虫諸葛孔明 第三部

  1. 2012/07/31(火) 15:43:07_
  2. 三国志
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今回は、赤壁から周瑜が死去し、劉備軍が荊州に陣取る辺りまで。
読書メータのコメントで知ったんですが、5年ぶりの新刊ですか・・・長かった。

普通の三国志小説と全く違う入り方なのに、しっかり心はわしづかみにされてしまいました。
全84巻からなる、三国志のドラマを見たら、作者同様爆笑しそうだわ・・・。
私も、サンゴクシシャンになれる自信はありません。


曹操の元から、五関を突破して劉備の元へ戻る関羽の話は英雄譚として有名ですが、
見方を変えれば職務に忠実な役人を切り捨てく殺人鬼。
・・・目からうろこでした(笑)
作者さんが、三国志のドラマを見た感想の一部なんですが、確かにそうだな~っと。
その様子を見て、ほほを赤らめる曹操は・・・恋は盲目??


そんな調子で始まる、「泣き虫弱虫諸葛孔明」。
孔明の変人っぷりも健在どころか磨きがかかって、周瑜じゃないけど「殺しとけ」って
なりますよ。ほんと。


劉備が孫権を頼って江南へ向かったのは、曹操が勝てば江南を、
孫権が勝てば荊州を奪い取ればいいという、諸葛亮の策だったようです(--;
そのためには、まず、同等の立場での同盟を組むことが必要。
そこに、のこのこ現れた魯粛を捕まえ、まず長坂坡で一緒に逃げて吊り橋効果を狙い、
無事に逃げ終えたことで(劉備軍恒例の)宴会でマブダチにしてしまい、
最後は劉備と諸葛亮が魯粛を洗脳して終わり。

劉表の軍とコンタクトを取りに来たはずの魯粛は、いつの間にやら劉備軍と
同盟を組む約束を取り付けてしまったのでした(--;


そしてもう一つ。
孫権が曹操に降伏してしまったら、同盟を組んだ意味もなくなるし、江南か荊州を
奪う策すら成り立たなくなってしまう。
降伏論を唱える文官たちの中でも、特に厄介なのが張昭。
「合言葉、邪魔者は消したれや!が呉の常識のはず。血気盛んな若い衆を使って、暗殺してしまいましょう」

誰か、諸葛亮を埋めてきて


そんな調子で進んでいく三国志。
周瑜が、諸葛亮に出会ったとたんに「こやつ、殺す」って思うのも、
曹操軍に対する策が浮かばなくても、変態軍師を抹殺する策がすぐに思い浮かぶのも、
きっと仕方ないと思うんだ。
だから、周瑜の最後は、そうとう口惜しかったというのも、すごく伝わってきます・・・。


そういえば、赤壁の戦いにおいて、曹操軍は大量の兵の犠牲を出したものの、
将軍・文官クラスの主要人物たちは誰も亡くなっていない。
ある意味、犠牲はあまりなかったと言えるのかもしれませんね・・・。
得るものもほとんどなかったですが。





blogramのブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

2012_07_31  [ 編集 ]

三国志を知るために読んだ本など (5)

  1. 2012/07/11(水) 09:25:51_
  2. 三国志
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
実は書こうか迷ってた本が何冊かあり、もういいかと思ってたところを
甘栗さんに背中を押してもらいました。
・・・正確には、「あれもない!」「これもない!」とダメだしされ、
後ろから蹴られた気分ですが。

半分くらい「トンデモ三国志」みたいな本になります。
ご了承ください。


コミック三國志 トゥルーエピソード 1~3 列伝1~3
  
三国志の有名なエピソードを集めた漫画。
陸抗と羊コのエピソードも載ってますよ♪(酒と薬を送りあうあれ)

関羽と張飛が死んだあと、その息子の関興と張包が桃園の誓いをする場面があります。
・・・劉禅入れてやれよと一瞬思ったものの、劉禅だしなぁ・・・いなくていいかと
思ったのはきっと私だけじゃないはず!

ギャグもあるので、気軽に読めます。
烏丸族を烏に例える郭嘉が大好きです。


魏志文帝紀 建安マエストロ 1/中島三千恒

曹丕と曹植の、後継者問題に発展しそうなところで終わってます(^^;
発売予定日過ぎてるけど・・・出ないのかな・・・。

本人たちの知らないところで、すでに争いは静かに起きてるんですね。

カクが黒い。黒すぎるよ(^^;


赤壁ストライブ /中島三千恒

赤壁がメインだけれど、孫策や太史慈、陸遜(陸議)の解釈が一味違ってて
面白かったです。
陸遜が、呉に仕えるようになって改名したのは知ってましたが、
孫家の「孫」の字を利用してたとか・・・!知らなかった。


コミックスには収録されてませんが、この作者さんの、馬超と王異の戦いの様子を描いた
漫画も、結構好きだったりします。


大アレ国志(上)(下)/末弘
 
大爆笑するか、怒って本を投げ飛ばすかの2択。
馬謖ショック!

いろんなネタが混ざってますが、半分くらい分からなかったでした。
あと、孫策と陸遜死にすぎ。

アレ国志か超アレ国志には、ビ夫人の写真集が収録されてたのに、
これには収録されてない!
・・・別にいらないけど・・・。


ランペイジ 1~3/吉永裕ノ介
  
劉備が女性の、(当時は)珍しい三国志漫画でした。・・・たぶん。

劉備が仙人の力を持ってるんだったかな?
とにかく読んだのがずいぶん前で、内容がうろ覚え(^^;


知るきっかけになったのは、三国志大戦でした。

LEランペイジ劉備。
2稼働時、一万は下らないという恐ろしいカードでした・・・。
でも、対して使えないんですよ(^^;

カードだけじゃなく、作品もLE(レジェンド)だといわれてましたっけ。
廃刊になってたので、中古で探してもほとんど見つからなかったでした。
これがきっかけだったのか分かりませんが、復刊して続きも書いてる・・・とか?


DRAGON SISTER! 1~6/nini

劉備や曹操は男性で、関羽や張飛、夏候惇や夏侯淵は女性だったのは覚えてる。
呂布も女性だったかなぁ・・・。

一応、三国志のストーリーをなぞってたような?

全巻読んだんですが、もう手元にないのでほとんど覚えてません(^^;

中途半端に男性陣残すなら、いっそ全員女性にしてしまえと甘栗さんが
言ってたのは覚えてます。
そしてその後、恋姫無双が出たのも。


最近読んだものは省略してますが、これでだいたい全部です。
好きな武将ほど、おおざっぱにでもイメージが出来上がってきているので、
あまりにかけ離れた解釈をされると、文句たらたら言うようになります(^^;



blogramのブログランキング

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

2012_07_11  [ 編集 ]

一部でしか通用しないけど・・・

  1. 2012/07/10(火) 15:56:22_
  2. 三国志
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
アメブロのブログネタ「好きなダジャレ」参加記事です。

ダジャレだけに、何書いても滑りそうな雰囲気になりそうで、
書くの迷いますが・・・。

「馬謖ショック!」は、たまに言います

 

元ネタはコレ。
諸葛亮先生が連呼するんですもん。感染るんです

blogramのブログランキング

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

2012_07_10  [ 編集 ]

三国志を知るために読んだ本など (4)

  1. 2012/07/08(日) 09:36:43_
  2. 三国志
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最後は漫画。
有名どころから、トンデモ本までさまざまです(^^;
今も昔も、「三国志」って書いてあると、とりあえず手に取ることが多いので・・・。
とりあえず、印象に残ってるものだけ。


蒼天航路/王欣太

呉好きですが、魏も結構好きなので、かなり楽しんで読みました。
曹操が主役のはずなのに、最後はほとんど関羽伝になってますが(^^;

三国志大戦で、蒼天航路のカードが追加されたとき、大喜びしたなぁ・・・。


うまなみ三国志/大澤良貴・荒木風羽

三国志の雑学を紹介した漫画。
最初の数十ページは、ウェブで紹介されてたせいか、ものすごく字が小っちゃくて見にくいですorz
でも、あまり知らない雑学豊富で、読む価値はある!


・・・扇部ってなんだろう(笑)


江南行/佐々木泉

魯粛が主役という、珍しい三国志の漫画。
周瑜に倉の半分をあげるところから、赤壁直前まで。
三国志マガジンでは、赤壁の終わりまでは書いてあるの確認してますが・・・、
実際どこまで連載してたのかよくわかりません(^^;

物事をいろんな角度で見て、常識にとらわれず、自由奔放な魯粛。
三国志の物語で、あまり出てこない山越族との戦いなども書いてあり、
どんな風に孫呉に取り込んでいったのかなど、印象深かったです。

それ以上に、江南行で登場した諸葛亮が、今まで読んだどの本よりも一番好きです。
徐州の大虐殺は、曹操が原因。
けれど、長坂の戦いで民を巻き込み、たくさんの人が死んだのは自分のせいだと
何度も自分に言い聞かせるような表情とか、たまらんです。

仙人然としてるより、悩んで悩んで、そしてやっと答えを出してほしい。


赤壁の戦いが終わった時、魯粛が放った言葉もとても印象に残ってます。
「政の中で、戦を選ぶは下策。戦争の中で火計を選ぶのは、下策中の下策」
「本当に他になかったか。形だけ曹操に降伏すべきだったか。」
「そもそも俺はどうしたかったのか」
「建前だけのひとつの中国に戻るのが嫌だったのだ」

携帯の漫画サイトで、コミックスの続きが読めるそうなので、ちょっと探してみようと思います。

上のセリフは、雑誌を買ったときに保存してあったので書けました。
でも、途中がすっぽり抜けてるからずっと読みたいって思ってたんですよね・・・。
出来ればコミックス出てほしい。

さらに出来るなら、魯粛が死ぬとこまで書いてほしい(笑)

このマンガで、魯粛のイメージが固まった気がします。



blogramのブログランキング

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

2012_07_08  [ 編集 ]

三国志を知るために読んだ本など (3)

  1. 2012/07/04(水) 16:38:41_
  2. 三国志
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
需要はたぶんないんだろうけど、三国志について知りたいけど、どの本から読めばいいか
分からないって方の、参考になれば・・・。
横山三国志?
すぐに泣く劉備に投げました

でも、全巻持ってるんですよ。


テキスト

「三国志 知れば知るほど」

三国志演義の、ダイジェスト版とも言える本です。
これを読んで、やっと三国志がどんな話か理解したという(苦笑)

演義の有名なエピソードもきちんと書かれているので、初心者さんにもお勧めだと思います。


面白いほどよくわかる三国志

・・・あれ?この本読んだことないかも
三国志の終焉も書いてあるから、読もうと買って、そのまま忘れてた可能性大です・・・。

いつか読んだら、また感想書きます・・・。


図解三国志

三国志の正史と演義の有名なエピソードを紹介した後、
正史と演義の違い、例えば、張飛が長坂で橋の上で仁王立ちしていたことになっていますが、
実際は橋を壊して、対岸で曹操軍に喧嘩ふっかけてたなど、演出の違いを
細かく説明してあります。

演義で、どれだけ蜀がよく描かれているかわかります(笑)

でも、購入のきっかけになったのは、「孫権は短足だった」の一文でした


復刻版 爆笑三国志 1~3
 
董卓没年1814年記念に、復刻版が発売されたようです(笑)
そもそも切りもよくないし、なぜに董卓!?

中身は、水鏡先生が、武将たちの通信簿をつけていたりと、笑える内容です。
久しぶりに見たら、王允に言われるままに化粧をしている呂布発見。
・・・叩き潰したい・・・。


演義・正史 三国志武将事典

おもにモ武将を調べるのに大活躍。
これに載ってないときは、大戦のカードで調べます。
三国志関連のブログを書くときも、手元に置いておくことが多いです。




blogramのブログランキング

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

2012_07_04  [ 編集 ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム