• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

Steins;Gate 22話 存在了解のメルト 「アニメあれこれ(85828)」

  1. 2011/09/01(木) 17:37:48_
  2. アニメ・テレビ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「β世界線に戻れば、このDメールを消せば、お前が死ぬ」


ラジオ会館の屋上で、寝ころんでぼんやりと空を見上げる紅莉栖。
岡部が紅莉栖を探し出すものの、まゆりと会えたことを伝えると、もう言葉が出てこない。
紅莉栖を一人残し帰ろうとすると、空が泣きだした。

ラジオ会館

突然の雨にずぶぬれになった2人は、ラジ館の中で雨宿り。
相変わらずの夫婦漫才を始めるけど、どこか切れが無いような・・・。
漫才の途中で、岡部の白衣のほつれに気がついた紅莉栖が、縫ってる(^^)

「多分、この近くよね。私が刺された場所」
紅莉栖にも、別の世界線の記憶が残っていた。
刺された時のこと、まゆりを助けようと必死になる岡部の姿も。

「ねぇ岡部、まゆりを助けて」
「岡部は、まゆりを助けるべきなのよ」

自分が死ぬことを厭わず、世界線を変えるように岡部に告げる紅莉栖。
けれど、紅莉栖を犠牲にしてまゆりを助けることに納得のいかない岡部は、
タイムリープを繰り返し、別の方法を探ろうとするが、追ってきた紅莉栖に止められる。



「逃げたって、逃げたって苦しくなるだけよ!」
まゆりの死を何度も見せつけられ、助けられない絶望感を味わうだけ。
それを繰り返したら、岡部が壊れてしまう・・・。

「壊れなどしない。俺が何回まゆりの死を見届けたと思う」
何度も見てきたせいで、まゆりの死に対して、何も感じなくなっている岡部。
さらには、死のタイムリミットを知るために、わざと留まっていたことも。

それでも、まゆりを助けると、紅莉栖が死んでしまう・・・。
「戻るだけよ!Dメールが送られなかった最初の世界線に!」
まゆりを助けたいと願う、岡部と紅莉栖のために。


衝突することも多かったけれど、まゆりを助けるために奮闘した岡部を支え続けた紅莉栖。
彼女の理論にしびれて、彼女の言葉を頭に刻みつけて、岡部がずっと憧れていた存在。

「俺はお前を助けられない。すまない」
「ありがとう、私のために、そこまで苦しんでくれて」

恐怖を押し込め、岡部がβ世界線へ移っても、自分がα世界線で生き続ける可能性を並べる
紅莉栖。
岡部が覚えていてくれたら、私はそこにいる・・・。

「おまえのことは、絶対に忘れない。誰よりも大切な人のことを、忘れたりしない」
「俺は、お前が好きだ」
紅莉栖に返答を求める岡部に、返事をせずただ目を閉じろと訴える。

涙の味がした

お互いの存在を忘れたくなくて、何度も繰り返す口付けは、涙の味がした・・・。


・・・時間が、あっという間に流れていく。
今だけは、アインシュタインに文句を言いたい気分。
相対性理論って、とてもロマンチックで、とても切ないものだね。



早朝、紅莉栖は秋葉原を発ち、アメリカへ向かうことに。
見送りは岡部のみ。
手土産にタケコプカメラ―を手渡し、お礼にと明後日の方向に投げられたドクぺを
岡部が拾い、振り向いたときには彼女の姿は無かった・・・。


ダルがSERNへハッキングし、最初のDメールを見つけた。
これを消せば、β世界線へと移動できる。
泣きだしそうなのを堪え、必死に演説を続ける岡部に対し、辛そうに見守るまゆりとダル。
確か2人とも、今の状況をすべて説明してもらったんだよね。

岡部がDメールを消すためにエンターキーを押したとたん、アメリカに帰ったはずの
紅莉栖がラボに飛び込んできた。

さよなら

「さよなら。私も岡部のことが」

世界線が移動してしまい、最後まで聞けなかった言葉。

ラボメン004は存在せず、紅莉栖が白衣を縫った後も消えていた。

「オカリン、もういいんだよ。」
「もう、その口調続けなくていいんだよ。まゆしぃは大丈夫だから」

電話レンジ(仮)とIBN5100は処分し、もう2度と世界線を変えないと誓う岡部。




ふいに、ダルに電話がかってきて、相手は鈴羽!?
「私は、2036年から来た橋田至の娘、阿万音 鈴羽。
私の話を信じて!第三次世界大戦を防ぐために!」



あちこち原作を切り貼りした後がしっかり分かりましたが、それでも泣いてしまいました(^^;
ED中に電話がかかってくる演出は、ゲームと一緒なので嬉しくなりました♪

放送の時間帯、シュタゲ関連のワードが上位にあがってたみたいですね。
紅莉栖ちゃんの株が上がった!?


アニメでは紅莉栖が止めましたが、ゲームや小説では、何度もタイムリープを繰り返し、
まゆりの死を回避しようとした岡部。
小説版で、タイムリープに失敗して精神が崩壊し、精神病院に連れ込まれそうになる
オカリンや、タイムリープしたことを「忘れた」オカリンの姿もありました。
・・・アニメでやらないかな、とちょっと期待したんですけど、無かったですね(^^;






どうして、アメリカに帰ったはずの紅莉栖が、ラボに戻ってきたのか。
因果律のメルトを紅莉栖目線で追ったドラマCDを聞くと、よく分かります。

α世界線だと、いいお父さんなのに・・・。



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
2011_09_01  [ 編集 ]

<<ぎゅ~っとすっぱいCCレモン 「ソフトドリンクについて語ろう(32043)」 | BLOG TOP | GSAT(オタクの社会適性テスト) 「占い・心理研究日記(11069)」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。