• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

Story Power

  1. 2011/09/30(金) 18:09:19_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
このシリーズが好きなのと、有川さん目当てで購入しました。
東日本大震災や阪神淡路大震災を扱った物語が多く、被災者の方の苦悩をほんの少しだけ
垣間見た気分です。
・・・想像するのと実際に経験するのじゃ、雲泥の差なので、偉そうに分かったなんて
言えません・・・。

全部が全部、震災をテーマにした物語じゃないですが、悲惨な状況を目の当たりにしたような
衝撃の後に日常を描いた物語があると、ほっとします(^^;


繁栄の昭和/筒井康隆
くるくると、物語がループして全く動かない気持ち悪さみたいなものを感じ、
結論にああ、なるほど。
読んだときに、震災がテーマになってると勘違いしていたので、「それで?」と
思ってしまいました(^^;


さるの湯/高橋克彦
主人公が被災地で写真を撮ると、なぜか亡くなった方が写真に写り込む。
残された遺族に頼まれ、あちこちで写真を撮ってるときに、親しくなった地元民と
山奥の「さるの湯」に住む老人の安否を確認しにいくことになり・・・。

実際にそんな場所があるか知りませんが、あるかもしれないと思わされました。
死と向き合うのは、きっとどんな状況だって辛いから。


蟋蟀/玄侑宗久
作家さん自身が体験したんじゃないかと思うくらい、家ごと津波に流されてる時の
描写がリアルで怖かったです。
大切な家族や、数時間前に会ったご近所さんの死。
流されているとき、窓から見える地獄絵のような光景。
津波にほんろうされる恐怖に耐えきれず、家から飛び出してしまった飼い犬。

テレビからじゃ伝わってきませんが、きっと、誰かが体験したことなんですよね。

水が怖くてお茶が飲めない。お風呂やシャワーも怖い。
大量のお味噌汁を作るための、鍋いっぱいの水が怖い。
・・・そんな気持ち、全く分かりません・・・。

これでほんの少しだけ、被災された方の気持ちを知りました。

「頑張れ」なんて、絶対に言えません。


わがんね新聞/真山仁
大人が我慢すると、子供まで我慢する。

この作品を読んでて、福島の子供たちが出ていたニュースを思い出しました。
フィンランドから、本物のサンタに会わせてあげよう、なんて企画だったと思いますが、
最後の記念撮影で無表情の子供が何人かいました。
最初は、マスコミに追い回されてうっとうしいのだろうと考えてましたが、
それ以上にいろんなことを我慢して、我慢しすぎて表情を無くしてしまったのかな、と。

手作り新聞でも、ツイッターでも、どんな媒体でもいいから、不満を吐き出して欲しい。
言ってもらわないと分からないことって、本当に多いですから(^^;


漂流するピアノ/近藤史恵
阪神淡路大震災で、住んでいたマンションにひびが入り、お隣さんの1人が亡くなってしまう。
体育館での避難所生活を始めてすぐ、大阪から友達がやってきてその場から連れ出してくれた
せいで、大切な何かを失ってしまった・・・。

これも、作家さん自身か、それとも誰かの体験したことなのかもしれませんね。

少し移動すれば、無くしてしまったはずの日常がそこにある。
それをどう捉えるかなんて、実際に経験しないと分からないことでしょうね・・・。


ホリデイズ/瀬名秀明
セスナで教官と作家が一緒に飛ぶ姿に、これがどう震災に結びつくのか
期待半分不安半分。
・・・まだ、テーマが震災だと思い込んでたんです(^^;

うまく震災を逃れられても、あと1日遅かったら、あと数時間あの場所に居たら、
なんて状況の人にもしっかり爪痕を残してくれるんですね・・・。


不謹慎かもしれないですが、作家さんが最後にぽつりと言い残した夢、
私も参加してみたいです。
飛行機の免許は持ってないので、誰かに乗せてもらう形で。


ヒア・カムズ・ザ・サンparallel/有川浩
全く震災と関係無い話ですが(しつこい)、考えさせられました。
夢ばかり追いかける父親。挙句の果てにはアメリカに行ってしまう。
そんな父を死んだことにしてしまい、忘れようと努める娘。

家族だけじゃ決して解決する見込みのない、難しい問題ですが、
どこかで許さないと、そのまま二度と会えない可能性だってあるわけで。

かといって、折れどころって難しいです(^^;





blogram投票ボタン
スポンサーサイト
2011_09_30  [ 編集 ]

<<友人宅へ突撃! 「今日のこと★☆(678199)」 | BLOG TOP | ガリガリ君ソーダ ミルクプレミアム 「食べ物あれこれ(257612)」>>

comment

阪神淡路大震災からもう16年(来年で17年か?)

  1. 2011/09/30(金) 18:46:14 |
  2. URL |
  3. のんびりteru
  4. [ 編集 ]
あの日のお昼神戸に出張だったteruさん。
お昼に神戸経由で山陰の方へ出張だった従兄弟。
未明の地震で二人とも助かった。

叔母さんには
「おまえらこっち(あの世)に来るな!あっち(この世)へ行け!」
と閻魔様から言われてるんや、と言ったことがある。
ホント紙一重だと思う( -_-)
(紙一重で死んだ人も多数いるし...)

もう16年・・・

  1. 2011/10/01(土) 07:24:37 |
  2. URL |
  3. 陸抗
  4. [ 編集 ]
>のんびりteruさん
地震では何とも無くても、その後の火事で亡くなった方も多かったんですよね・・・。

閻魔様に嫌われてるteruさんは、200歳くらい元気で暮らしてくださいw
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。