• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

5月読了本 2(購入分)

  1. 2012/05/16(水) 16:08:46_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
コタツを片づけてから、一日1時間KINECTの「ダンスエボリューション」踊ってます。
ダイエットの効果は未知数ですが、とりあえず肩こりが楽になりました
夕方に踊って、そのままお風呂に直行、それから夕飯を食べると、9時くらいには眠くなります(笑)
いつもは、夜の12時くらいに寝てたのに・・・。
これも、ダンエボ効果!?


神様のメモ帳 6/杉井光

ミンさんのお父さん、花田勝が引き起こした事件を機に、ラーメンはなまるが
営業できなくなる危機に直面!?

ヒモのはずなのに、ミンさんに本気で惚れたヒロさんが、お店をつぶさないために
依頼をし、お店の手伝いまで!
ミンさんの名前、そういえばきちんと聞いてなかったっけ。
いつもそんなんばっかだな。

花田勝が仕掛けた罠は、結末だけ見たら正解だったのか・・・?


今回のヒロさんの行動力から見て、このシリーズのラストは、ニートが全員
ニートを卒業するんじゃないかと思った。


神様のメモ帳 7/杉井光

芸能人の依頼者と、ホームレスの父親を会わせる。
時間さえ合えば、割と簡単に実行できそうな今回の依頼。
けれど、父親は人違いだと相手にせず、工事の始まる公園にとどまり続ける。

前巻から、父親のターンでも始まったのか?

自分から捨てた家族に、今更歩み寄ることは出来なかったのかもしれない。
けれど、ある意味で自分だけ幸せになってたとは言えないか・・・?
残された遺志を見て、彼女は何を思ったんだろう。


今回は、少佐のバックヤードにも少し触れてました。
大学、ちゃんと行ってたんだ(失礼)
自分で蒔いた種は、自分で刈り取る姿勢は正しいのかもしれない。
間違ってるのかもしれない。
「助けて」でも「手伝って」でも伝えてたら、もうニート失格だと考えてるのかしら。


神様のメモ帳 8/杉井光

四代目の両親登場!
関西人だからってわけじゃないだろうけど、予想の斜め上を行く人たちでした。
四代目を連れて行かせないために行った、麻雀の仕掛けもまた、
想像以上にばかばかしい手で笑えました。
こんなことするか、普通。
すっかり鳴海も普通からかけ離れたな。

この両親の登場が、次の巻以降の布石なんだろうなぁ。


そして、メインのほうはまた「赤い薬」の話。
退治しても退治しても、しつこく出てくるゴキブリみたい・・・。

「彩夏を守るため」の大義名分のもと、四代目とも決別し、
できるだけ別の事件を追っていた鳴海。
けれど、最後には一つの線でまとまり、守るはずの彩夏から怒られ、
最後の最後には女性陣に逆に守られちゃった!?

「二度と同じことが起きないように。」
けれど、もう、周りの人をないがしろにするような彩夏じゃないと思うけど。

四代目が彩夏の呼び出しに応じたのは、鳴海が多少なりとも必要な存在だと
認めてるってことかな。
・・・おもに、突っ込み要因で?(笑)


氷菓 /米澤穂信

人が死なないミステリー。
日常のささやかな謎に始まり、過去からずっと引きずってる、心に刺さった棘のような疑問まで解決。
人は死なないけど、最後の謎だけ、どこか暗さを漂わせる物語だった。

細々とした謎から、すべてが一つにつながっていくんですが、
どことなく読みにくくて、なかなか読み進みませんでした。

同じ、人が死なないミステリーの「万能鑑定Qの事件簿」と、比べちゃうようでした。


愚者のエンドロール /米澤穂信

読み終わってから、タイトルの意味が分かる。
今回は、結末の決まってないミステリー映画の真相を推理する内容。 
どんな結末にするか以上に、廃墟に残っていた「中村青・・・」の文字が、
とっても気になります(笑)


クドリャフカの順番 /米澤穂信

今回は、古典部メンバーそれぞれの視点で書かれていて、
表面からじゃ窺い知れない彼らの心情も覗き見できたのが嬉しかった。
回を追うごとに面白くなってきて、安楽椅子探偵(笑)奉太郎が、
どう事件を解決するかも見物でした。



blogramのブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

2012_05_16  [ 編集 ]

<<嘘教えちゃいけません。 | BLOG TOP | 乳飲料とお米>>

comment

早く、神様のメモ帳の8巻読みたいなぁ。

  1. 2012/05/16(水) 20:03:54 |
  2. URL |
  3. PepperD
  4. [ 編集 ]
予想通り先を越されましたね。

陸抗さんは6巻のラストは先読みできました?
(そこが個人的にかなり気になる)

8巻でまた「あの薬」が登場するのかぁ・・・・・・。

10巻くらいで完結するのかなぁ・・・・・。

もう1つの「氷菓」シリーズも気になってたんですが、ミステリー系なら(リクエストしてまで)読まないかなぁ・・・・・・。
(人死になくてもあまり読むジャンルじゃないからなぁ・・・・)

図書館に入荷してネタが無ければ読むかもしれませんが。

読みだしたら止まらなくて。

  1. 2012/05/17(木) 11:04:52 |
  2. URL |
  3. 陸抗
  4. [ 編集 ]
>PepperDさん
6巻のラストは、鳴海と一緒に最後まで気づきませんでした(^^;
誰かが怪我をしてるんだから、消去法で考えればわかりそうなもんなのに・・・。

杉井光さんの別のシリーズが発売されていたので、ぼちぼちキリがつくんじゃないかと
思っています。
終わらせずに、どんどん新シリーズを始めちゃう作家さんもいますが(--;


氷菓は、割と軽いタッチのミステリーですよ。
神様のメモ帳が読めるなら、するりと読めます。
ただ、この作家さん、途中からがらりと作風が変わるので、それだけ気を付けてないと
とんでもない本に当たりますが(^^;
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。