• 2018_01
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>
  • 2018_03

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


真・三國無双6 晋伝(3)

  1. 2012/08/02(木) 15:39:15_
  2. PS3
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
三国志終盤の一番の見どころは、実は姜維の粘着気質じゃないかと一瞬考えた陸抗です。
(変態)諸葛亮の願いを叶えることよりもまず、国力の回復に努めようよ。

そんなわけで、姜維の出身地でもある天水にて、第二次蜀撃退戦です。
操作キャラは郭淮。
年がら年中咳してるけど、こんなところまで来て大丈夫なのかしら・・・この人。

夏侯淵の守りたかった「魏」という国を守るため、自分も戦いと語る郭淮さん。
蜀には、夏侯淵の息子の夏候覇がいる。
それでも、国を守りたいと断言しちゃってました。

1回目、いきなり敵に囲まれている司馬昭の救出に失敗したのは・・・夢だよ夢!
気を取り直して、馬で速攻駆けつけたため無事に救出できました。

そこで夏候覇と一騎打ちになり、「夏候将軍はこの状況に泣いています!」
という郭淮の言葉に対し、「親父ならきっと笑ってるさ」と返す息子。
夏候惇なら間違いなく怒るだろうけど・・・淵はどっちも想像できるなぁ(^^;


夏候覇との一騎打ちに勝ち、とどめを刺そうとしたところで・・・背後から姜維に
射られて郭淮死亡。

え!?こんな終わりかたなの!?
あまりに咳して顔色も悪いから、病死だと思ってた・・・。


お供をしていた鄧艾にプレイキャラは変更し、蜀を撃退することで一応の決着はつけました。


魏が、曹家のものではなく司馬一族のものになりつつある現状に、不満を募らせるもの多数。
そんな者たちをあぶりださんとするためか、司馬師は一人で城内を散策してました。
駆けつけた司馬昭が護衛するんですが・・・。
守るほうからすれば、どこかに籠っててほしい!

どこが散策!?という速度でいきなり走り出すし、
「ここで生き残ることが出来れば、天命は我にある。中華を一つにまとめあげる」
とかなんとか。
要するに、四の五の言わずにとにかく守れってことですね、分かりません(--;

出てくる武将名も「刺客」「文官」などなど。
無理にステージを作っちゃったのかしら・・・。

無事に守りきったところで、ムービーにて刺客に切られて司馬師負傷。
そういえば、目の上のたんこぶはどこいったのかしら。


司馬師が強引に帝を入れ替えたたため、毌丘倹と文欽が寿春にて謀反を起こす。
国はあくまで魏のものだと主張する2人。
もし、郭淮が生きていたら、どちらについたことか・・・。

戦いそのものはさくっと終わったんですが、最後に司馬師が前に受けた傷に
矢で攻撃され、倒れてしまいました。
後を司馬昭に任せて永眠。


戦いそのものはさくっと終わったんですが、最後に司馬師が前に受けた傷のところに
矢で攻撃され、倒れてしまいました。
後を司馬昭に任せて永眠。

これからが、司馬昭の腕の見せ所!?
鐘会も出てきましたが・・・ナルシストっぷりが半端無くてなんか嫌。





blogramのブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:三国無双シリーズ - ジャンル:ゲーム

2012_08_02  [ 編集 ]

<<お・と・なじゃがりこ レモン&ペッパー | BLOG TOP | 夏の乳酸菌飲料 ブルーハワイ味>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム