CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


8月読了本 3(購入分・借り物)

  1. 2012/08/30(木) 17:14:45_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
バイバイ、ブラックバード /伊坂幸太郎

で、結局、バスはどこに向かったの?もやもやしたものも残るけれど、
繭美の傍若無人ぶりに、むしろすがすがしさを感じた。
そっか、自分の辞書を黒く塗りつぶせば、「私の辞書に載ってない」が出来るんだ(笑)

そして、読書メーターで他の方の感想を見ていると、繭美のイメージが
マツコデラックスという感想が多くて・・・私もマツコしか思い浮かばなくなりました。


おおかみこどもの雨と雪/細田守

小説というよりは、目の前で起きてることを淡々と綴った文章でした。
それでも、本編だけじゃなく行間にさえ、語りつくせないくらいの
彼女たちの愛情を感じ取ることができました。

映画も興味はあるんですが、声優さんが演じてないのがひっかかって・・・。


六花の勇者 1/山形石雄

闇の底から「魔神」が目覚めるとき、運命の神は6人の勇者を選びだし、
世界を救う力を授けられる。
けれど、六花の勇者の集う約束の地に集まったのは7人。
偽物の仕掛けた罠により、7人は結界の中に閉じ込められてしまい、
疑心暗鬼に・・・。

別のブログで紹介されていて、気になって読みました。

ファンタジーの世界感を上手く扱った、ミステリーでした。
偽物は誰?早く探し出さないと、本当の勇者たちが殺されてしまうよ。

まさかこの人が・・・って人が偽物でびっくりしていたら、ラストには
さらに衝撃の事実が。

ぶっちゃけ、六花の勇者は魔神にたどり着けないんじゃないかと、ちょっと心配になりました(--;


スメラギガタリ 2/宇野朴人

芦屋道満と安倍晴明に対する解釈が斬新で、面白かったです。
晴明・・・ただの迷惑な人じゃないか(--;

そして、ずっと腫物のように扱われていた、継実夜統の正体が判明。
スメラギガタリのタイトルの意味も分かり、これから大きく話が動きそうですが、
続き出るのかな・・・?


真夏の犬 /宮本輝

昭和30年代の、大阪の下町の様子を綴った短編集。
一番印象に残ったのは、「赤ん坊はいつ来るか」
精神的に追い詰められてる時に、あんなものを見たら、私も彼女と同じように
おかしくなるんじゃないか・・・。
読んでいて危機感みたいなものを抱きました。

話として好きなのは、「駅」と「ホット・コーラ」
説明は出来ないんですが、なんとなく・・・。


blogramのブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

2012_08_30  [ 編集 ]

<<ハワイ旅行記 4日目(1) | BLOG TOP | ハワイ旅行記3日目 (4)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム