• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

4月読了本 (購入分)

  1. 2015/05/08(金) 20:57:54_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先月読んだものの中で、一番印象に残っているのは、奇面館でした。
久々の館シリーズの最新刊だったこともあり、かなり期待してたら、他のシリーズと比べてあっさり目。
次でラストみたいですが、どう閉めるのか・・・。

あとは、ランドリーオール。
脇役にもしっかり役目があるので、誰だか忘れるとひどい目に逢います(^^;
漫画なのにあっさり読めなくて、続きが気になるけれどつい時間を置いてしまう・・・。

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:7545ページ
ナイス数:283ナイス

ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)感想
検察と弁護人の証拠集めが進む中、俊次の父の逮捕、森内先生の負傷など、他の事にも動きが。そして、ある人の言動に妙にスポットが当たるのは、柏木君の死に何かしら関わりがあるから…?次の巻でいよいよ裁判開始。明かされる真実は、関わってきた全ての人に、救いを与えるのか。
読了日:4月1日 著者:宮部みゆき
紅茶王子 (23) (花とゆめCOMICS)紅茶王子 (23) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】ケニルワースが気の毒で仕方ない。諸悪の根源は、ゴパルダーラじゃないか…。ダージリンが人間になることを、すんなり認めていたら、ここまでの悲劇は起きなかったのだから。
読了日:4月1日 著者:山田南平
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)感想
学校裁判開始。証人は真実を語っているのか。何処かに嘘が紛れこんでいないのか…。外堀から埋め、柏木君の死の真実へと少しずつ向かって行く中で、全ての想いを吐露してすっきりした人も居そう。柏木兄は特に、長年積もり積もった感情が、出口を探してさ迷っていたようだから。ささやかながら、不審な動きをするあの人物が、証言台に立つことはあるのかな。
読了日:4月4日 著者:宮部みゆき
赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 13 (花とゆめCOMICS)感想
ゼンとオビのやり取りが印象的だった。ゼンは、オビの事をよく見てるんだな。リリアスでの出会いは、白雪とリュウをどんな風に成長させるのかな。
読了日:4月5日 著者:あきづき空太
紅茶王子 (24) (花とゆめCOMICS)紅茶王子 (24) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】アッサムと奈子の気持ちが通じあったのに、人間になるための条件がかなり過酷だった。自分が存在しなかったことになるなんて…。番外編の小児科の話は、3つ目の願いが本当に叶えばいいのに。子供が嫌いだと言いながら、きちんと相手してるセイロンが可愛い。
読了日:4月5日 著者:山田南平
紅茶王子 (25) 花とゆめCOMICS紅茶王子 (25) 花とゆめCOMICS感想
【再読】最終巻。アッサムは人間になり、奈子の元へ。あの後、どう収拾つけたのかも気になるけれど、とりあえずのハッピーエンド。番外編は、アッサムはらしい展開だけど、アールグレイはモヤモヤする…。
読了日:4月6日 著者:山田南平
紅茶王子の姫君 (花とゆめCOMICS)紅茶王子の姫君 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】ルフナがアッサムの事を覚えていただけで、アッサムにとってはかなりの救いだったのかも。奈子がアッサムの事を思い出したシーンは、好き。これでやっと、いつもの二人に戻った気がする。「キャベツ畑のキラキラ星」自分の良いところを自分で見つけるのは、かなり困難…。読みながら考えてたけど、一向に思い付かない…。
読了日:4月7日 著者:山田南平
ONE PIECE 77 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 77 (ジャンプコミックス)感想
ローの過去編が修了し、戦いも徐々に決着が着いてきた。ベビー5の過去は、短いながらも印象的だった。これから幸せになれよ!
読了日:4月7日 著者:尾田栄一郎
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)感想
裁判で明らかになる事実に、肩の荷が降りたもの、更なる傷を負うものと、さまざまな結末が待ち受けていた。それでも、大人達にはどうにも出来なかった事件に、終止符が打たれて、子供達は救われたのかもしれない。特に樹里が、最後の最後で反省したのは大きかった。「負の方程式」は、ラストで驚かされたけれど、子供達に真摯に向き合う彼女の姿が見れてなにより。
読了日:4月8日 著者:宮部みゆき
Landreaall 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
DX体張りすぎ。周りの力を貸してもらえたからこそ、助かったものの、これで呪いが効いていたら…。難解な事件を乗り越えたからこそ、友達が出来た。一つの恋にひとつずつ命をかけるとか、無謀な気もする。
読了日:4月9日 著者:おがきちか
どうせもう逃げられない 9 (フラワーコミックスアルファ)どうせもう逃げられない 9 (フラワーコミックスアルファ)感想
馨さんから聞く、向坂さんの過去の話は酷すぎた。嫉妬であんな嫌がらせをする人間に、いいデザインは出来ないだろうな。翼ちゃんの怪我を期に、向坂さんがやっと動き出せた気がする。なほも相当頑張ったよなぁ…。
読了日:4月10日 著者:一井かずみ
ブレイクブレイド(14) (メテオCOMICS)ブレイクブレイド(14) (メテオCOMICS)感想
シギュンを守るため、国を捨て逃走するクレオ。エレクトとの戦いは、双方辛かっただろうな…。ライガット達との待ち合わせ場所に、とんでもない人物が現れて終わってしまい、続きはいつかしら…。髪飾りの鑑定に関する穴も、気になるところ。
読了日:4月11日 著者:吉永裕ノ介
おかしな猫がご案内 お江戸はニャンとこうだったおかしな猫がご案内 お江戸はニャンとこうだった感想
現代と江戸の生活を比較する本。江戸時代の事はあまり詳しくないので、入門書として楽しく読めた。メガバラッティスさん、何にもしてないのに要注意人物にされてて気の毒…。
読了日:4月12日 著者:もぐら
つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業 (角川文庫)つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業 (角川文庫)感想
佐々波が、まだ編集者だった頃の過去の話。校正で恋人の萩原春、編集者後輩の工藤を軸に、それぞれの仕事の流れを説明された。それが必要だから。天才は、満足を知らないものなのか…?評論家のカラスも、何処か掴み所がないまま立ち去ってしまい、一番知りたい情報は、想像していたのと違う形をしていた。紫色の指先は、実際どんな形をしているのだろう。
読了日:4月13日 著者:河野裕
献血ラッシュ 第1巻 (花とゆめCOMICS)献血ラッシュ 第1巻 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】ヒカトは小さい方が可愛い。テンガの種族についても、今後掘り下げられたりするかな。旭はもっと、言いたいことばかすか言ってもいいんじゃないかな。
読了日:4月13日 著者:天原ふおん
ストーリー311 (ワイドKC キス)ストーリー311 (ワイドKC キス)感想
先に「あれから3年」を読んだけれど、こちらも読みたくて探しました。被災者の方々にとっては、何年たっても、例え痛みは和らいだとしても、当時受けた心の傷はずっとそのままなのかもしれない。震災の事を忘れない事が、何よりも大事なのかも。
読了日:4月14日 著者:ひうらさとる,上田倫子,うめ,おかざき真里,岡本慶子,さちみりほ,新條まゆ,末次由紀,ななじ眺,東村アキコ
献血ラッシュ 第2巻 (花とゆめCOMICS)献血ラッシュ 第2巻 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】パナンって、一体どんなお菓子なんだ?
読了日:4月14日 著者:天原ふおん
夜来香恋結店 (コバルト文庫)夜来香恋結店 (コバルト文庫)感想
面白かった。結び師の仕事の内容もさながら、燕燿の変わりっぷりも。険悪な関係から、恋愛感情を抱くに至る過程が楽しかった。白善貴の最後の言葉や、月香の兄姉の事なども気になるから、続いてほしい。
読了日:4月15日 著者:響野夏菜
献血ラッシュ 第3巻 (花とゆめCOMICS)献血ラッシュ 第3巻 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】最終巻。改めて、ヒカトの周りには、気の強い女性が多いと思った。そうじゃなきゃ、一緒にはいられないか。
読了日:4月16日 著者:天原ふおん
名探偵コナン 86 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 86 (少年サンデーコミックス)感想
鎌鼬編の温泉のトリックは、実際に出来るのか疑問か残る。領域外の妹、蘭がちらりと見て、見覚えがあると言っていたけど、ひょっとして薬で小さくなった可能性も?川中島の殺人は、コナンにしてはエグい殺され方だった。コナンが疑ってる2人は、ラムじゃなさそう。
読了日:4月17日 著者:青山剛昌
金田一少年の事件簿R(5) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿R(5) (講談社コミックス)感想
「学生明智健悟の事件簿」剣持警部補は、この頃から明智さんに尻に敷かれてたか…(違)悲しい事件だった。「蟻地獄壕殺人事件」事件の舞台が凝っていて、某小説の某建築家が関わっていると言われても、納得しそう。先生の実験の目的も、事件の真相に関係するのかな。
読了日:4月17日 著者:さとうふみや
奇面館の殺人(上) (講談社文庫)奇面館の殺人(上) (講談社文庫)感想
館シリーズの最新刊。主人の意向で、館内では全員が仮面をつけなければいけない。主人が殺された後、客人全員が犯人に仮面をつけられ、外せない状態に。殺されたのが、本当に主人なのかも不明のまま下巻へ。館そのものにも、まだ秘密が隠されている可能性もあるのかな。あと、主人が、この儀式で何度も同じ人物を招待していたのも引っ掛かる。もう一人の自分を探すなら、毎回別の人を招待した方が、効率が良さそうに思えたから…。
読了日:4月18日 著者:綾辻行人
暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】父王の死により、今までの生活が一変してしまったヨナ。殺したのが、片想いしていたスウォンだったことが、悲劇の始まり…。改めて読むと、イル王が兄を殺した経緯とか、何か裏がありそう。いくら戦が嫌いでも、国が乱れていたのに、何も手を打たなかったとも思えないのだけど…。
読了日:4月19日 著者:草凪みずほ
黒猫と侯爵の従者 (花とゆめCOMICS)黒猫と侯爵の従者 (花とゆめCOMICS)感想
雑誌で読んで、面白かったので購入。形見の宝石を取り戻す、怪盗キティ。主人に尽くす俺様従者のルカ。見た目は天使、実は腹黒なアレク。この3人が組むと、悪徳叔父の悪事全てを暴いてしまう!?書き下ろしでその後の話も読めて、お得だった。
読了日:4月20日 著者:蔦森結,佑羽栞
暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】ヨナとハクは、風の部族の元へ。傷を癒す間もなく、嫌がらせをする火の部族。1巻から登場していたカン・テジュン、こんなキャラだったか…。病弱で、オロオロしてた印象しかなかった。風の部族が攻撃され、ハクにも危害が加えられた事で、ヨナの目付きが変わってきた。今まで何も知らなかった事を恥じ、これからどんどん成長していくのね。
読了日:4月21日 著者:草凪みずほ
奇面館の殺人(下) (講談社文庫)奇面館の殺人(下) (講談社文庫)感想
館シリーズとしては、犯人の目的がいつもと意向が違ったので、何処か大人しめな印象だったものの、中村青司の館のからくり、鹿谷さんの推理はいつもながら楽しかった。客人全員が仮面を被せられた理由と、殺された主人の指がフードプロセッサーにかけられた理由はかなり意外だった。犯人が、未来の仮面を被り、その上から与えられた仮面を被ったと想像してた…。
読了日:4月22日 著者:綾辻行人
Secret(3)完 (ガンガンコミックス)Secret(3)完 (ガンガンコミックス)感想
最終巻。3人目の殺人犯と、全てのからくりが明かされた。けれど、あの人の歪みまくった恋心、伏線があったか覚えてない…。バスの運転士は、薬を盛られた訳じゃなく、病気だと判断していいのかな。相変わらず、後味の悪い終わり方だった。
読了日:4月22日 著者:外海良基
海波家のつくも神 (2) (富士見L文庫)海波家のつくも神 (2) (富士見L文庫)感想
今回のメインは、妖が見える怖がりの冴華と、妖怪は見えないけれど大好きな陽菜。新たにつくも神と獺も加わり、賑やかな展開に。陽菜とおばあちゃん、そして大切な「ある物」にまつわるエピソードにほっこり。何よりも、冴華に、大地が妖が見える事を明かせたのが良かったな。彼女も、誰にも相談出来なくて、苦しんでただろうし。次も出るようなので、楽しみ。
読了日:4月23日 著者:淡路帆希
となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)感想
今回のロボット家族、拾ってきたワンコの対応に笑えた。関君のいたずらに反撃する前田君。前田君、強いな。お化け屋敷な体育倉庫は、授業前に仕込んだのかな…。
読了日:4月23日 著者:森繁拓真
La・La(ララ) 2015年 06 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2015年 06 月号 [雑誌]感想
「狼陛下」ぐっと糖度が上がった気がする。ゆーりんが後宮入りすることで、今までのバタバタも落ち着く?「赤髪」探し人は夜会で捕まえれるかな。始めて顔見た。「図書館戦争」小牧教官が、毬江ちゃんをどれだけ大切にしてるかよく分かった。話が動き出したとこなのに、この甘さ!
読了日:4月25日 著者:
メフィストフェレスは誰? 1 (フラワーコミックスアルファ)メフィストフェレスは誰? 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
本屋さんで気になり購入。結婚を控えた恋人に浮気され、自暴自棄になっていた所を、式場の神父に「復讐しましょう」と持ちかけられる奈々子。神父のやってることが、天使なのか悪魔なのか…。振り回される奈々子には申し訳無いけど面白かった。別の漫画のネタが挟み込まれてるのもツボだった。神父が使うなよ、立体機動装置。
読了日:4月26日 著者:吉原由起
魔法使いの娘ニ非ズ (5) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (5) (ウィングス・コミックス)感想
お父さん絡みの話は、ほとんど進展無し。ロックンローラーの彼女のサバサバした所とか、好きかも。呪いの話が多かったものの、嫌な終わり方をしたものが少なかったから、怖さを引きずる事はなかったかな。
読了日:4月26日 著者:那州雪絵
ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)感想
現代に紛れ込む吸血鬼と、刑事を絡めた物語。舞台を整える、序章のような話だった。今後、同じ吸血鬼ものの「クロス」(だったかな)の登場人物が出てくる可能性もあるかな…。
読了日:4月27日 著者:毛利志生子
おくさまが生徒会長! (7) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)おくさまが生徒会長! (7) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)感想
会長に惚れている、会長の後輩が登場。ほとんど相手にされてないけど、今後活躍する可能性はあるかな…。大人の薄い本は、安定の(?)夢オチ。どうせなら、風紀委員長版を見てみたいな。
読了日:4月28日 著者:中田ゆみ
別冊花とゆめ 2015年 06 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2015年 06 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」ホラー映画の描写が怖かった…。元ネタの映画を、見たいような見たくないような…。「嘘解きレトリック」史郎さんがやっぱり偽者だった。鹿乃子の能力を見抜いたようだけど、彼の目的がはっきりしなかったのが、何処か不気味。また現れそう。
読了日:4月28日 著者:
モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)感想
十代のうちに、何故か自殺してしまう病気、モーテ。前作と主人公が変わり、モーテが抱える「命の使い方」に、深く関わった内容になっていた。奇跡が起きない限り、死から逃げられないからこそ、限られた命をどう使うか。アランやマノン、ドゥドゥなど、懐かしい面々も出てきて嬉しかった。あんなラストで終わってしまい、ダンテは、モーテとどう向き合うのだろう…。
読了日:4月29日 著者:縹けいか
Landreaall 8 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 8 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
リドの女装は、破壊的。アンちゃんは策士というか、腹黒というか…。銀蹄夜楽しい。猫耳になるはしかも、可愛かった。こんな病気なら、なってみたい。
読了日:4月29日 著者:おがきちか
白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)感想
オキナガの療養施設に、研修に駆り出されたあかり。クセが在りすぎて、施設から出れないオキナガたち。そんな中、魁の知り合いが…。副所長のやったことは決して許されないけど、心情的には理解出来る。長生き出来るからこその辛さも、沢山あるんだなぁ。羊殺しに関して、少し動きが出てきた。次の巻ではガッツリ扱ってもらえるみたいなので、楽しみ。
読了日:4月30日 著者:ゆうきまさみ

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2015_05_08  [ 編集 ]

<<5月読了本(購入分・借り物) | BLOG TOP | 3月読了本(購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。