• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


7月読了本・漫画 (購入分・借り物)

  1. 2015/08/05(水) 21:42:45_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ちょっと気に入らないことがあると、寝っ転がって泣くことが増えたベヨ太。
自己主張が強くなったと思ってたんですが、これがイヤイヤ期だったんですね
イヤ~と叫ばないので、全く気がついてませんでした。
・・・そもそもベヨ太、イヤって単語言わないわ・・・。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:43冊
読んだページ数:7800ページ
ナイス数:314ナイス

王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)感想
コクランとレクスの、思いが通じてからの物語。コクランが生きる為に、ここまで陰謀を張り巡らす必要があるの?と、言いたくなる位、ドロドロな展開だった。レクスはレクスで、人間を辞めてた期間が長すぎて、どこかずれた言動をしてるし…。アイネやメイディ、シーラリーゼやキノン辺りは、きちんと事情を話せば協力してくれそうなのに。それすらも、長年の生活のせいで出来ないのかな。続きを早く読みたい。
読了日:7月1日 著者:入江君人
ONE PIECE 78 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 78 (ジャンプコミックス)感想
今まで幹部の過去が書かれて来たのに、今回の巻は無し。ドフラミンゴ位かな。そして、ルフィとドフラミンゴの戦いが開始。鳥籠の閉じる時間は迫っている中、ルフィの優勢に見える。いいぞ、もっとやれ。
読了日:7月3日 著者:尾田栄一郎
禁断の魔術 (文春文庫)禁断の魔術 (文春文庫)感想
湯川の愛弟子の姉の死。フリーライターの死。一見、何の繋がりも無さそうな事件が、徐々に繋がっていく所は面白かった。湯川の最後の行動は、力になれなかった愛弟子への、償いの様にも見えた。それとも、科学の犯した悲劇を、償おうとしたのか…。元々の短編を読んでないので、これをどう、コンパクトにまとめたのかも気になるところ。
読了日:7月4日 著者:東野圭吾
ヘタリア World・Stars 2 (ジャンプコミックス)ヘタリア World・Stars 2 (ジャンプコミックス)感想
表紙のアメリカ、イギリス、フランスが頑張ってた巻。それ以上に存在感があったのが、ロシア。ぐきっとやった子とやってない子で、態度か違うとか、恐ろしい子。今の大統領のイメージが強いからか、ロシアの性格が思ったよりほわほわしてるように感じた…。
読了日:7月4日 著者:日丸屋秀和
新妹魔王の契約者II (角川スニーカー文庫)新妹魔王の契約者II (角川スニーカー文庫)感想
信頼の出来る仲間を増やす事が、刃更の目下の目標かな。刃更が強くても、一人で出来ることは限られるから。しかし、一応手を組んだ面々も、問題を抱えてるし、手を貸して欲しい場面で動けるとは限らない。綱渡りの日々のはずなんだけど、えっちシーンが緊張感を壊してく…。
読了日:7月5日 著者:上栖綴人
鬱金の暁闇 24 破妖の剣(6) (コバルト文庫 ま 2-110 破妖の剣 6)鬱金の暁闇 24 破妖の剣(6) (コバルト文庫 ま 2-110 破妖の剣 6)感想
邪羅とリーヴィの二人に癒されたものの、相変わらずのゆっくり展開。更にあとがきの「ラストまで短くない」発言。せめて、あと何冊で終わるか、具体的に言ってもらえないかしら…。
読了日:7月6日 著者:前田珠子
ナナマル サンバツ (10) (カドカワコミックス・エース)ナナマル サンバツ (10) (カドカワコミックス・エース)感想
SQ開幕。「勝負は、知力・体力・時の運」を思わせる展開になってて楽しい。笹島先輩の「クイズはより楽しんだ者が最も勝者にふさわしい」も、説得力があるな。
読了日:7月7日 著者:杉基イクラ
那由多の軌跡 (星海社FICTIONS)那由多の軌跡 (星海社FICTIONS)感想
ゲームは未プレイだけど、ストーリーは気になり読みました。RPGにつきものの、レベル上げや謎解きが無いからか、さくさくと物語が進み、すぐに終わってしまった感じがしました。ゲームを遊んだ後なら、復習に読むのもいいかも。
読了日:7月8日 著者:土屋つかさ,尾谷おさむ
赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)感想
リリアスでの目標も決まり、白雪とリュウは生き生きとしてきたかな。5人揃った所も好きだけど、離れているからこそ出来ることも、きっとあるよね。番外編、ミツヒデの慌てぷりは予想通りだけど、木々の慌てる所も見てみたいような…。想像出来ないけど…。
読了日:7月8日 著者:あきづき空太
暁のヨナ 16 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 16 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】水の部族編終了。戒帝国から攻撃の理由を与えないように、弄した策がお見事。スウォンと出会い、ハク暴走。未だに、殺したい程憎んでいるのか…。スウォンの考えは、未だに読めない。
読了日:7月9日 著者:草凪みずほ
暁のヨナ 17 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 17 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】「黄龍は死なない」が、死ねないに見えてしまった…。キジャの過去も、壮絶だった。シンアの時といい、前の龍が、産まれた龍の世話をするのが、里の決まりになってるのかな。
読了日:7月10日 著者:草凪みずほ
LIAR GAME 19 (ヤングジャンプコミックス)LIAR GAME 19 (ヤングジャンプコミックス)感想
最終巻。四国志ゲームの勝敗は、予想もしない方法で決まった。まさか、仮面達を巻き込むとは…。意外な関係者たちが紛れ込んでいたりと、ライアーゲームのからくりが明かされたのは楽しかったけど、終わりかたはちょっと疑問。しっくりこないな。
読了日:7月11日 著者:甲斐谷忍
cocoon(秋田文庫74-1)cocoon(秋田文庫74-1)感想
ひめゆり部隊をモデルに書かれた作品。ふわふわとした絵柄だけど、だからこそ戦争の悲惨さが伝わってきた。実際にこんな事があったんだろう。だから、辛くても読んだ。普通のどこにでもいる少女達に、何処まで過酷な体験をさせるの…。すべて「戦争だから」で片付けないで。
読了日:7月11日 著者:今日マチ子
星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚 (講談社ノベルス)星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚 (講談社ノベルス)感想
ずっと待ってた薬屋の新刊。灯視さんの探し人妖)が秋だった事が明かされてから、ずーっと続きが気になってた。過去の作品に出てきた人達も顔を見せ、リベザルと良太もやっと仲直り出来た。秋が記憶を無くしてた時は、ほとんど別人…。人の顔が分からないと涙を零すとか、過去に何があったんだろう。今は、平然としてるけど。今後は、秋に焦点が向けられるのかな。ちらりとシャドウが出てくるのを期待したけど…無理か。
読了日:7月12日 著者:高里椎奈
Landreaall 10 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 10 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
アカデミーの思惑が分からないから、DXも反発するわな。イオンの、R・ケリーに対するタンカはスカッとした。「フィルが怖いなら、私が守ってあげる!!」DXなら、リドを助けれるかな。
読了日:7月12日 著者:おがきちか
Landreaall (11) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall (11) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
アンちゃんの寿命が、どんどん削られている気がする。DXの側に居ると、気苦労が絶えなさそう。竜葵強すぎ。DXがここまでボコボコにされてるの、初めてかも。最後に外交手段に出たけど、効果があるのかどうか。
読了日:7月13日 著者:おがきちか
Landreaall 12 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 12 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
猫はしかが、伏線だったとは…。忍者たちの猫耳が可愛い。DXが留守中に、アカデミーに降ってきた謎のモンスター(仮称・スピンドル)。ティティの作戦も気になるけれど、スピンドルの目的も気になるところ。重症の子達は、助かって欲しい。
読了日:7月14日 著者:おがきちか
Landreaall 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
スピンドル、何とか撃退。フィルとハルのやり取りは切ないけど、これがきっかけで騎士団なんかも変わっていきそうな予感もある。ティティの奮闘ぶりも、痩せた体から伺える…。次はのんびりした展開になるかな?
読了日:7月14日 著者:おがきちか
中国工場の琴音ちゃん中国工場の琴音ちゃん感想
フィギュアを作るの大変なんだなぁ…。フィギュアを買うなら、美味しい物を食べたり、両親に孝行した方がいいには笑った。そうだね…。
読了日:7月15日 著者:井上純一
ジゼル・アラン 5 (ビームコミックス)ジゼル・アラン 5 (ビームコミックス)感想
ジゼルがエリックを連れて帰るのを、期待してた。けど、エリック自身が向き合う問題だからか、何も解決しないまま。ジゼル一人で何でも屋をやるのは、何処かしっくりこない。きちんと仕事はこなしてるけど、物足りない。
読了日:7月15日 著者:笠井スイ
下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)感想
下読みの仕事、初めて知りました。読み手の好みで落とされたりしたら、運も必要なのかと勘ぐりそう。そして、小説の製作の過程も見ていて楽しかったでした。青と氷雪の、不器用な恋愛模様が絡んでるからかな。的確なアドバイスをくれる彼氏がいるなら、氷雪はいつかデビュー出来そう。
読了日:7月16日 著者:野村美月
タブロウ・ゲート(16)(プリンセス・コミックス)タブロウ・ゲート(16)(プリンセス・コミックス)感想
天空の城に、あれ?となった。ロンドン編が終わったら、通して読み返したい。運命の輪は植物…。動物のタブロウも居るから、植物も居るか。皇帝みたいに大人しい赤ちゃん、いいな。
読了日:7月16日 著者:鈴木理華
金田一少年の事件簿R(6) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿R(6) (講談社コミックス)感想
「蟻地獄殺人事件」舞台が大掛かりな割に、トリックがちゃちな気がする。犯人が復讐で手を汚すのはいつものパターン。ただ、恋人が…の伏線があったか覚えてない。「吸血桜殺人事件」今回は、犯行に及ぶ事件が先に明かされてる。突き落とされた本人が、復讐で…ということもあるかな?剣持警部じゃなくても、つっこみたくなるな。
読了日:7月17日 著者:さとうふみや
高嶺と花 2 (花とゆめCOMICS)高嶺と花 2 (花とゆめCOMICS)感想
花のことを煽って、結局やり返されるのに、懲りない高嶺さん。倍返しされて、低嶺さんになるのに。前巻同様の、言葉のキャッチボールに笑えた。
読了日:7月17日 著者:師走ゆき
マダム・プティ 6 (花とゆめCOMICS)マダム・プティ 6 (花とゆめCOMICS)感想
当時の世界情勢を知っていたら、もっと楽しめた気がする。イギリス人が、手を貸す理由とか。黒幕の正体が明かされ、パドマとニーラムの兄弟が、万里子救出の為に手を組む。少しだけ、過去の2人に戻ったよう。
読了日:7月18日 著者:高尾滋
Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
イオンとフィルの式典は感動した。見てる人は、きちんと見てるんだな。DXとイオンの里帰り。お供のリドは、エカリープでいろんな事を吸収してそう。玉階って、こんな人ばかりなんだろか…。
読了日:7月18日 著者:おがきちか
桜の花の紅茶王子 4巻 ドラマCD付き初回限定版 (花とゆめコミックス)桜の花の紅茶王子 4巻 ドラマCD付き初回限定版 (花とゆめコミックス)感想
サクラと吉乃の、無自覚な嫉妬にワクワクした。健太も頑張れ。お盆は、「大切な人の霊が帰ってくる」日なら、ちょっと嬉しくなる。そんな風に、考えた事が無かったから。サクラが八重を大切に思ってるのは変わらずだけど、お盆で何か区切りがついたようにも見えた。ドラマCDは、しばらく聞けないのであれだけど、桜の花の~のドラマCDも出たらいいのに。
読了日:7月19日 著者:山田南平
翡翠の封印 (中公文庫)翡翠の封印 (中公文庫)感想
【再読】ノベルズで読んだけれど、内容をすっかり忘れてしまったのと、書き下ろしが気になり再読。前半、テオとセラの心の動きなど、丁寧に書かれているけれど、後半はバタバタと進んでしまった印象。ナーダの抱える事情など、もっとじっくり書いて欲しかった。2人の子供達の話は、ほのぼのした。テオは未だにミリィに勝てないのか…。
読了日:7月21日 著者:夏目翠
Landreaall 15 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 15 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
改めて、DXの友達は、クセのあるやつらばっかだなぁと。クエンティンの過去、DXの過去、革命の真実の一端と、重い話が続いた。前王は、一体どんな人物だったのか、詳しく知りたいと思う反面、知らないままの方がいい気もする…。
読了日:7月21日 著者:おがきちか
Landreaall 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
革命の真実が明かされ、DXは改めて自分の立ち位置を確認した様だけど。王とは何か。王冠の台では納まらないだろうから。クエンティンは、まだ何か企んでいそうだし、DXとイオンは、家の名前に振り回されそう。
読了日:7月22日 著者:おがきちか
Landreaall 17巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 17巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
友を守る為に、貴族の振る舞いをするDX。昔ならやらなさそうだから、成長したのかな。DXそっくりの女性とか、クエンティンとアニューラスの和解(?)とか、伏線がたっぷりありそう…。
読了日:7月23日 著者:おがきちか
ウエディングベルの鳴らしかた (エバーロマンス)ウエディングベルの鳴らしかた (エバーロマンス)感想
元銀行員、現在ウェディングプランナーの主人公と、銀行員の後輩との恋愛模様。恋敵が出てこないので、ゆっくりと恋の成就を追っていけました。ただ、銀行員からの転職は、かなり潰しが効かないと聞いたことがあるけれど…。女性だから大丈夫だったのかな。
読了日:7月24日 著者:里崎雅
それが声優! (1)それが声優! (1)感想
声優のお仕事の、表と裏が覗ける漫画。声優さん、大変だ…。それでも「夢を見せる仕事」、頑張って欲しい。
読了日:7月24日 著者:畑健二郎,あさのますみ
それが声優! (2)それが声優! (2)感想
BLは苦手だけど、BLあるあるを読んで、ちょっとだけ興味が出てきた。初めての相手を覚えてるとか、体が動いちゃう声優さんとか…。奥が深い。
読了日:7月24日 著者:畑健二郎,あさのますみ
それが声優! (3)それが声優! (3)感想
神谷さんのプロとしての考え方が、素敵だった。イヤホンズのライヴがどうなるか、気になる…。
読了日:7月25日 著者:畑健二郎,あさのますみ
俺の後輩がこんなに可愛いわけがない (6) (電撃コミックス)俺の後輩がこんなに可愛いわけがない (6) (電撃コミックス)感想
小説では語られ無かった、もう一つのエンディング。黒猫好きには堪らないかな。珠ちゃんが、黒猫の様な中二病を発症してたのは意外だった。もっと現実的だとばかり。
読了日:7月26日 著者:いけださくら
ペルソナ4 (10) (電撃コミックス)ペルソナ4 (10) (電撃コミックス)感想
生田目に、何度も全滅させられたのを思い出した…。随分前にゲームをクリアしたので、菜々子ちゃんの状態に愕然。あれ?ラストでは…。主人公は黒いし、本気でテレビに生田目を放り込みそう。記憶が曖昧だから、続きが早く出て欲しい。
読了日:7月27日 著者:曽我部修司
La・La(ララ) 2015年 09 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2015年 09 月号 [雑誌]感想
「ウラカタ」子役(ついでに母親も)が、今後どう変化してくか楽しみ。「赤髪の白雪姫」ここまでの展開を読んでたとしたら、イザナ殿下はやっぱりラスボス…。これでしばらく、5人揃ってる所は見納めかな。ちょっと淋しい。「夏目友人帳」ニャンコ先生が瓜坊!可愛い!序盤は怖かったけれど、ラストに救われた。「図書館戦争」漫画で見ると、郁の足も堂上教官の写真も、破壊力抜群だった。
読了日:7月27日 著者:
Are you Alice? 12―録り下ろしドラマCD付特装版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Are you Alice? 12―録り下ろしドラマCD付特装版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
最終巻。紙屑アリスとチェシャ猫の抱擁、ハートの女王とジャックの繋がりに悲しくなった。アリスと弟は、幸せな結末だったと思っているかな。彼らが幸せなら、不思議の国の住人達も、満足するだろうね。
読了日:7月28日 著者:片桐いくみ二宮愛
おくさまが生徒会長! 8―特装版 描き下ろし!おとなの薄い本 (IDコミックス REXコミックス)おくさまが生徒会長! 8―特装版 描き下ろし!おとなの薄い本 (IDコミックス REXコミックス)感想
風紀委員長が、恋に無自覚だったとは…。あれだけ和泉のこと意識してるのに。和泉は、小さい頃から会長に振り回されてたか。納得。
読了日:7月29日 著者:中田ゆみ
別冊花とゆめ 2015年 09 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2015年 09 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」健太の言い間違い、これはしばらく弄られそう。彼女…。「嘘解きレトリック」左右馬が逮捕される、意外な展開。鹿乃子一人で、捜査出来るのかな。
読了日:7月30日 著者:
紺碧のサリフィーラ (C・NOVELSファンタジア)紺碧のサリフィーラ (C・NOVELSファンタジア)感想
12年に一度、姿を現す幻の島、シェインを巡る物語。家族の思いやりに溢れた一冊だった。派手な戦闘シーンなどは無いけど、丁寧に書かれてたから、楽しかった。
読了日:7月30日 著者:天堂里砂
Landreaall 18巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 18巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
DXは、恋に目覚める前に玉砕決定かな。恋愛運無いのかも…。DXとフィルのけじめは、女神杯の罰ゲームに変わったか。ま、命に関わらなきゃ大丈夫よね。アプローゼ様いるし(笑)今回一番の主役は、ファレルだった。強いけど、リゲインだけに弱い所がいい。
読了日:7月31日 著者:おがきちか

読書メーター



blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2015_08_05  [ 編集 ]

<<8月読了本・漫画(購入分・借り物) | BLOG TOP | 近況とか>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム