CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


8月読了本・漫画(購入分・借り物)

  1. 2015/09/04(金) 22:31:32_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:55冊
読んだページ数:9451ページ
ナイス数:413ナイス

Landreaall 19巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 19巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
レヴィとチルダの恋の行方が、DXが試合に勝つことによって育まれると、アプリが読んでたなら凄い…。DXより優秀な馬って。あれよあれよと勝ち進み、決勝まで残った主人公。花冠の乙女は、彼女を選ぶのかな。やっぱり。アンちゃんの女装でも、楽しそうだけど。あと、竜葵お兄さん、最高(笑)
読了日:8月1日 著者:おがきちか
Landreaall 20 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 20 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
両想いだけど、決して結ばれる事の無い、DXとメイアンディア。切ない…。この世界では、再婚は有りかと思わず考えてしまった。DX似の王女様、更に爆弾を落としそうで怖いなぁ。
読了日:8月2日 著者:おがきちか
うちの執事が言うことには (5) (角川文庫)うちの執事が言うことには (5) (角川文庫)感想
衣更月の言い方の語弊から起こった事件は、最終的には、花穎との信頼関係を更に強化できた…かな?赤目さんが出てくると、とりあえず犯人じゃないかと疑ってしまう。毎回悪さするわけじゃ無いけど、花穎との距離の取り方に戸惑っているからかしら。今回は、真一郎の子供の頃が垣間見れて面白かった。鳳は昔から、そつのない執事だった。彼の子供時代とか、ちょっと気になる。
読了日:8月3日 著者:高里椎奈
Landreaall 21巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 21巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
ルーディーとライナスの、子供時代の話が切ない。大人達は、必死に彼らを助けようとしたのね。それが分かるからこそ、復讐を誓うライナスも切ない。ライナスに殺される予定のイプカは、今後ひょっこり出てきそう…。ロビンの父親探しは、一気に核心に迫ってきた。DXの顔を知っていたあの人は、誰だったんだろ。
読了日:8月3日 著者:おがきちか
Landreaall 22巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 22巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
ロビンの父親探しは一段落。ロビンと祖父が、会える日は来るのかな。DXの両親が行方不明に。あの人達最強だから、よっぽどの事があったんだろうか。DXはディアと恋心を育む…余裕は無いよねぇ…。
読了日:8月3日 著者:おがきちか
Landreaall 23巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 23巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
砂漠の部族が種類が多くて、混乱する。六甲とDX達が合流出来て、安心する。革命を終わらせる為に、両親を拐った?黒幕(?)が顔を出したけど、まだ何かありそうなのが…。
読了日:8月4日 著者:おがきちか
萌えを立体に! (星海社新書)萌えを立体に! (星海社新書)感想
ミカタンの、フィギュアに対する愛が詰まった一冊でした。フィギュアが出来るまでをざっと紹介もしてますが、原型師さんに焦点を当て、どんな仕事なのか、実際に原型を作って紹介されてます。見てるだけでとにかく根気が要りそう。何かを作り出すのは、多かれ少なかれ根気は要りそうだけど、一つの原型が出来上がるのに半年~一年。だからこそ、出来上がった物に魅了されちゃうんですね。ミカタンのブログを見て、買うのを断念するつもりが買ってしまったのも、いくつかありますが(苦笑)ミカタンが原型のフィギュアが発売されるの、待ってます。
読了日:8月5日 著者:ミカタン
Landreaall 24巻 限定版 (IDコミックススペシャル)Landreaall 24巻 限定版 (IDコミックススペシャル)感想
クエンティンの目的は、国そのものを滅ぼす事だったりして?ユージェニ王女は、狂王の子供…なんてオチだけは勘弁。DXの両親の行方は知れず、メルメルの菓子が何を意味するかもさっぱり。続きが気になる。
読了日:8月5日 著者:おがきちか
BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)感想
演奏のレベルが違っても、ぶつかり合う事で成長していく。玉田が今味わっている挫折は、大も通ってきた道だからこそ、しがみついてでもドラムを続けて欲しい。最後の、「ちょっと負けに行ってくる」はかっこよすぎ。
読了日:8月6日 著者:石塚真一
Landreaall 25巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 25巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
ユージェニ王女の、夜這いに失敗したからDXを奴隷商人に売る。その発想は何処から…?DXはカリファの集落(?)を国に見立て、王とは何かを考えているみたい。ラストに出てきたライナスに、ここまでホッとさせられるとは思わなかった。
読了日:8月6日 著者:おがきちか
Landreaall 26―描き下ろし読切小冊子付き特装版!! (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 26―描き下ろし読切小冊子付き特装版!! (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
ライナス、ルーディーと合流し、反撃に出るDX。ついでに不良玉階登場。あの人か!!DXがディアの騎士に。ただ、ユージェニ王女の父親が、リゲインの可能性が?
読了日:8月6日 著者:おがきちか
スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 1 スラ子、誕生 (アース・スターノベル)スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 1 スラ子、誕生 (アース・スターノベル)感想
引きこもりでぼっちのマスターが、作ったスライムのスラ子に、尻に敷かれる話。訳ありで無口な妖精のシィ、気まぐれなドラゴン、狂戦士と、徐々にハーレム展開になるのかな。とりあえず、主人公はへたれを卒業できる日は来るのか…。
読了日:8月7日 著者:再藤
ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜 (角川ホラー文庫)感想
浩太に、最初から最後までイライラさせられた。森司の事はそっとしておけ、生暖かい目で見守るのがいいんだって何度思ったか。煮え切らない森司も悪いんだけどさ。木綿子さんは、過去に似た話を読んだことあったのに、気がつかなかった…。健気な彼が、少しでも幸せになって欲しい。藍の過去は、カッコいいと言ったらおかしいかも知れないけど、カッコいい。引っ越し屋さんは、いろんな物件を見てるから、本当にヤバイとことか不動産業者さんより詳しかったりして…。あの建物は、今後どう変化したんだろう。知りたいような、知りたくないような。
読了日:8月8日 著者:櫛木理宇
DVD付き 昭和元禄落語心中(8)特装版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 昭和元禄落語心中(8)特装版 (講談社キャラクターズA)感想
弱気な八雲師匠は、見ていて辛い。引退するとまで言うけれど、坊が起爆剤になってくれたらいいな。明かされた助六とみよ吉の最期。前に師匠が語ったのは、嘘だった。八雲師匠も松田さんも、小夏の為に、重たい荷物をずっと抱えていたのか。小夏が知ることがなければいい。けど、2人が荷を下ろせないのも辛い。
読了日:8月9日 著者:雲田はるこ
ピンポン☆ブー 2 (まんがタイムコミックス)ピンポン☆ブー 2 (まんがタイムコミックス)感想
景二が頭が良いことに驚いた。普段のぼけっぷりからは、想像出来ない…。クイズ好きにとって、アメリカ横断ウルトラクイズは、憧れなんだな。
読了日:8月9日 著者:藤島じゅん
ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵 (角川ホラー文庫)感想
モナリザのパロディーの絵、見てみたかった。死んだ人間よりも、生きてる人間の方が怖いと言うけど、これは両方怖い。森司、失恋したと落ち込んでたのに、こよみちゃん大量のに虫から助けてもらったからと、合鍵渡すか。やってることが、極端から極端だな。端から見たらカップルなのに、いつ付き合うのかな。
読了日:8月10日 著者:櫛木理宇
時間の歩き方(4) (Nemuki+コミックス)時間の歩き方(4) (Nemuki+コミックス)感想
【再読】一見、遠回りに見えた監獄や眠り姫の話も、果子と遇太がホールドの呪縛から解かれる為に、必要だったのだと思えた。ツヴァイは果子が居なかったら、遇太に自分の正体を明かさないままで居るつもりだったのかしら。誰もが幸せになる結末で、大満足。
読了日:8月10日 著者:榎本ナリコ
初恋ドルチェ (花とゆめCOMICS)初恋ドルチェ (花とゆめCOMICS)感想
お菓子の魔女に願いを叶えてもらう、オムニバス形式のお話。甘いものから、苦くて辛いものまで勢揃い。一番気になったのは、魔女はどんな風にお菓子を作っているか。いつも大きな帽子を両手で持ってるから…。
読了日:8月11日 著者:久賀流
棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (5) (まんがタイムKRコミックス)棺担ぎのクロ。~懐中旅話~ (5) (まんがタイムKRコミックス)感想
少しずつ、旅の終焉へと向かっている印象を受けた。魔女の元になった、3人の女性の話。彼女達の願いを叶える事が出来たら、呪いから開放される可能性はないのかな。魔女の力は呪いじゃなく、使い手の心次第。なら、生も死も投げ出してしまえば、或いは…?
読了日:8月12日 著者:きゆづきさとこ
UNDERGROUN’DOGS 2 (ビッグコミックス)UNDERGROUN’DOGS 2 (ビッグコミックス)感想
スタントマンの彼らと、生き生きと練習しているのを見るたびに、サコちゃん仕事辞めちゃえよ、と、何度思ったか。スタントの道を選んだ事で、背筋も伸びたのかな、サコちゃん。千鉄の仕事、監督の言ってること滅茶苦茶なんだけど、これも実際にあることなのかな。3年後の千鉄が、女優になってるのにも驚いた。怪我してから今までに、何があったんだろう。そこに触れられるのを、楽しみにしてる。
読了日:8月13日 著者:黒丸
れとろげ。2 (マイクロマガジン☆コミックス)れとろげ。2 (マイクロマガジン☆コミックス)感想
今回も、レトロゲームのネタが満載。マニアックな付属品が、妙に気になる。
読了日:8月14日 著者:くさなぎゆうぎ,白川嘘一郎
僕僕先生 1 (Nemuki+コミックス)僕僕先生 1 (Nemuki+コミックス)感想
ニートの青年が、仙人の弟子入りをして、師匠と共に世界を旅する話。雑誌で紹介されているのを読んで、面白そうだったから手に取りました。先生が可愛いのと、丁寧に書かれた唐の街並みが、読んでいて楽しかった。
読了日:8月14日 著者:仁木英之,大西実生子
世界で一番悪い魔女 1 (花とゆめCOMICS)世界で一番悪い魔女 1 (花とゆめCOMICS)感想
300歳の魔女(実年齢16歳)のクインタと、博士号を5つ持つ、性格が歪んでる教授の、旅する話。教授の研究の内容もさることながら、クインタが1日3回しか魔法が使えないなど、謎がいっぱい。ビジネスライクな付き合いの二人の変化も楽しみだし、フィーヨの感情の豊かさは素敵。
読了日:8月15日 著者:草川為
Cipher (第1巻) (花とゆめCOMICS)Cipher (第1巻) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】俳優として活躍するシヴァと、友達になりたいアニスは、彼に突撃して友達になりたい宣言をする。どんな事にも一直線のアニスの行動は、危なっかしいけど気持ちいい。反面、シヴァと双子の弟のサイファは…。知られたくない秘密があるからこそ、アニスに踏み込んでもらいたく無い。だけど、徐々に好意を抱いてるのが丸分かり。アニスが、彼等の友達になる日はすぐだね。
読了日:8月16日 著者:成田美名子
Cipher (2) (花とゆめCOMICS)Cipher (2) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】サイファとシヴァの性格が、はっきりとしてきた。徐々にアニスに、気持ちを許してきた証拠かな。アニスの弟の怪我や、両親の離婚は、アニスのせいではないと思うけど、本人が納得がいかなければ、いつまでも引きずってしまうよね。双子は一時彼女を警戒してたけど、それは解消したかな。
読了日:8月17日 著者:成田美名子
六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)感想
テグネウの、アドレッドの、ハンスの、それぞれの思惑が渦を巻いて、終着点が何処か見当がつかなくなった。テグネウを倒す、だけじゃ駄目なのがもう…。愛にこだわり過ぎたテグネウは、愛に破れたものの、最期まで嫌な置き土産を残してくれた。人として生きる為の感情を、全て無くしてしまったアドレッドは、七人目として六花の勇者達と一緒に居られるのか。フレミーも、また。最後の一輪の聖者と魔神のやり取りも気になるところ。何より、一巻から数日しか経ってない事に驚いた。1ヶ月位経ってるとばかり。こんなんじゃ、気も休まらないね。
読了日:8月17日 著者:山形石雄
おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)感想
絵本と一緒に、おにぎりを握るのが楽しいようで、何度も読みました。(2歳3ヶ月)
読了日:8月18日 著者:平山英三
名探偵コナン 87 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 87 (少年サンデーコミックス)感想
長野で起きた殺人事件の結末は、あっさりとしたものだった。ラムの正体も分からないまま。今回出てきた中に居るかだけでも明かして欲しかった。新一と蘭の出会い編は、楽しかった。新一は、この頃から探偵をしてたのね(笑)蘭の目線だと、ほのぼので終わった話も、新一から見ると、事件だったり。好きな芸能人の恋愛スクープで、人が変わった哀ちゃんが笑える。普段のクールっプリはどこいった。
読了日:8月18日 著者:青山剛昌
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)感想
妹がドラゴンに食べられてしまい、救出に向かいたいけど、先立つ物がない一行。だったら、モンスターを食べれば良いじゃない。そんなわけで、倒したモンスターを、手間暇かけて調理し、美味しくいただく。それはいいけど、ドラゴンと一緒に、妹も調理しないか不安は残る…。あと、動く鎧食べれるのが意外だった…。
読了日:8月19日 著者:九井諒子
ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)感想
ゴーレムで畑を作るとか、想像の斜め上を行くなぁ。センシはとことん、ダンジョン内での自給自足にこだわるのね。絵画の中に居たダークエルフ、絵には描かれて無かったのが気になる。何かしらの鍵を握ってそう。オークの親子も、また会えるかな。
読了日:8月19日 著者:九井諒子
スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 2 二人の少女 (アース・スターノベル)スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 2 二人の少女 (アース・スターノベル)感想
スラ子が邪悪過ぎる…。主人公、もっと頑張れ。ルクレティアのお陰で、とりあえずは町の事は心配無くなったのかな。カーラの家族の事、ほとんど出てこないけど、町の人とやっていけてるんだろうか。
読了日:8月19日 著者:再藤
くだもの (福音館の幼児絵本)くだもの (福音館の幼児絵本)感想
ページをめくる度に、手で果物を摘まんで食べる真似をしてました。食べたことの無い果物は、食い付きが悪かったかな。(2歳3ヶ月)
読了日:8月20日 著者:平山和子
パレス・メイヂ 4巻 同人誌付き特装版 (花とゆめコミックス)パレス・メイヂ 4巻 同人誌付き特装版 (花とゆめコミックス)感想
御園と陛下の恋を、鹿王院宮様が邪魔してるようにしか見えない。恋してる感じが出てないのは、腹黒さ故かな。佐伯さん、かなりうっとおしいけど、まだ絡んでくるのか…。同人誌は、かなり豪華だった。
読了日:8月20日 著者:久世番子
神抱く凪の姫 ~キレ神様、お目覚めにございます~ (ビーズログ文庫)神抱く凪の姫 ~キレ神様、お目覚めにございます~ (ビーズログ文庫)感想
神を身に閉じ込め、封印していた沙綾。ひょんな事から封印が解けてしまい、出てきたのはキレまくりの人間臭い神様だった。神の嵐嶺よりも、周りの人間の方が腹黒いからか、神様の方がしんどそう。特に沙綾と兄は、何処かずれてるから、相手にするのも大変そうだったし。沙綾と嵐嶺が、良好な関係を築いた所で終わったので、続きも楽しみ。渚は、実は九曜の生まれ変わりだったりして!?
読了日:8月21日 著者:響野夏菜
La・La(ララ) 2015年 10 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2015年 10 月号 [雑誌]感想
「赤髪の白雪姫」大分進展。薬膳茶が、伏線だったとは…。「うそカノ」自分でつけられるの!?試すなら、腕とかにしたらいいのに。「狼陛下の花嫁」妖怪妃(笑)とりあえず、嫌がらせはされなさそうなあだ名かも。「図書館戦争」おっさんが児童室に入り込む怖さ、原作を読んだときは分からなかったけど、今はよく分かる。何もしなくても、酔っぱらいは怖いわ。
読了日:8月22日 著者:
Cipher (3) (花とゆめCOMICS)Cipher (3) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】サイファがどんどん、アニスに惹かれているのが分かって微笑ましい。シヴァは本人も言ってる通り、恋なのか友情なのか、感情をもて余していて何故か不安になる。アニスのブラジャー問題は、母親が頑張ってくれて解決かな。
読了日:8月23日 著者:成田美名子
ノンタンいないいなーい (赤ちゃん版ノンタン)ノンタンいないいなーい (赤ちゃん版ノンタン)感想
人に読んでもらったら、面白がって、早く早くと催促してました。(2歳3ヶ月)
読了日:8月23日 著者:キヨノサチコ
アタゴオル (3) (MF文庫)アタゴオル (3) (MF文庫)感想
ヒデヨシは毎回無茶苦茶やるのに、割りと平然としてるのが不思議。
読了日:8月23日 著者:ますむらひろし
進撃の巨人(17) 限定版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)進撃の巨人(17) 限定版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)感想
ヒストリアが王になり、表面上は壁の中に平穏が訪れたかな。猿の巨人が現れたけど、これ誰?
読了日:8月24日 著者:諫山創
異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)感想
思い込みは、人を変えてしまう。呪縛から解き放たれた彼等の、今後に期待したい。千景の父もまた、何かの呪縛に縛られているのかしら。あそこまで娘を嫌うのは、彼女の能力以外にも原因がありそう…。千景と透磨の関係は、焦れったいほどゆっくり変わってきてるよう。ゆっくりでも、変化してるから大丈夫よね。
読了日:8月24日 著者:谷瑞恵
Cipher (4) (花とゆめCOMICS)Cipher (4) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】アニスが自転車旅行でLAに向かう途中で、男女の違いを意識し始めた。だからか、彼女自信も少しずつ女性らしくなってきた。考え方とかは、変わらないけれど。LAでのシヴァの言動が不安定なのは、アニスへの感情を整理してたから…なのかな。NYに戻ってきてからは、落ち着いて見えるけれど…。
読了日:8月25日 著者:成田美名子
Mein Ritter~私の騎士~ 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Mein Ritter~私の騎士~ 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
最終巻。バタバタっと終わってしまった。もっと読んでいたかったなぁ。アンドレアの正体は納得だけど、エリアスの正体の種明かしは、唐突な感じだった。テオドールのツンデレは、いつかデレだけになる日が来て欲しいな。
読了日:8月25日 著者:片山愁
Cipher (5) (花とゆめCOMICS)Cipher (5) (花とゆめCOMICS)感想
【再読】アニスとサイファが恋人になり、シヴァがますます不安定に。居場所が無くて、さ迷ってるよう。そんなシヴァをディーナが拾い、ディーナや家族の お陰で救われた。けど、サイファの仕事にディーナが絡んでくることで、また拗れそう。ちょっと位、ほっと出来る時があればなぁ。
読了日:8月26日 著者:成田美名子
やさいだいすきやさいだいすき感想
野菜をあまり食べない息子が、好きになってくれるのを期待して読んだ一冊。次、次、と言わんばかりにページをめくっていき、野菜に興味を持ったか分からなかった。繰り返し読んでみたい。(2歳3ヶ月)
読了日:8月26日 著者:柳原良平
ママと赤ちゃんのたべもの絵本 (6) かんぱいごっくんママと赤ちゃんのたべもの絵本 (6) かんぱいごっくん感想
乾杯が大好きな息子は、予想通り食いつきました。さすがに真似はしなかったものの、果物のイラストを見て、摘まんで食べる真似をしてました。食いしん坊…。(2歳3ヶ月)
読了日:8月27日 著者:真木文絵
におうのだあれ (めくりしかけえほん)におうのだあれ (めくりしかけえほん)感想
内容よりも、仕掛けが気に入ったようで、何度も繰り返し読んでました。いや、めくってました、かな。スカンク君のぬけっぷりが可愛かったでした。(2歳3ヶ月)
読了日:8月27日 著者:ステラガーニー,ジョナサンランバート
別冊花とゆめ 2015年 10 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2015年 10 月号 [雑誌]感想
「パレス・メイヂ」御園の機転が見事。鹿王院宮が、邪魔で仕方ない。「嘘解きレトリック」鹿乃子の助手になった四郎が胡散臭げ。彼女の身の安全を誰か守ってー。「泥だらけのハニー」ラストが黒すぎて、ほのぼのから一気に落とされた。大丈夫だろうか、彼女…。
読了日:8月27日 著者:
おうちへかえろ (とことこえほん)おうちへかえろ (とことこえほん)感想
ねずみさんのおうち、うさぎさんのおうちが可愛かった。段々と、お友達がおうちに帰るなか、最後の子には、素敵な人(?)がついてきてくれるのも嬉しい。息子は、ねずみさんとうさぎさんのおうちには興味を持ったけど、あとは…。(2歳3ヶ月)
読了日:8月28日 著者:三浦太郎
なにかのご縁 (2) ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う (メディアワークス文庫)なにかのご縁 (2) ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う (メディアワークス文庫)感想
ゆかり君とうさぎさんに、ライバル出現。フランスからやってきた、縁の見えるもふもふうさぎと、ローラン。嫌味なヤツかと思えば、お馬鹿で良い子たから、1人と一匹とも、すぐに馴染んじゃったなぁ。ご飯たかってるし。今回は、更に縁の種類が増えた。そんなのもあるんだ…。最後はちょっとだけ切なかったけれど、また西院さんを廻って一悶着して欲しい。
読了日:8月28日 著者:野崎まど
白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)感想
雪村、棗、あかりの関係が明らかになり、雪村があかりをどう扱うのか気になる。羊殺しを手伝わせるのか、守れなかった棗の代わりにするのか。今回出てきた記者さん、「わたしは大丈夫」を連呼してたけど、そういう意味か…。オキナガかと、ちらりと疑ったわ。同じく今回出てきた神父さん、胡散臭い。
読了日:8月28日 著者:ゆうきまさみ
おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)おふろだ、おふろだ! (くまくんの絵本)感想
どろんこ遊びをしたくま君が、お父さんと一緒にお風呂に入る物語。くま君が、お父さんの背中を流す場面は、羨ましい(笑)くま君のお父さんを指差し、パパだよと教えたら、ずーっとパパを連呼する息子。君のパパは、人間だよ…?(2歳3ヶ月)
読了日:8月28日 著者:渡辺茂男
女王の花 12 (フラワーコミックス)女王の花 12 (フラワーコミックス)感想
亜姫と薄星、決して結ばれる事は無いのは分かっていても、心まではごまかすのは無理なはず。怖いと怯え、大切な人が居ることが、どれだけ力になるか…。それなのに、青徹の死が、亜姫の気持ちの切り替えに一役買ってしまったのが悲しい。商人の女の子との出会いが、亜姫にってのささやかな息抜きになり、女の子で居られた時間だったんだな。
読了日:8月29日 著者:和泉かねよし
アタゴオル (4) (MF文庫)アタゴオル (4) (MF文庫)感想
天気の予報のやり方にびっくり。綿密なデータを集めてるのに、最後の最後で台無しだ。シャイコナ製の本は、実際にあったら読んでみたい。
読了日:8月29日 著者:ますむらひろし
神抱く凪の姫 ~耐えてください、キレ神様~ (ビーズログ文庫)神抱く凪の姫 ~耐えてください、キレ神様~ (ビーズログ文庫)感想
類は友を呼ぶのか…。今回は、どきっ、シスコンだらけの悪魔退治。と、言っても言いかな。沙綾と嵐嶺のラブラブ度が上がり、周りもじわじわと公認してきてるよう(約1名除く)。
読了日:8月30日 著者:響野夏菜
アタゴオル 5 アタゴオル玉手箱篇 (MF文庫)アタゴオル 5 アタゴオル玉手箱篇 (MF文庫)感想
水の中で、自由に生活出来る話が、暑い日には羨ましい。ツキミ姫は、ヒデヨシに振り回されずに上手く付き合ってる珍しい人かも。テンプラは、毎回付き合いがいいなと思う…。
読了日:8月31日 著者:ますむらひろし

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2015_09_04  [ 編集 ]

<<ホンダ&鈴鹿サーキット展 | BLOG TOP | 7月読了本・漫画 (購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム