• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

12月読了本 (購入分・借り物)

  1. 2017/01/26(木) 22:48:54_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
去年1年で、512冊本を読んでました。漫画や雑誌も含めて、ですけどね。
今年も、出来れば500冊越えしたいですね~。無理でも400冊くらいは。

12月の読書メーター読んだ本の数:38読んだページ数:8048ナイス数:401いい加減な夜食外伝―陰の男たち (アルファポリス文庫)いい加減な夜食外伝―陰の男たち (アルファポリス文庫)感想普段、日の当たらない大澤がメインの話。荒事に場馴れしてるけど、傭兵あがりだったとか。色々納得。ステファニーとの距離は、今後縮まる可能性はあるのかないのか。お互いに意識しまくってるから、誰かの一押しでくっつくかも!?もう一人の影の実力者は、引退なんて許されないんだろうな。読了日:12月01日 著者:秋川 滝美
ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)感想今回の試合は、修と千佳の弱点を減らすことで勝てた。ただ、次は同じ手は使えないし、真似をする人も出てきそう。それが結果的に、全体の戦力を上げるから、良いことづくしなんだけど。香取は負けたことで、やっとチームメイトと対等な立場に立てたみたい。彼女の事、ただの我が儘な子だと思ってたけど、違う面が見れて良かった。このまま嫌いで終わったら、もったいないものね。修の大人との駆け引きは、とりあえずの権利をもらっただけか。それでも、前には進んでる。読了日:12月02日 著者:葦原 大介
ジュディハピ!ジュディハピ!感想同じ一年を繰り返す事に気がついたモブ主人公が、ループから脱出するために、奮闘するところで終了。乙女ゲーの主人公は、ハーレムエンドをやるのが当たり前なのかな…。2周目は加奈子がフラグを立てまくってるけれど、大丈夫か。読了日:12月03日 著者:田中 莎月
破妖の剣(6) 鬱金の暁闇 29 (コバルト文庫)破妖の剣(6) 鬱金の暁闇 29 (コバルト文庫)感想ラスと泥闇の戦い。ラストのひきは、何となく予想が出来てるので、驚かないと思う。読了日:12月03日 著者:前田 珠子
カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)感想続編が始まって嬉しい。今回のカードは、なにか捕獲でもしそうな機能っぽい。小狼君の役割って、なんなんだろう。読了日:12月03日 著者:CLAMP
世界で一番悪い魔女 3 (花とゆめCOMICS)世界で一番悪い魔女 3 (花とゆめCOMICS)感想教授は、どんなときもぶれないというか。フィーヨの擬人化可愛かった。読了日:12月05日 著者:草川為
図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)感想本誌でも読んだけど、むつごろうネタにニヤニヤ。砂糖を吐きそうになるくらいの糖度に、もう笑いが込み上げてきた。後半の虐待の話は、色々考えてしまう…。幼稚園の先生は、気がついてなかったのか、とか、母親も、他に相談出来る人が居なかったのか、とか。関係が改善されたけれど、また、母親が悩んで手を出しそうで。読了日:12月05日 著者:弓きいろ
今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)感想こじらせてたのぞみが、幸せになって良かった~。久慈さん、ゆめの誘惑をキッパリ断るとこがカッコいい。この夫婦、好きだな。読了日:12月06日 著者:草川為
ジュディハピ!〈2〉ジュディハピ!〈2〉感想加奈子に興味がある人には、姫川さんの匂い攻撃は通用しないのかな。しかし、姫川さんの自己中っぷりにうんざりさせられる。樹里先輩のアドバイスは、絶対確信犯だよね。いいぞ、もっとやれ。読了日:12月07日 著者:田中 莎月
Fate/Grand Order material I(書籍)Fate/Grand Order material I(書籍)感想とりあえず、パラパラと。ゲームに出てこない細かな設定や、段階毎に変わるデザインを見るだけでも楽しい。でも、煩悩の塊なので、あのサーバント欲しいとか、このサーバント出ないかなとか、ガン見してしまう…。読了日:12月07日 著者:TYPE-MOON
Fate/Grand Order material II(書籍)Fate/Grand Order material II(書籍)感想とりあえず、パラパラと。サンタオルタの情報には、笑った。変なところで気を使ってるんだもの。3巻も早く出ないかな。読了日:12月09日 著者:TYPE-MOON
狼と香辛料 (18) Spring Log (電撃文庫)狼と香辛料 (18) Spring Log (電撃文庫)感想十数年後の、ホロとロレンス。変わった部分もあれば、変わらない部分もある。二人の仲のよさや、甘い駆け引きとか。二人の娘の奔放ぶりには笑わせてもらったけれど、親に似たのよね。まだ続きもあるようで、楽しみ。読了日:12月09日 著者:支倉凍砂
TYPE-MOON学園 ちびちゅき! (4) (角川コミックス・エース)TYPE-MOON学園 ちびちゅき! (4) (角川コミックス・エース)感想FGOのサーバントの割合が増え、他の作品のキャラが押されぎみ。FGOやってるので、嬉しいけれど、プロトタイブのキャラがあまり居ないのは淋しいかな。運動会の話が特に楽しかった。これだけ人数がいると、一人一競技出れるのかな…。読了日:12月10日 著者:華々 つぼみ
お婿さまの育て方 (エバーロマンス)お婿さまの育て方 (エバーロマンス)感想世話焼きな菜乃子が、人見知りで冴えない木村を、お見合いまでに変貌させようと奮闘。するものの、頑張ってるのは菜乃子の兄弟な気がするし、最後まで淡々としてて盛り上がりにかけたかな。菜乃子の兄弟の方がキャラが立ってて、そっちを主人公にした方が楽しかったかも。読了日:12月11日 著者:広瀬もりの
魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)感想最終巻。あくまで、テレビ版と映画版の間にあったかもしれない話だけれど、壮絶だった。細かな感想を書くと、ネタバレにしかならなさそうなのと、自分の語彙が足らないので書けないけど。アニメで見れたら、アクションシーンとか迫力がありそう。もう1回、1巻から読み直したい。読了日:12月12日 著者:原案:Magica Quartet,漫画:ハノカゲ
サンタクロースのお師匠さま石蕗と春菊ひとめぐり (富士見L文庫)サンタクロースのお師匠さま石蕗と春菊ひとめぐり (富士見L文庫)感想サンタクロースが公務員、という点は、突っ込み所が多すぎるのでスルーするとして。過去に弟子を死なせてしまった石蕗が、新たな弟子、春菊と過ごす一年の話。サンタさんの仕事は、冬だけしか無さそうに見えて、結構細かなものが一年を通してあるようで。訓練所なんかもあるし、体力勝負の世界でした…。石蕗と春菊のわだかまりさえも、クリスマスが溶かしてしまった。クリスマス凄いな。読了日:12月13日 著者:道具 小路
一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)感想前作からの続き。独り暮らしを始めることで、親からの呪縛から少しは開放されたのだろうか。これ以上の傷を受けることはないけど、過去の言葉に今も傷ついたままの作者。幼い頃から愛情をかけてもらってないと、愛がどんなものかが分からないのかな。漫画にすることで、少しずつ自分と向き合えてるけど、このままで大丈夫かな。次は、もっと幸せな報告が聞けるのを期待したい。読了日:12月13日 著者:永田 カビ
ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)感想この巻の主役はスガさんかと。序盤でやられた。景山もスガさんを真似て、誉めたりしてきたので、いい流れ。読了日:12月14日 著者:古舘 春一
乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)感想パリヤが可愛くて可愛くて、仕方がなかった。ウマルとの関係も良好だし、かなり相性もよさそう。2人の結婚生活が早く見たいな。読了日:12月15日 著者:森 薫
ジュディハピ!〈3〉ジュディハピ!〈3〉感想完結してるもんだと思って読んだので、こんな気になる所で止まってて愕然。加奈子に恋心を抱いてる人は、正気に戻る可能性がありそうだし、保健の先生と風紀副会長は、姫川の裏事情を知ってそうだし。続きは出るのかな…。読了日:12月16日 著者:田中 莎月
名探偵コナン 91 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 91 (少年サンデーコミックス)感想ここにきて、新キャラ…。若狭先生は、誰かの変装の可能性もありそう。FBIの誰かとか。もう一人は、ただの恋のライバルだったりして。読了日:12月16日 著者:青山 剛昌
王太子妃になんてなりたくない!! (メリッサ文庫)王太子妃になんてなりたくない!! (メリッサ文庫)感想王族と結婚したくないから、リディが取った方法は、とんでもないものだった…。結果的に、墓穴を掘っちゃったけれど。リディが王太子から逃げようとするたびに、王太子にがんじがらめにされてるのは気の毒というか。王太子フリードの執着もそうとうだし、逃げるのは無理そう。読了日:12月17日 著者:月神 サキ
ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)感想山口君、一瞬だけのコート入りだったけど、輝いてた。チームの誰が欠けても、烏野じゃなくなってしまいそう。3年が引退しなかったのも嬉しいけど、5年後10年後、後悔しないで…。読了日:12月18日 著者:古舘 春一
Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)感想異世界トリップものだけど、言葉に重点を置いているのに好感が持てた。主人公、言葉は通じるけれど、文字は全く読めない。その理由もきちんと説明されてたから、今後の伏線に繋がっていきそう。雫は普通の大学生だから、今後の成長が楽しみ。エリクは、ただ者じゃ無さそうだから、かなり化けそう…。読了日:12月19日 著者:古宮九時
暁のヨナ 22 (花とゆめコミックス)暁のヨナ 22 (花とゆめコミックス)感想スウォンの人柄が、よく分からなくなった…。人にも物にも執着がないくせに、国土は広げようとするの…?リリが、スウォンの意外な一面を見ることに期待しとく。新国の、姉妹の考えは両極端な気もする。いきなり開戦か、属国を選ぶ前に、交渉の席につけば?と、考えるのは、平和ボケしてるからかしら。読了日:12月20日 著者:草凪みずほ
桜の花の紅茶王子 8 (花とゆめCOMICS)桜の花の紅茶王子 8 (花とゆめCOMICS)感想そめこ久しぶり。結婚して子供が出来て、精神的にも大分成長したみたい。ハルカは変わらず…。健太、応援したいけど、あんなことしたらダメだろ。アッサムと奈子の事もあるから、サクラと吉乃にも可能性はあるかなぁ。読了日:12月21日 著者:山田南平
嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)感想初っぱなから千代が飛ばしてる。強引な推理(と言っていいのか)に振り回される耕吉は大変だ…。嘘の種類って、本当に色々。誰かを助ける為の嘘もあるんだと、教えてもらった。左右馬の義姉、澄子さん。凄く優しくて聡明で、人柄を知れば、彼女を好きになる人は多そう。篤嗣もそれで、彼女を娶ったのかな。読了日:12月22日 著者:都戸利津
町医者風尹の謎解き診療録 (富士見L文庫)町医者風尹の謎解き診療録 (富士見L文庫)感想登場人物が多くて、序盤は誰が誰だか把握するのに一苦労した。時代物だからなのか、すっきりしない終わり方にモヤモヤする。読了日:12月23日 著者:史間 あかし
異端審問ラボ 魔女の事件簿3 (講談社タイガ)異端審問ラボ 魔女の事件簿3 (講談社タイガ)感想千鳥、鶫、鳶の過去が明かされ、それが1~2巻の伏線に見事に繋がり、衝撃を受けた。古代の料理を再現して、失敗するだけの話じゃなかった!3巻で終わってしまいそうなまとまり方だったけど、続きが出て欲しい。真実を知ったからこそ、千鳥がどんな行動を取るのか知りたい。読了日:12月24日 著者:高里 椎奈
幻獣王の心臓 (講談社X文庫)幻獣王の心臓 (講談社X文庫)感想白虎の琥珀の心臓を、幼い頃に母に飲まされたことにより、妖に付け狙われるようになった颯介。本人は否定しそうだけど、琥珀とはいい相棒だと思うし、何より颯介が妖に好かれやすい体質なような(笑)妹の湊もいいキャラだし、何より母親が謎の多い人…。続きも気になる。読了日:12月25日 著者:氷川 一歩,沖 麻実也
ヲタクに恋は難しい (3)ヲタクに恋は難しい (3)感想成海と宏嵩のデートは、オタク言葉禁止のルールが笑えた。1回いくら入れてたんだろ。新キャラの光と、尚哉の恋の行方が気になる…。いつ、女性だって気がつくかな…。読了日:12月26日 著者:ふじた
黒執事(24) (Gファンタジーコミックス)黒執事(24) (Gファンタジーコミックス)感想助け出したリジーが、また戻る理由はなんだろう。シエルがスフィアミュージックホールへの対抗策に選んだ方法に、爆笑した。番外編も楽しかったけど、本編をもっと読みたかった…。読了日:12月27日 著者:枢 やな
うちの執事が言うことには 第5巻 (あすかコミックスDX)うちの執事が言うことには 第5巻 (あすかコミックスDX)感想赤目がどれだけ周到に、花頴に罠を張っていたのか明かされた今回。それ以上に真一郎の読みが凄すぎる。これで赤目の気がすんだとは思えないし、また何か仕掛けるんだろうなぁ。書き下ろしの小説は、衣更月がフットマンの頃の話。駒地とのぎくしゃくした関係が、事件を期に打ち解けたみたい。読了日:12月27日 著者:音中 さわき,佐原 ミズ
今更です! ! 2 (メリッサ)今更です! ! 2 (メリッサ)感想王太子妃選抜試験は、出来レースなのは分かっていたものの、てっきり王太子の敵を炙り出すために行われるのかとばかり。最大の敵は母親ですか…。カイリの言動が楽しくて、和んたけど、ぶっ壊れたあの人は、いただけない。読了日:12月28日 著者:しき
中国嫁日記 (六)中国嫁日記 (六)感想ブログを読んでいて、何となく予想はしていたけど、やっぱり…。自分も似た経験はしているので、誰もが体験することだけど、だからって辛いのは辛いよね。バオバオ君が産まれたからと、忘れられる事じゃないし、むしろ忘れたくないかな。読みながら泣いてしまった。読了日:12月28日 著者:井上 純一
ふたりエッチ 69 (ヤングアニマルコミックス)ふたりエッチ 69 (ヤングアニマルコミックス)感想アメリカのエッチは、かなりの力業みたい。これは出来る人は少なさそう…。みゆきちゃん、高校生の頃の恋心には決着をつけたけれど、再開してからのは、まだまだ時間がかかりそう。どこかでけじめをつけないと、好意を寄せる男性を、どんどん傷つけてしまうのに。読了日:12月29日 著者:克・亜樹
La・La(ララ) 2017年 02 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2017年 02 月号 [雑誌]感想「図書館戦争」本の内容にまでケチをつけたら、誰のための本なのか、それすら分からなくなるよね。本を狩る必要なんて、あるのかと問いたい。読了日:12月30日 著者:
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし感想北欧で暮らす、(仮)夫婦のリツとジーク。想像以上に過酷そうな生活だけど、二人が楽しそうに作業しているので、こちらまでほっこり。リツとジークの、ゆっくりと気持ちを育もうとする時間もまた、心地よかった。日々の暮らしがメインで、派手な事件は…他のカップル未満がやってくれたような気もするけど…、楽しかった。読了日:12月31日 著者:江本 マシメサ
読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2017_01_26  [ 編集 ]

<<1月読了本 (購入分・借り物) | BLOG TOP | 11月読了本(購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。