• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

4月読了本 (購入分・借り物)

  1. 2017/05/22(月) 11:31:52_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もうじき5月が終わっちゃいますね・・・。
GW辺りから風邪がすっきりしなくて、寝たり起きたりの生活だったので、
ブログまで手が回りませんでした。

そのうち、乙女ゲーの話とか、FGOの話とか、更新出来れば・・・。

4月の読書メーター
読んだ本の数:45
読んだページ数:8818
ナイス数:465

オーダーは探偵に コーヒーに溶けるセピア色の謎解き (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に コーヒーに溶けるセピア色の謎解き (メディアワークス文庫)感想
悠貴が過去に解決出来なかった事件が、再び彼に迫る今巻。今までにも、ちらほら話には上がってたけれと、ここまで重いとは思わなかった。過去と現代が交錯し、気になるところで終わってしまった…。次が出るまでに、読み直せたらいいな。
読了日:04月01日 著者:近江 泉美
カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)感想
小狼やエリオルは、さくらにカードを集めさせ、「なにか危険なこと」をやらせたいのかな。カード集めも危険が伴うから、小狼が憂い顔するのかしら。何か感づいたお兄さんも成り行きを見守ってるし、気になるなぁ。
読了日:04月02日 著者:CLAMP
ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり (角川ホラー文庫)感想
こよみとのデートが成功し、これで晴れてカップルになると思ったのに。何でそこで関係が後退するの‼これは周りはやきもきするわ。告白するのに、あとどれだけかかるんだか。依頼の方は、相変わらず人間の負の感情の強さ、身勝手さが浮き彫りになり、うんざりさせられた。加害者かと思われた人が、被害者だったのは本当に気の毒。
読了日:04月03日 著者:櫛木 理宇
乙女なでしこ恋手帖 字のない恋文 (ルルル文庫)乙女なでしこ恋手帖 字のない恋文 (ルルル文庫)感想
続きが出ててびっくりしたけれど、また読めて嬉しい。千鶴と要の、互いを思いやる気持ちが伝わってきて、ニヤニヤしっぱなしだった。糖度がどんどん上がってるなぁ。幹也と小夜の今後も気になるし、続きも楽しみ。
読了日:04月04日 著者:深山 くのえ
文豪ストレイドッグス (12) (角川コミックス・エース)文豪ストレイドッグス (12) (角川コミックス・エース)感想
乱歩と中也の戦いの行方が気になる。中也って、推理できるのかな…。マフィアと探偵、切っても切れない関係だけれど、それを繋ぐ要の夏目先生登場。能力はそれですか(笑)ここからまた、共闘して反撃にうつってもらいたい。
読了日:04月04日 著者:春河35
間違えた出会い (ノーチェ)間違えた出会い (ノーチェ)感想
世界観の説明が少なすぎ。他国から攻められる可能性がある割りには、危機感がまるでなく、主人公達がイチャイチャしてるだけな話だった。
読了日:04月04日 著者:文月 蓮
約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)感想
ママへの内通者が判明。内通者は、思惑があってやってた事も分かり、一方的には責められない。けど、発信器を取り外された子は、どうなったか想像すると…。シスターとママが、一枚岩じゃないとこに、脱出の糸口はあるのかな。全員で逃げるのを目標にすると、乳飲み子は確実に足手まといだよね。
読了日:04月05日 著者:出水 ぽすか
約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス)感想
外に出たら、ひたすら逃げる日々になりそう。それを踏まえてか、今は情報収集と頭脳戦がメインなのかな。出される情報に、こちらが振り回されてる…。ママのラスボス感が、半端ない。今までも、ママの手の内だったってことか。
読了日:04月06日 著者:出水 ぽすか
亜人(10) (アフタヌーンKC)亜人(10) (アフタヌーンKC)感想
物語は最終決戦へ。海斗や、佐藤にドラム缶に詰め込まれた亜人達が、参戦する可能性はあるのかしら。あと、今回出てきた「亜人のなりかけ」。今後、誰かが亜人になる伏線なのかな。
読了日:04月07日 著者:桜井 画門
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)感想
キャシーの回想録として、最初から最後まで、淡々と友人や保護官、先輩達とのやり取りで進んでいった物語。知らされているようで何も知らされてない。ただ、臼闇の中を黙々と歩いているような雰囲気の中、耳元で囁くように少しずつ事情が明かされ、また進む気分だった。話の終着点が分からないまま読み進めていたけれど、突然体が震えたのは、知らないうちに衝撃を受けたからなのかな。なんとも言えない読後感だった。
読了日:04月08日 著者:カズオ・イシグロ
La・La(ララ) 2017年 05 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2017年 05 月号 [雑誌]感想
「夏目友人帳」レイコさん、人の友人も居たのかしら。ただ、レイコさん自身が、深入りしないように線引きするんだろうなぁ。「赤髪の白雪姫」ミツヒデが来たから、もうじき戦いも決着がつきそう。戦闘シーン、上手いなとか、検討違いな感想抱いてた。「犬と紳士と謎々レシピ」このコンビ好きだなー。読みきりで終わらず、連載になったらいいな。
読了日:04月08日 著者:
教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 1 (星海社COMICS)教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 1 (星海社COMICS)感想
FGOの英霊について、詳しく勉強しよう。という漫画。持ってるサーバントは、簡単な説明は見れるけど、詳しいエピソードを知れるのは楽しかった。これは、ぜひ、英霊全員紹介してほしいな。
読了日:04月09日 著者:津留崎 優,森瀬 繚
レディローズは平民になりたい 2 (角川ビーンズ文庫)レディローズは平民になりたい 2 (角川ビーンズ文庫)感想
最終巻。さすがに種明かしの段階では「レベルを上げて物理(パン)で殴る」とはいかず、フィーも頭を悩ませてた。フィーの前世の兄が、同じ世界に転生してるのかと予想してたけど、外れた。居たら、彼女がパニックになって、何処かに逃げてしまいそうだけど。一部、腑に落ちない部分もあったけど、楽しかった。
読了日:04月10日 著者:こおりあめ
別冊花とゆめ 2017年 05 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2017年 05 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」ジョルジュが帰る日が迫ってるけど、帰ったらすぐに誰かが呼び出せばいいのに。…ダメか。人間になった紅茶の事は知らないのに、アッサムの母の事は、皆知ってるんだ。奈子は、どうやって知ったんだったかな。
読了日:04月10日 著者:
パラダイスパイレーツ 第1巻 (花とゆめCOMICS)パラダイスパイレーツ 第1巻 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】命の危険がある時、海に関係する人間なら助けてくれる、「海の楽園号」。不思議な船に助けられたパールは、お世話になったお嬢様を助けるため、船の船長に。ただ、前に船長になった人は、一月で砂粒になってしまったらしい。パールがずっと探しているお兄ちゃんや、船に助けられたイアン、イアンの友人ルイス等、訳ありっぽい面々も居て、今後の展開が楽しみ。
読了日:04月11日 著者:山口 美由紀
パラダイスパイレーツ 第2巻 (花とゆめCOMICS)パラダイスパイレーツ 第2巻 (花とゆめCOMICS)感想
行方不明のお兄ちゃんこと、コーラルはあっさり見つかったものの、パールへの執着が凄まじい。この感情は、海の魔法使いのもの?それともコーラルのもの?何か別の目的があって、ここまで執着してるのかな。イアンは、パールへの気持ちがバレバレ。他の仲間に冷やかされる日も近いと見た。
読了日:04月11日 著者:山口 美由紀
小暮写眞館(上) (講談社文庫)小暮写眞館(上) (講談社文庫)感想
父親の思いつきで、古民家の小暮写眞館へ引っ越した花菱一家。写真館は閉館しているけど、写真屋なんだからと何故か心霊写真が持ち込まれ、謎を解明する英一(通称花ちゃん)。過去の写真に、人の想いが新たに込められるなら、笑った顔がいいなぁ。英一の弟の光や、友人のテンコ、ミス垣本のその後の様子も気になるので、後半へ。
読了日:04月12日 著者:宮部 みゆき
パラダイス パイレーツ 3 (花とゆめCOMICS)パラダイス パイレーツ 3 (花とゆめCOMICS)感想
コーラルの憎んでるのが人魚だからといって、半分人魚のイアンに当たるのはどうかと…。イアンは、パールへの恋心に目覚め、周りの目も気にせずにぐいぐい行きそう。
読了日:04月12日 著者:山口美由紀
パラダイス パイレーツ 4 (花とゆめCOMICS)パラダイス パイレーツ 4 (花とゆめCOMICS)感想
根っからの悪人が出てこないから、憎めないんだよね。パールの砂粒化が進み、人魚に力を借りれば大丈夫か?
読了日:04月13日 著者:山口美由紀
巴マミの平凡な日常 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)巴マミの平凡な日常 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)感想
マミさん、そろそろ他の魔法少女達に、今の状況がばれるんじゃない?ばれたほうが、今後の展開は楽しそう。
読了日:04月14日 著者:原案:Magica Quartet,漫画:あらたまい
パラダイス パイレーツ 5 (花とゆめCOMICS)パラダイス パイレーツ 5 (花とゆめCOMICS)感想
最終巻。パールの砂粒化の魔法は解けたものの、別の問題が浮上したように見えたのだけど。解決するために、また海に行くかと思いきや、あっさりと終わってしまった感じ。
読了日:04月14日 著者:山口美由紀
名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 92 (少年サンデーコミックス)感想
赤井秀一、羽田秀吉、世良真澄の関係がやっと明らかになった。羽田秀吉のことは、すっかり忘れてた…。新たに加わった寿司屋の店員と、若狭先生の正体が分かるのはいつのことやら。白いサンダルのトリックは、スマホを使う時点で無理がありそう。
読了日:04月14日 著者:青山 剛昌
怪物ビスケット (花とゆめCOMICS)怪物ビスケット (花とゆめCOMICS)感想
赤子の時にミイラ男に拾われ、怪物の町で暮らす、人間のダリア。狼男のモルトと、吸血鬼のロゼッタと、行方不明になった父を探して人間の街へ。子供達の愛らしさと、兄貴の人のよさに惚れた。話も4コマも楽しかった。
読了日:04月15日 著者:野崎アユ
魔王の秘書(1) (アース・スターコミックス)魔王の秘書(1) (アース・スターコミックス)感想
魔王に拐われた某国の秘書が、魔王軍の福利厚生をきちんと作り、楽しく働ける職場に作り替えていってた…。第一話のタイトル、「世界は救われる。秘書を失えば。」が秀逸すぎる。勇者も、魔王軍の働きやすさを見学したら、簡単に寝返るんじゃない?
読了日:04月16日 著者:鴨鍋かもつ
三国恋戦記~江東の花嫁~ 2 (アヴァルスコミックス)三国恋戦記~江東の花嫁~ 2 (アヴァルスコミックス)感想
最終巻。仲謀ルートと公瑾ルートが上手く合わさった物語で、大満足だった。ラストは、どちらのファンにも納得してもらうため、なのかな。次は師匠ですか。それも楽しみだな。
読了日:04月16日 著者:Daisy2×あず真矢
小暮写眞館(下) (講談社文庫)小暮写眞館(下) (講談社文庫)感想
読み終わってしまった。花菱家が封印していた過去に、向き合う努力をしたからこその、清清しい結末。ピかや英一の両親の、癒えない心の傷が露になってた時は凄く苦しかったけれど。
読了日:04月17日 著者:宮部 みゆき
金田一少年の事件簿R(12) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿R(12) (講談社コミックス)感想
剣持警部が、金田一を離島の釣り大会に誘い、向かった聖恋島で殺人事件。剣持警部もさ、金田一と深雪を誘ったら、確実に誰か死ぬって分かってるだろうに…。犯人当ては次巻に持ち越し。いかにもな、怪しい動きをしてる人は犯人じゃないから、消去法でなんとか犯人分からないかな。
読了日:04月18日 著者:さとう ふみや
ランペリウスの吸血姫 (メリッサ文庫)ランペリウスの吸血姫 (メリッサ文庫)感想
神様のうっかりで死んでしまったアラサー女が、魔界の四大公爵家の一員として生まれ変わった。それも、4才児。両親、兄弟、叔父の魔王に愛されまくってるアンリだけど、特に兄弟のその行いはどうよ…。世界観の説明と、登場人物が出揃ったところで終わったかな。
読了日:04月19日 著者:浅井 咲希
ケーキ王子の名推理2 (新潮文庫nex)ケーキ王子の名推理2 (新潮文庫nex)感想
今回は、青山さんの過去がメインの話だった。婚約解消のきっかけになった出来事は、パティシエだったら許せないわなぁ。颯人と未羽の距離も、少しだけ縮まったかな。新しく出てきた悠希もいい子で、続きも楽しみ。
読了日:04月20日 著者:七月 隆文
勇者と我輩の無人島漂流記 (花とゆめCOMICS)勇者と我輩の無人島漂流記 (花とゆめCOMICS)感想
勇者と大魔王が無人島に漂着し、とりあえず休戦して共同生活を始める。魔王は水に濡れると女の子になるので、ラブコメでした。魔王の背景がかなり作り込んであったので、感情移入しやすかった。これは面白かった。
読了日:04月20日 著者:野崎アユ
兄友 5 (花とゆめCOMICS)兄友 5 (花とゆめCOMICS)感想
色々な感想が思い浮かんでたはずなのに、ラストで全て吹き飛んだ。まい、凄いな。
読了日:04月20日 著者:赤瓦もどむ
悪の女王の軌跡〈2〉 (レジーナ文庫)悪の女王の軌跡〈2〉 (レジーナ文庫)感想
最終巻。普通の大学生が、災害対策とかの知識あるか?と疑問だったけれど、蘇生術のカラクリを明かされて納得出来た。ただ、リオン以外の面々って、飼い殺し状態のような気がするんだけど…。いいのかそれで。
読了日:04月21日 著者:風見 くのえ
暁のヨナ 23巻 イラスト集つき限定版 (花とゆめコミックス)暁のヨナ 23巻 イラスト集つき限定版 (花とゆめコミックス)感想
真国と高華国の戦争を回避するため、スゥオンと交渉することになったヨナ。彼女がここまで国のことを背負う必要があるのかなぁ…。交渉次第では、四龍たちは殺されてしまうし。番外編は笑った。
読了日:04月21日 著者:草凪 みずほ
桜の花の紅茶王子 9 (花とゆめCOMICS)桜の花の紅茶王子 9 (花とゆめCOMICS)感想
番外編にはホロリとした。奈子も健太も、アールグレイはかけがえのない人だったんだな。忘れられたあっさむとの対比がまた…。
読了日:04月22日 著者:山田南平
朝が来る朝が来る感想
不妊治療を経験し、養子縁組もちらりと考えた事があるので、佐都子の行いにただただ凄いと圧倒されてた。もし、自分が養子縁組したら、周囲にきちんと話せるかしら。佐都子、ひかり、それぞれが、出口があるのか分からないトンネルをひたすら進んでるときは、読んでいても苦しかった。けれど、最後に朝が来た時には、泣けてしまった。
読了日:04月23日 著者:辻村 深月
猛獣性少年少女 1 (チャンピオンREDコミックス)猛獣性少年少女 1 (チャンピオンREDコミックス)感想
宇佐見君が、綾部に(文字通り)食べられる日は近そう。綾部や生徒会長の正体が、きちんと明かされるのか、そこだけが心配。
読了日:04月24日 著者:中田ゆみ
乙女は至宝の愛を知る~海神の花嫁~ (メリッサ)乙女は至宝の愛を知る~海神の花嫁~ (メリッサ)感想
あれ?続いちゃった。無理やり婚約者になろうとする男から逃れるため、祖父母の元へ避難したレオノーラ。死んだと思っていた実の父が生きてると知り、単身父を探しに旅に出るけれど、無謀すぎ。お目付け役のオズワルドと合流出来るまで、よく無事だったと思えるくらい、無謀すぎ。その後も、海賊に捕まったり、海軍の裏切りにあったりしたところで終了。続きも楽しみにしてます。
読了日:04月25日 著者:逢矢 沙希
思い出のとき修理します 4 (マーガレットコミックス)思い出のとき修理します 4 (マーガレットコミックス)感想
あかりにライバル現れる?でも、秀ちゃん、全然意識してないし、問題なさそう。あかりの養父、好い人だった。ギクシャクしてるような雰囲気だったけど、そんなことなかったなぁ。
読了日:04月26日 著者:山口 いづみ
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常感想
音大と美大を合わせもつ、「東京藝大」。妻が藝大に通う作者の、潜入ルポ。一つの事にとことん打ち込む彼らの姿は、普通の人には真似できなさそう。生協でガスマスクも扱ってるなら、他にどんな変わった物を扱ってるのかも気になる。藝大祭も楽しそう。
読了日:04月27日 著者:二宮 敦人
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみたおかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみた感想
あまりパッとしない室町時代(失礼)。でも、日本人の生活の源流が、室町時代に出来てきたのが良くわかった。でも、何で天皇を倒さなかったかは、今の日本人にもきっと答えは出せないはず。何でだろ。
読了日:04月28日 著者:もぐら
ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編 (角川文庫)ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編 (角川文庫)感想
ブラック・ジャックは、昔、友人に文庫を借りて随分読んだのだけど、まだまだ知らない話も多かったみたい。この本で、初めて読んだエピソードも多かった。三上さんの解説で、気がついてなかった仕掛けに気がつく事が出来たので、入門編として、最高でした。
読了日:04月28日 著者:手塚 治虫
別冊花とゆめ 2017年 06 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2017年 06 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」ジョルジュ…。最後に沢山大サービスしてたのは、ジョルジュの感謝の気持ちだよね。健太、すぐに呼び出せ(おい)。「嘘解きレトリック」史朗さんて、とことん掴み所が無くて、何がしたいのかさっぱり分からない。
読了日:04月28日 著者:
おくさまが生徒会長! (11) 特装版 (REXコミックス)おくさまが生徒会長! (11) 特装版 (REXコミックス)感想
三隅、やっと自覚したか。…遅かったね。
読了日:04月29日 著者:中田 ゆみ
ふたりエッチ 70 (ヤングアニマルコミックス)ふたりエッチ 70 (ヤングアニマルコミックス)感想
優良さんの、真の改造計画は、変わりっぷりに驚いた。普段もこれでいいんじゃない?2人はやっと(?)不妊治療へ。不妊治療をメインにすると、話が重くなりすぎるから、体外受精まではやらなさそう…。
読了日:04月29日 著者:克・亜樹
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)君の膵臓をたべたい (双葉文庫)感想
余命一年のやたらと明るい桜良と、孤独を好む主人公。色んな意味で真逆の2人の、ありふれた日常と非日常。最初、桜良があまり好きになれなかったものの、彼女の別の一面を見てからは好きになれた。予想と違う残酷な終わりかただったけど、それでも前を向いて進もうと思える読後感だった。
読了日:04月30日 著者:住野 よる

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2017_05_22  [ 編集 ]

<<5月読了本(購入分・借り物) | BLOG TOP | 3月読了本(購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。