FC2ブログ
  • 2018_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_09

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

9月読了本(購入分・借り物)

  1. 2017/10/25(水) 10:25:17_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
10月21日、ベヨ太の幼稚園の運動会の予定でしたが、台風の影響で一週間延期になりました。
また、今週末、台風が来る・・・かも・・・とか?
最悪、子供たちだけで運動会をやるのかなぁ。ベヨ太の踊る、おさるのさるさ見たいのに。
本人いわく、ずっと太鼓の達人の動きをしてるだけ、らしいですが・・・。

9月の読書メーター
読んだ本の数:65
読んだページ数:14152
ナイス数:751

櫻子さんの足下には死体が埋まっている ジュリエットの告白 (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている ジュリエットの告白 (角川文庫)感想
正太郎と兄と、櫻子さんを交えた3人の旅は、当初から雲行きが怪しく、無事に帰れるのか不安だった。まさかお兄さんに、花房の影が…?と、心配してたら杞憂だった。ただ、お兄さんとのふれあいで、正太郎がどれだけ櫻子さんの影響を受けてたかは浮き彫りになったかな。そして、いいちゃんと、百合子の行方が…。無事に解決してほしい。
読了日:09月01日 著者:太田 紫織
英雄伝説 空の軌跡 3 王都繚乱 (ファルコムBOOKS)英雄伝説 空の軌跡 3 王都繚乱 (ファルコムBOOKS)感想
空の軌跡FC終了。ゲームをクリアしたのが随分前なので、思い出しながら読了。SCも随分前にクリアしたので、小説で出てほしいな。
読了日:09月01日 著者:はせがわみやび
天明の月 2 破妖の剣 外伝 (コバルト文庫)天明の月 2 破妖の剣 外伝 (コバルト文庫)感想
緋陵姫達の、その後の話。まだ世界に残る穢禍を集め、死に近づく緋陵姫が残した約束等。次で番外編は終了らしいけど、随分前の番外編に出てきた、ラスの娘(だよね?)とかは出てくるのかな…。
読了日:09月02日 著者:前田 珠子
恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)感想
新キャラのオーギュストは、何しに来たんだと言いたくなる位、玲奈に付きっきりだった。この町、何か事件があるたびに、大丈夫かと心配になる。お寺の移動した意味とか、伏線も張られていたけど、これが明かされるのはまだ先か。
読了日:09月02日 著者:梨沙
星繋ぐ巫女のフォークロア ‐人狼×討伐のメソッドII‐ (MF文庫J)星繋ぐ巫女のフォークロア ‐人狼×討伐のメソッドII‐ (MF文庫J)感想
人狼は「悪」であり、討伐対象という認識しか無かった吉田射織。封鎖された神代村で出会った、アイカとのふれあいで、射織は考えを変えていく。一方で、村の人狼を討伐しようと躍起になる、別の討伐官も。2つの事件が複雑に絡み合い、人狼の考え方も様々だと教えられた。人狼もまた、時代の流れの被害者か…。共存を唱えるのは無理だろうけど、上手く住み分けが出来る日は来るのかな。
読了日:09月03日 著者:斜守 モル
悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)感想
元貴族令嬢で工場で働いていたアルベルタが、昔の勤め先の縁で執事をすることに。自分には大切にするものもないしと、本能の赴くままに行動する彼女だけど、家族から孤立してしまってるイザドラを気にかけたり、情に厚い部分も見られて好感が持てた。あと、伯爵家を引っ掻き回すのも、楽しかったな。次からは、恋の駆け引きなんかも出てきそうで、楽しみ。
読了日:09月04日 著者:江本 マシメサ
約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)感想
子供達、無事に脱獄したものの、鬼ごっこは続く。4歳以下の子は残していったのね。確かに、赤子は足手まといでしかないし。ただ、残された彼らも、仲間が迎えに来ると信じて待つという、戦いが始まる。からくりを知ったフィルは、重たい荷物を背負っちゃったね。逃走中も、追っ手はいるし、森の罠はあるしで息つく暇もない。体力の無い子がそろそろ脱落しそうだけど…。レイのその後も気になるし、続きが早く読みたい。
読了日:09月04日 著者:出水 ぽすか
悪辣執事のなげやり人生〈2〉 (レジーナブックス)悪辣執事のなげやり人生〈2〉 (レジーナブックス)感想
最終巻。気がついたら、コーデリアもイザドラも、アルベルタとヴィクターとの結婚に積極的になったのに、別の所から妨害が。連れ去られたアルベルタを救うために、元引きこもりのヴィクターが出向くけど、上手くいかず…。意外な人の手を借りたりして大団円に終わり、大満足。
読了日:09月05日 著者:江本 マシメサ
GOSICK RED (単行本)GOSICK RED (単行本)感想
新天地での、ヴィクトリカと一弥の生活は、波乱万丈のようで…。ギャングの依頼から、アメリカを混乱に巻き込むような事件に発展。今回の黒幕とは、今後何度もやりあうことになりそう。
読了日:09月05日 著者:桜庭 一樹
幻獣王の心臓 常闇を照らす光 (講談社X文庫)幻獣王の心臓 常闇を照らす光 (講談社X文庫)感想
最終巻。幻獣がひととおりシンガンを狙い、ここで一旦終わりみたい。前回、険悪な雰囲気だった蒼紫と朱莉と、共闘したりキャンプしてるのは、不思議な感じ…。まだ気になる部分もあるから、もし、新シリーズが出たら読みたい。
読了日:09月06日 著者:氷川 一歩,沖 麻実也
夏目友人帳 22巻 ニャンコ先生アクリルチャーム付き特装版 (花とゆめコミックス)夏目友人帳 22巻 ニャンコ先生アクリルチャーム付き特装版 (花とゆめコミックス)感想
夏目と、友人達の距離感がぐっと縮まったと、改めて気がついた巻だった。旅館を訪れる妖達にほっこり。実際に、人だけでなく妖にも好かれる旅館ってありそう。西村も、夜中に来たのが夏目以外の友人だったら、ついていったかどうか。的場さんは、相変わらず、掴み所が分からない…。
読了日:09月06日 著者:緑川 ゆき
ランペリウスの吸血姫3 追憶のファルス (メリッサ)ランペリウスの吸血姫3 追憶のファルス (メリッサ)感想
今回は、アンリの両親のなれそめ。ヨルンへの対応から予想は出来てたけど、パパさん腹黒でした。ママさんは、ラブロマンスだと思ってそうだけど、実際は…。
読了日:09月07日 著者:浅井 咲希
亜人(11) (アフタヌーンKC)亜人(11) (アフタヌーンKC)感想
圭と佐藤の、最後の戦いが始まる。相変わらず、佐藤は予想外の行動をするから、圭達は後手に回ってる。けど、田中が仲間になるのなら、起死回生の可能性は出てきたかな。
読了日:09月08日 著者:桜井 画門
変装令嬢と家出騎士 縁談が断れなくてツライです。 (コバルト文庫)変装令嬢と家出騎士 縁談が断れなくてツライです。 (コバルト文庫)感想
初読みの作家さんだったので、作者さんの言葉等はさっぱり分からなかったものの、読み終わってから、興味は出てきた。姉妹でも、お互い言いたいことを言わないと、変な方向に爆発するのね。また姉が、おかしな方向に突っ走るし…。
読了日:09月08日 著者:秋杜 フユ
Q.E.D.iff -証明終了-(5) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.iff -証明終了-(5) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
「イーブン」関係者3人の証言が、互いを貶めようとしていて気分が悪い。消失のトリックは予想通りだったけど、実際に騙されるものかなぁ。「不完全な密室」密室からの脱出は、無理があるような…。その分、犯人の執念が浮き彫りになった。
読了日:09月09日 著者:加藤 元浩
好感度が上がらない (Regina COMICS)好感度が上がらない (Regina COMICS)感想
小説のコミカライズ版。小説の雰囲気そのままだったので、今回はジルトに同情しつつ読了。その先もあれば、ぜひ読みたい。
読了日:09月09日 著者:かなん
Q.E.D.iff -証明終了-(6) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.iff -証明終了-(6) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
「地球に落ちてきたと言っている男」アメリカの貧困層の生活の実態、証人保護プログラムが、物語に深みを出してた。燈馬と、宇宙について語り合ってるのも面白かった。「急転」犯人の覚悟と生き様を、見せつけられた。
読了日:09月10日 著者:加藤 元浩
魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS)感想
チセがドラゴンの怒りを引き受けたために、呪われてしまった。このままじゃ、彼女は一年とたたずに死ぬと知った、エリアスの取った行動が、他の命でチセを生かそうとする。エリアスが、チセを大切にする気持ちは分かるけど、その方法が人間と全く違うから、衝突してしまうのね。エリアスの命を、半分分け与えるとかだったら、ここまで拗れなかっただろうに。
読了日:09月10日 著者:ヤマザキコレ
Q.E.D.iff -証明終了-(7) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.iff -証明終了-(7) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
「虹の彼方のラマヌジャン」ラビイ先生は、どうやってもハーディーになりたかったのか。ラマヌジャンの役を押し付けられた方は、プレッシャーだっただろうに。アルジャンは、今後も出てきて欲しい。「ある興行師」この人の生き様を、ドラマにしたら面白そう。ただ、体格とかでばれなかったのかな。
読了日:09月11日 著者:加藤 元浩
星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚 (講談社文庫)星空を願った狼の 薬屋探偵怪奇譚 (講談社文庫)感想
【再読】灯視さんが探している「シン・リー」が、秋の事じゃなければよいと、願ったけれど無駄だった。リベザルを苦しめた依頼と、長い間後悔していた良太への気持ちが、どちらも綺麗に解決したものの、秋への謎は深まるばかり。秋の友人達は、何か知ってそうだけど口は割らないだろうし。
読了日:09月11日 著者:高里 椎奈
愛してると言いなさい (レジーナブックス)愛してると言いなさい (レジーナブックス)感想
普段はOLで、週末は異世界で過ごす紅緒。でも、異世界での話しか無かったので、普段の生活状況はまるで分からず。異世界で、お世話している魔法使いの依頼で、女嫌いの王子様の恋愛指南役を引き受けたものの、こちらもなんだか雲行きが怪しい。というか、主人公もてまくり、本人鈍くて全く気がついて無いという、よくあるパターンなのでさらっと読了。魔法使いのリゼが、ヤンデレっぽいんだけど…。これが本命になるのかな。
読了日:09月12日 著者:安芸 とわこ
PersonA~オペラ座の怪人~ (ミッシィコミックス YLC DX Collection)PersonA~オペラ座の怪人~ (ミッシィコミックス YLC DX Collection)感想
ゲーム未プレイ。ファントムルートの話だけど、一冊にまとめるためか、大分はしょってあるようだった。クリスティーヌが老婆(ファントムの母親?)に襲われた理由とか、ファントムの幼少期についてとか。機会があれば、ゲームもやってみたい。
読了日:09月12日 著者:八月ヤコ
L DK(1) (講談社コミックス別冊フレンド)L DK(1) (講談社コミックス別冊フレンド)感想
学校の王子が、主人公の葵のアパートの隣の部屋に引っ越してきて、さらには葵の失敗で彼の部屋を水浸しにしてしまい、同棲することに。柊聖を好きだと言ってた、葵の友人がけっこういい性格してた…。内気そうなのにさばさばしてて、どっちが地なんだろ。
読了日:09月12日 著者:渡辺 あゆ
倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)感想
叔父に両親を殺された兄妹が、素性を隠して貸し本屋を営んでいる。兄のアルフレッドの学友も交え、お店に来た人の悩み等を謎解きしていく。若草物語やシャーロックホームズ等、馴染み深い作品を謎に絡めてあるのも面白かった。「新アラビア物語」は、読んだ事がないので読んでみたい。自殺クラブの関係者は、また出てきそう。
読了日:09月13日 著者:久賀 理世
ライアー×ライアー(10) (KC デザート)ライアー×ライアー(10) (KC デザート)感想
最終巻。湊と透の両親も、あっさり2人の関係を認め、結婚。周りの人達の祝福も受け、大団円。ずっと楽しみにしてた漫画が終わって淋しいけど、大満足。烏丸君、幸せになって…。
読了日:09月13日 著者:金田一 蓮十郎
カードキャプターさくら クリアカード編(3) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(3) (KCデラックス なかよし)感想
秋穂ちゃんと海渡さんが、元エリオル君の家に住んでるのは、偶然なのかな。秋穂ちゃんが持ってる本の内容も気になるなぁ。さくらちゃんと小狼君のデートシーンはニヤニヤしちゃった。
読了日:09月13日 著者:CLAMP
倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢 (集英社オレンジ文庫)倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢 (集英社オレンジ文庫)感想
日常に潜む謎解き2編から、ロンドンを騒がせる殺人事件へと流れ込む。サラとアルフレッドの今の状況は、一巻でぼんやりと考えていた以上に緊迫したものだった。人を操り、殺人事件を起こさせてまで、アルフレッドを誘き寄せたいグリフォンは、叔父なのか、別の誰かなのか。兄妹の歪な関係も明かされたけど、そこに絡む親族の誰かなのかしら。
読了日:09月14日 著者:久賀 理世
ふたりエッチ 71 (ヤングアニマルコミックス)ふたりエッチ 71 (ヤングアニマルコミックス)感想
桜子ちゃんと野間君の、恋愛模様が気になる。みゆきちゃんは、前に進んでるんだか進んでないんだか。
読了日:09月14日 著者:克・亜樹
二度目まして異世界 (レジーナブックス)二度目まして異世界 (レジーナブックス)感想
魔王を倒す勇者召喚に、巻き込まれた千紗。召喚先の異世界は、前世で魔王の娘として暮らしていた世界だった。勇者として召喚された、クラスメイトの直人と魔王を倒すのか、魔王の元に戻るのか、が一番の見所だった。呼び出した王様も皇子も、人間失格な人達だったしなぁ。そして、千紗の前世で友人だった、ホブゴブリンのゴブの、振り回されっぷりに合掌。彼が一番の苦労人かもしれない。面白かった。
読了日:09月14日 著者:かなん
L DK(2) (講談社コミックス別冊フレンド)L DK(2) (講談社コミックス別冊フレンド)感想
お姉さんも後輩も変態で、感情移入しにくい。むしろつっこみしかない。アパートの壁、あんなに簡単に壊れたらダメでしょ。続きはどうしよう…。
読了日:09月15日 著者:渡辺 あゆ
懐かしファミコン物語 2 そして伝説に・・・ (SGコミックス)懐かしファミコン物語 2 そして伝説に・・・ (SGコミックス)感想
懐かしいファミコンソフトの、思い出話の第二段。ドラクエ3は、途中でセーブデータが消えて、弟が遊んでるのを横で見てたな~。
読了日:09月15日 著者:アンソロジー
金田一少年の事件簿R(13) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿R(13) (講談社コミックス)感想
「聖恋島殺人事件」大体、犯人のターゲットの残り1人が殺される前に、一が犯人を捕まえるのに、今回は全員死亡。それだけの事をやってるから、自業自得だけど。「金田一一二三誘拐殺人事件」新撰組に、新見錦って居たっけ?と、思わずググった。他に、もっと有名な人いなかったか?これが、謎を解く手がかりだったら笑うよ。
読了日:09月15日 著者:さとう ふみや
コハルノオト(4)(プリンセス・コミックス)コハルノオト(4)(プリンセス・コミックス)感想
小春と南方が良い雰囲気になってきたのに、南方が怪我したのは自分のせいだと思い詰める小春。貴女のせいじゃないでしょー。誰か、大声で言ってあげてよ。小春の過去も明かされたけど、家族同然に育てられても、たまに与えられたトゲが、いつまでも残ってるじゃないか。頑張れ南方。
読了日:09月15日 著者:藤田 麻貴
Fate/Grand Order コミックアラカルトVI (角川コミックス・エース)Fate/Grand Order コミックアラカルトVI (角川コミックス・エース)感想
表紙につられて。マーリンモフモフ。キャメロット殺人事件と、恋のカルデア騒ぎが楽しかった。
読了日:09月16日 著者:
悲嘆の門(上)悲嘆の門(上)感想
遺体の一分を切り取る、殺人事件が起きる一方で、ホームレスが行方不明になる事件も。一見繋がりのない事件だけれど、孝太郎は両方の事件に巻き込まれてしまう。そして、ミステリーだと思って読み出したら、ファンタジーだった。それでも、最近のネット事情を絡めてあるので、日常に異端が絡んできてるような雰囲気といった感じかな。宮部みゆきさんだから、きちんと犯人は用意してあると信じたい。
読了日:09月17日 著者:宮部 みゆき
悲嘆の門(下)悲嘆の門(下)感想
正義を武器に、殺人犯を次々抹消してしまう孝太郎。ガラの力を借りてるとはいえ、孝太郎自身がその力に酔っているような。都築ら、状況を分かってる人間がどれだけ止めても聞かないし。そのせいで最悪の最期を迎え、自身もとんでもない状況に追い込まれる。時間が巻き戻ったのは、ガラの最後の贖罪だったのかなって気もする。孝太郎は、もっと巻き戻して欲しかったようだけど。今回の経験と出逢いが、その後の孝太郎の人生に良い影響を与えてくれますように。
読了日:09月18日 著者:宮部 みゆき
魔女は甦る (幻冬舎文庫)魔女は甦る (幻冬舎文庫)感想
事件の内容もだけど、それ以上に主人公の槇畑を初め、被害者の桐生隆、宮篠の過去が壮絶で気分が滅入った。特に宮篠の妹の話は、フィクションのはずなのに実際の事件のように感じて、いつまでも頭に残って憂うつになる。事件の真相が明らかになり、犯人を追い詰める(?)場面は、ミステリーというよりパニック映画のようだった。槇畑刑事に、救いはあるのかしら。
読了日:09月19日 著者:中山 七里
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 (ジャンプコミックス)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 (ジャンプコミックス)感想
アニメは見てなくて、話が気になり漫画を読んでみた。めんまの願いはまだ分からないけれど、変わってしまった仲間が、また前みたいに交流して欲しいと思ったのかな。じんたんにしか姿が見えず、声も届かないめんま。一番歯がゆい思いをしてるのは、めんまなのかな。自分が死んで、バラバラになった家族に、何も出来なくて悲しそうだったし。
読了日:09月19日 著者:超平和バスターズ
臨時受付嬢の恋愛事情〈2〉 (エタニティ文庫)臨時受付嬢の恋愛事情〈2〉 (エタニティ文庫)感想
結婚へと向かう雪乃と和司に、トラブルを仕掛けようとして、晴輝を登場させたとしか思えない。身内からは敵を作りたくない。だから、和司の親友(?)からといった感じ。ストーリーにスパイスとしての効果はあまり無くて、1巻ほど楽しめなかった。
読了日:09月19日 著者:永久 めぐる
トカゲなわたし (レジーナブックス)トカゲなわたし (レジーナブックス)感想
大学生だった主人公が、転生したら絶世の美女(ただしトカゲ人間)に生まれ変わってた。下手に前世の記憶があるので、どんなにイケメン(トカゲ人間)に言い寄られても逃げまくり。二足歩行のトカゲに迫られたら、恐怖心しかわかないよね。王子等に迫られる中、助けた人間の男の子に連れられ、今度は人間しか居ない異世界へ。人間に会えてホッとしつつも、怖がる相手に「二足歩行のトカゲなんて怖いですよね」とか、他人事のように話すノエリアに爆笑。マイペースというか、なんというか。
読了日:09月20日 著者:かなん
ここにおかえり。 (カルト・コミックス sweetセレクション)ここにおかえり。 (カルト・コミックス sweetセレクション)感想
ちょっと変わった趣味の、男性との恋愛を描いた5作。本人が楽しいなら、それが一番だと思う私はオタクです。男勝りな女の子と、好きな気持ちが分かってもらえず、噛みついちゃう女の子の話が好き。
読了日:09月20日 著者:千川 なつみ
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2 (ジャンプコミックス)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2 (ジャンプコミックス)感想
めんまの願いはまだ分からないけど、昔の仲間が傷ついて、身動き取れなくなってるのは、嫌だってことは分かる。けど、自分のことは…?子供を亡くした親が、死んだ子にかかりきりになるのはテレビでも見たけど、生きてる子供はたまらないよね。
読了日:09月20日 著者:泉 光
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 (ジャンプコミックス)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 (ジャンプコミックス)感想
最終巻。壊れてしまった関係は修復出来たし、めんまの願いも叶った。けど、めんまが消えてしまうのは悲しい。ラストに、何に生まれ変わったかだけ、こっそり教えてくれたらいいのに。泣けた。
読了日:09月20日 著者:超平和バスターズ
ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)感想
法医学教室を舞台にした、連作短編5編。事故死に見えた遺体を解剖したら、事件の真相が見えてきたという展開が多く、実際に事件性のあるものも、事故として処理されてるものも多そう。病死した遺体も、解剖することで今後の医療の発展に繋がるのかと、単純に考えたりしてたな。小手川さん、成長したね…。続きも機会があれば読みたい。
読了日:09月21日 著者:中山七里
兄友 6 (花とゆめCOMICS)兄友 6 (花とゆめCOMICS)感想
今回、滅茶苦茶秋に共感してしまった。新規ユーザーが優遇され過ぎとか、分かる(苦笑)同じようなイベントがFGOであったら、同じように暴走する予感しかない。
読了日:09月21日 著者:赤瓦もどむ
贄姫と獣の王 5 (花とゆめCOMICS)贄姫と獣の王 5 (花とゆめCOMICS)感想
王様と、宰相さんの子供時代の話が可愛かった。宰相さん、この調子なら、サリフィを認める日も近そう。法官さんのほうが、どこか胡散臭い。
読了日:09月21日 著者:友藤結
放課後、君はさくらのなかで (集英社オレンジ文庫)放課後、君はさくらのなかで (集英社オレンジ文庫)感想
帰宅途中、交通事故で死んでしまったOLの一ノ瀬桜。気がついたら、女子高生の円城咲良として生活していた。咲良の置かれている状況を改善し、自分は成仏するんだと、意気込む桜。元同級生、今は担任の鹿山も巻き込み、あれこれ試すけど、付き合わされる鹿山の気持ちを考えると、気の毒というかなんというか。ラストは予想外の展開で、咲良は納得したようだけど、これで良かったのかな…。とりあえず、受験頑張れ。
読了日:09月22日 著者:竹岡 葉月
沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり (メディアワークス文庫)沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり (メディアワークス文庫)感想
友人宅から帰る途中、電話ボックスで幽霊にとりつかれた雪穂。「見えるだけ」の沢木を頼り、なんとか幽霊を成仏させようとする。短編4編のうち、何も解決せず怖いまま終わってしまうものもあったけれど、あれは今後の伏線だったりしないよね?「霊に魂の不在を説く」と「ある天使たちの思い出に」がしんみりとして良かった。
読了日:09月22日 著者:寺本 耕也
聖☆おにいさん(14) (モーニング KC)聖☆おにいさん(14) (モーニング KC)感想
ロキの子供たち、好い人すぎる。ヨルムガンドのゴジラ、可愛かった。断捨離は、天界に帰るときにするんだろうか…。
読了日:09月22日 著者:中村 光
フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)感想
彩葉の母親の、育児放棄と言葉の虐待が酷すぎる。あれだけ頭ごなしに否定されたら、自分は価値のない人間だと洗脳されちゃうわ。次で終わりみたいだけど、彩葉の父親とか登場するんだろうか。実は草摩の人間です、とか。
読了日:09月22日 著者:高屋奈月
天然石ねこまち堂は坂の上 (メディアワークス文庫)天然石ねこまち堂は坂の上 (メディアワークス文庫)感想
スポーツ推薦をきっかけに、亡き祖父の家に下宿することになった鈴。その家に住んでいた叔父の瑠璃は、超がつくほどの偏屈屋。瑠璃が経営する、天然石を扱う「ねこまち堂」に訪れる、お客さんの悩みを解消しながら、鈴と瑠璃の交流を描く…のかな?とにかく、天然石の説明が足りない気がする。石に込められた意味は語られるんだけど、加工されてないからか、いろんな意味で扱いが雑な気がする。さらっと読めたけど、それだけのような。
読了日:09月24日 著者:水沢 あきと
英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)感想
男装して新聞記者として働くセシル。突然、職場のパートナーとなる絵師のジュリアンが現れ、マザーグースをベースとした事件の解明に奔走することに。2つの事件はほのぼのとしたもの、残りは陰謀渦巻くものだった。セシルの兄が、交友関係が広いこともあり、協力者も多く、無事に解決したけれど、今後もこのパターンでいくのかな。あと、セシルはいつ、ジュリアンの正体に気づくことやら。一番のタヌキは編集長に違いない。
読了日:09月24日 著者:久賀 理世
東方ウィッチクラフト―垣根の上の人 (コバルト文庫)東方ウィッチクラフト―垣根の上の人 (コバルト文庫)感想
【再読】平凡を絵に書いた生活を送る、観凪一子。隣の高校の男子生徒に憧れ、覗き見する毎日だった。ある日、彼が犬に襲われている所を助けたら…。このシリーズ、何度も読みかえしてる気がする。一子の憧れの柾季の、天上天下唯我独尊な性格と、振り回されっぱなしな一子を見てるのが楽しいからかしら。やってることは、魔法を駆使した悪者退治だし。
読了日:09月25日 著者:竹岡 葉月
Landreaall 30巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)Landreaall 30巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)感想
これは、DXに希望が残ってると思っていいのかしら。最初の立ち回りは最悪で、イオンはもっとぼこしてもいいのにとか、考えたけどさ。
読了日:09月25日 著者:おがき ちか
英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)感想
今回扱う事件は、怪盗ブラックバード。貴族からしか盗まないので、義賊なのかと思ったけど、そうでもなかった。新聞広告の、謎の言葉のやり取りから始まる事件は、面白かった。ただ、セシルの変装、関係者にバレまくってるけど…。もうジュリアンにも話しても問題無いんじゃない?
読了日:09月25日 著者:久賀 理世
HIDE AND SEEK 1 (BUNCH COMICS)HIDE AND SEEK 1 (BUNCH COMICS)感想
町で時計屋を営むハイド。ハイドをつけ回すフランク。ハイドの幼馴染みの警官マーティン。町の住人を脅かす、青目狩り事件。話がまだ序盤なので、事件がどう動くのか楽しみ。ハイドとフランクにも、大きな秘密がありそうだし。
読了日:09月26日 著者:榊 カルラ
Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)感想
アニメを見てなかったので、前の巻の内容を思い出すのにかなり苦労した。井の頭池で死んだ人、全員が全員、悠太みたいに存在してたりするのかな。時間制限も言われているけど、まだ謎だらけ。
読了日:09月26日 著者:志倉千代丸
東方ウィッチクラフト―螺旋舞踏 (コバルト文庫)東方ウィッチクラフト―螺旋舞踏 (コバルト文庫)感想
【再読】一子、柾季に振り回されっぱなし。悪者退治を手伝う代わりに、勉強教えてもらえばいいのに…。今回登場の倉田玲奈は、初めて読んだ時から好きなキャラ。自分の立ち位置を自覚してからの、自分を変えようとする行動力は惚れ惚れした。円堂大和は…、会社の上層部に置いといて大丈夫か?
読了日:09月27日 著者:竹岡 葉月
La・La(ララ) 2017年 11 月号La・La(ララ) 2017年 11 月号感想
「図書館戦争」郁と堂上教官の、新婚生活。互いに互いを大切にしてるのが伝わってくるから、ニヤニヤが止まらない。「夏目友人帳」田沼の台詞で、夏目には、普通に接してくれる存在も必要なんだと気がついた。問題の絵は、意外な方法で浄化されていた。先輩との縁も出来たし、良いことづくしかな。
読了日:09月27日 著者:
英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)感想
殺人床屋スウィニー・トッドを絡めた、三匹の猫の柄の、パイのお店の微笑ましい謎解きと、胡散臭い降霊術の話。セシルの父親の事件にも絡む組織の人間も現れ、不穏な空気を孕んだまま終わってしまった。
読了日:09月28日 著者:久賀 理世
英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)感想
警察と労働者の間で緊張が高まる中、一発の銃弾のせいでパニック状態に。この状況を、クリストファーは楽しんでいたのか。あと、セシルが男装して新聞社で働いていることは、ジュリアンは知っているので、読者と同じ立ち位置だと思っていたら、ジュリアン自身にもとんでもない秘密があった…。アッシュフォード家の周りって、実は敵だらけだったの!?
読了日:09月28日 著者:久賀 理世
東方ウィッチクラフト―願え箒の星に (コバルト文庫)東方ウィッチクラフト―願え箒の星に (コバルト文庫)感想
【再読】今回は、一子の殺人未遂疑惑の解明と平行して、学園内の宝探し。実際に、こんな地下道がある高校があるかは別にして、楽しそう。…大量のネズミさえ出なければ…。
読了日:09月29日 著者:竹岡 葉月
Spotted Flower 3Spotted Flower 3感想
現視研メンバーが、これでほぼ出揃った?斑目のへたれが、未だに健在か…。結婚して、子供も出来たのに、元カレ気にするか?!
読了日:09月29日 著者:木尾士目
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)感想
セシルとジュリアンが決別したあとも、クリストファーによって、秘密裏に進められる国家転覆の企み。全てが明るみになった時には、セシルの力だけじゃどうにもならない事態になっていた。そろそろ、隠れてる父親か戻ってきてもいいんじゃないの?ジュリアンも頑張ってるけど、流石に限界が出てきてるし。あとがきのドイツ皇帝に関する事はまるで知らないので、どうなるのか予想がつかない。
読了日:09月30日 著者:久賀 理世
師匠シリーズ~四つの顔~ 6 (ヤングキングコミックス)師匠シリーズ~四つの顔~ 6 (ヤングキングコミックス)感想
毎回、怖いしか感想が出てこない…。夜中の海に隠されたナニかを、探したくない。すまきの話の歩くさん、途中で話し方に違和感を感じたのは、錯覚じゃなかったのかな。四つの顔、どんな風に見えるのか、見たいような見たくないような。
読了日:09月30日 著者:ウニ

読書メーター



blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2017_10_25  [ 編集 ]

<<10月読了本 | BLOG TOP | 8月読了本・漫画(購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。