FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


2月読了本 (購入分・借り物)

  1. 2018/03/31(土) 20:45:49_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
更新したつもりでいました・・・。3月終わるよ!

2月の読書メーター
読んだ本の数:44
読んだページ数:9684
ナイス数:712

勇者様にいきなり求婚されたのですが (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが (レジーナブックス)感想
魔王を倒し、拐われた姫を助けた勇者が求婚した相手は、姫付きのメイド。モブの自覚がある主人公のメイドAならぬアーリアだけど、勇者の事を知れば知るほど、ヤバイのに惚れられたね…と、同情を隠せない。外堀をどんどん埋められてるけど、最後の砦を守りきれるか見守りたい。
読了日:02月01日 著者:富樫 聖夜
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈2〉 (レジーナブックス)感想
婚約は断ったものの、勇者としてでなく、グリードとして見るようになり、アーリアの気持ちも少し揺らいできたかな。両親の事とか、彼を取り巻く環境とか、決して幸せな子供時代では無かったし。巻末の番外編は、どちらもほっこりした。
読了日:02月01日 著者:富樫 聖夜
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈3〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈3〉 (レジーナブックス)感想
世界の仕組みを明かされ、世界を滅ぼすか尋ねられたアーリア。彼女の返答は笑えたものの、そんな大きな事、生活にいっぱいいっぱいの人間にはどうでもいいよね。悪役令嬢や姫の登場で、やっと自分の気持ちに気がついたアーリアだけど、そこで大きな横槍が。アーリアよりも、勇者の方が大丈夫か?
読了日:02月02日 著者:富樫 聖夜
ヲタクに恋は難しい (5)ヲタクに恋は難しい (5)感想
宏高、頑張ってるなぁ。あと、尚哉と光くん、仲直り出来て良かった。これから少しずつ、進展するかな。コミケのコスプレは、写真撮りに行きたい!写真撮りたい!
読了日:02月02日 著者:ふじた
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈4〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈4〉 (レジーナブックス)感想
魔族と人間にとっての、最高の終わり方。アーリアの両親も登場したけど、勇者以上に変人で面白い人だったな。まだ、明かされてないエピソードなんかもあるので、続きも楽しみ。
読了日:02月02日 著者:富樫 聖夜
勇者様にいきなり求婚されたのですが 番外編 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが 番外編 (レジーナブックス)感想
アーリアとグリードの結婚式の様子や、前に出てきた過去へと勇者が移動する話、二人の子孫のアリーとヴェルデの出合い等。本編で知りたかった話が上手く補完されて、大満足。
読了日:02月03日 著者:富樫 聖夜
中国工場の琴音ちゃん (2)中国工場の琴音ちゃん (2)感想
フィギュアメーカーの裏事情が明かされる度に、好きなフィギュアメーカーが大丈夫か心配になった。確かに再販あるし、日本に工場作ってたし…。
読了日:02月04日 著者:井上 純一
でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)感想
最終巻。苦手なBL漫画を書き続けて、単行本も出て、順風満帆とは決して言えないけど、頑張り続けるかおる。表彰式での祝辞で、ポロリと隠し事をばらしてしまったけど、連載続けられて良かったね。本人の描きたいジャンルでは無いけど、中堅辺りになったらひょっとして…?面白かった。
読了日:02月04日 著者:ゆうき まさみ
侯爵様と女中 (アイリスNEO)侯爵様と女中 (アイリスNEO)感想
婚約を一方的に解消され、元婚約者のライバルに当たる人物の家で女中を始めた、男爵令嬢のエステル。エステルが不穏な動きをしてると教えられたとき、婚約者のカイルはまだともかく、父親が独自に調べなかったのが不思議で仕方がない。お金に余裕がないから?それでも、やり方はあると思うんだけどなぁ。それ以外は、へたれなのか策士なのか謎なセシルに、けっこうやられた感じかな。
読了日:02月05日 著者:えんとつ そーじ
魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)魔王城でおやすみ 5 (少年サンデーコミックス)感想
姫の勇者の認識が、アなんとか君…。幼馴染みたいだけど、姫は魔王城に居る方が幸せそう。色々やりほうだいだし。もう今さら、元の生活には戻れないんじゃない?
読了日:02月05日 著者:熊之股 鍵次
漆黒鴉学園漆黒鴉学園感想
乙女ゲーの世界に転生した、音恋。高校生活の中で、ゲーム世界だと気がついたものの、平穏を望んで特になにもせず。友人でヒロインの桜子の恋の手伝いをするつもりが、知らないうちに音恋にフラグが立ってるみたい。まだ、顔合わせの段階かな。
読了日:02月06日 著者:望月 べに
猛獣性少年少女 2 (チャンピオンREDコミックス)猛獣性少年少女 2 (チャンピオンREDコミックス)感想
肉食獣の特性を持った人間、希少と言うわりには、多くない?学園内に3人。まだ増えそうだし。
読了日:02月06日 著者:中田ゆみ
漆黒鴉学園〈2〉漆黒鴉学園〈2〉感想
この世界のからくりを知っている人物が、明かされる。前巻から匂わせてはいたけど、神様のパシリとか。しかし神様も、厄介な状況に音恋を追い込んだもんだ。
読了日:02月07日 著者:望月 べに
紀伊半島 海町ごはん (芳文社コミックス MNシリーズ)紀伊半島 海町ごはん (芳文社コミックス MNシリーズ)感想
東紀州の隠れた名店、食材を紹介、というよりは、ひたすら食べるエッセイ。おかずの店祐実、行きたいなー。
読了日:02月07日 著者:元町夏央
漆黒鴉学園〈3〉漆黒鴉学園〈3〉感想
黒巣の心情を知ったからか、応援したくなった。純血吸血鬼は、音恋の逆鱗に触れたから、もう見込みは無さそう。新たな敵も登場しそうだし、更に学園内は荒れそう。
読了日:02月08日 著者:望月 べに
漆黒鴉学園〈4〉漆黒鴉学園〈4〉感想
音恋の(自称)婚約者登場。母親が、旅先で出会った人を、突然娘の婚約者に仕立てあげるので、どんな親だよ!と思ってたら…意外なからくりが。ハンターが追ってる、最強の吸血鬼じゃ太刀打ち出来ないわ。拐われた音恋を、全員で助けに行く展開は良かった。これでもう、音恋も自分は脇役だとは言えないでしょ。
読了日:02月09日 著者:望月 べに
Q.E.D.iff -証明終了-(8) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.iff -証明終了-(8) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
「海辺の目撃者」珍しく、登場人物の目線で話が進んだので、なんでだろうと思ってたら、意外なからくりがあった。彼自身の気持ちも、読者に伝えたかったのね。しかし、遺体の隠し場所はえげつない…。「白いカラス」燈馬と可奈が、喧嘩することさえトリックに含まれていたとは。
読了日:02月09日 著者:加藤 元浩
漆黒鴉学園〈5〉漆黒鴉学園〈5〉感想
事件が一段落し、音恋が楽しみにしていた夏休みイベント。その裏で、更なる事件が起きそうな雰囲気がぷんぷんしてる。神様が、音恋の死亡フラグを回避するために、暗躍してるんだもんなあ。
読了日:02月09日 著者:望月 べに
漆黒鴉学園〈6〉漆黒鴉学園〈6〉感想
眠らせてる吸血鬼を探しに来た、リュシアン。音恋の恋愛模様を引っ掻き回したり、くっつけようとしたり、目的がまるで分からず。純血主の吸血鬼を狙うハンターも、再度学園に現れ、緊張感が増してるはずなんだけど、学園祭で肩の力が抜けた。音恋もやっと恋心を自覚し、想い人と両思いになれたっぽい。けど、問題はまだ解決してないよね…。
読了日:02月10日 著者:望月 べに
バガボンド(28)(モーニングKC)バガボンド(28)(モーニングKC)感想
70人切りの代償は、大きすぎた。武蔵が殺しあいの螺旋から降りるのか、動かぬ体で戦い続けるのか。もし、吉岡一門の、殺された男達の子供が、武蔵に復讐をしにきたら、彼は抵抗出来るのか…。又八は、自分を変える最後のチャンスにも見えた。ここで変わらなきゃ、最後までクズで終わってしまいそう。
読了日:02月11日 著者:井上 雄彦
漆黒鴉学園〈7〉漆黒鴉学園〈7〉感想
最終巻。皆が幸せになる、大団円なラストだった。自分の悩みが吹っ切れ自由すぎる吸血鬼達2人を、野放しにしていいのか、それだけは不安が残ったりするけど。まあ、音恋が上手く手綱を握るのでしょう。
読了日:02月12日 著者:望月 べに
サイレンスサイレンス感想
田舎から東京へ出た深雪が、婚約者を連れて地元へ戻ってくる。田舎特有の、親戚つき合いの様子にうんざりし、最後には怖ってなった。都会の人間で、雪之島に馴染める人だったら、結末は変わったのかしら。
読了日:02月13日 著者:秋吉 理香子
侯爵様と女中2 (アイリスNEO)侯爵様と女中2 (アイリスNEO)感想
前作の主犯である幼馴染の罪を軽くする。もしくは、エステルをもう一度手に入れたいカイルが、王弟とその娘のユーフェミアを罠に嵌めるための繋ぎの話だったのかな。もし次が出るなら、かなり大きく話が動きそう。
読了日:02月14日 著者:えんとつ そーじ
HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)感想
暗黒大陸に向かってることすら、忘れそうになる王位継承権争い。登場人物は多いし、思惑はそれぞれ違うから、関係者相関図が欲しい…。
読了日:02月15日 著者:冨樫 義博
乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)感想
カルルクの猟の練習。いつか、アミルと一緒に猟に出るのかしら。そんな場面を早く見たい。スミスさん、目的地に着いたら、ある女性と再会。良かったね!でも、スミスさん、来た道を引き返すって言ってるし、タラスさんも連れてくのかしら。戦争もどうなるか分からないのに。
読了日:02月15日 著者:森 薫
海賊王と魔法少女 (ジュエルブックス)海賊王と魔法少女 (ジュエルブックス)感想
魔法が使える人間が貴族な世界の、エリザベス女王が治めるイングランド。海賊王のジャドを、エリザベス女王の後継に据えるために、使者として駆り出されたダナエ。海賊船が襲撃にあったり、ダナエが命の危機にあったりするのだけど、印象に残ってるのが、2人が仲良く魔法の練習をしてるとこ…。もう少し、戦闘シーンとか多くてもよかったかな。
読了日:02月16日 著者:花衣沙久羅
三国恋戦記~とこしえの華墨~ 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)三国恋戦記~とこしえの華墨~ 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)感想
孔明ルート。花が本の力で過去に飛ばされた時、玄徳が一緒についてきたっけ…?彼が居なければ、賊に捕まってた可能性が高いから、居た方がいいけど。三国恋戦記のコミカライズは、このルートで終わりなのかな。次は、学園恋戦記のコミカライズも読みたい。
読了日:02月17日 著者:あず真矢 Daisy2
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)感想
今回も笑わせてもらった。細かな部分の突っ込みもさることながら、トリックを準備してる最中に、自分が死にそうになるとか。犯人も命懸けやな。明智警視の踊らされっぷりは吹き出した。
読了日:02月17日 著者:船津 紳平
オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)感想
半沢が窮地に貶められても、上手く逆転するんだろうとあまり危機感は抱かないけれど、近藤は別。出向先の会社でも上手くいかず、家族の生活を犠牲にしたくない。仕事と家族の狭間で苦しむ様子が、他人事じゃなくて辛かった。半沢も近藤も、最後に見事に返り咲きホッとしたけど、花はどんどん株が急降下。離婚する日も近かったりして。
読了日:02月17日 著者:池井戸 潤
紅蜥蜴は愛を説く (メリッサ)紅蜥蜴は愛を説く (メリッサ)感想
異世界に突然飛ばされ、化物に襲われたところを救われた沙耶。けれど、救ってくれたグウェンダルに、毎夜…。言葉が通じないので、グウェンダルの一方的な想いが沙耶には理解出来ないので、沙耶にしてみれば迷惑だよなぁ。何よりも、完結してない。続きが出るのかどうか…。
読了日:02月20日 著者:一色 和
秘め事は雨の中 (エタニティブックスRouge)秘め事は雨の中 (エタニティブックスRouge)感想
元カレに、一方的に連絡を絶たれた杏子。雨の日だけ、職場の最寄りのバス停で見かける男性に、落ち込んでいる所を見られてしまい…。元カレが、知れば知るほど最悪な人物なのに、なぜ今まで気がつかなかったのかが謎。杏子の前では猫被ってたか?それとは対照的な雪成は、本当に忍耐力あるなぁ、と。
頑なに、恋をしたくないと言う杏子を、辛抱強く待ってたもの。久々に、良いのを読んだ。
読了日:02月20日 著者:西條 六花
新久千映のお酒のお時間です (メディアファクトリーのコミックエッセイ)新久千映のお酒のお時間です (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
家飲み漫画。生ハム原木を買っちゃうとか、その発想が凄すぎ。この人なら、チーズも丸ごと買っちゃうかも。とにかく楽しそうに家飲みしてるので、禁酒中の人間には辛い…。
読了日:02月21日 著者:新久 千映
ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問 (角川文庫)ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問 (角川文庫)感想
ゲームの紹介を兼ねた、短編小説。問題の一文から想像を膨らませ、出題者に質問を重ねて謎を解いていく。仕組みとしては面白かったけれど、内容が重く、終わり方も後を引く物が多かったので、ハッピーエンドのものも混ぜて欲しかった。
読了日:02月21日 著者:河野 裕,友野 詳,秋口 ぎぐる,柘植 めぐみ
獣神演武 3 (ガンガンコミックス)獣神演武 3 (ガンガンコミックス)感想
どんどん裏切りが。でも劉煌は実は…って展開はありそう。
読了日:02月22日 著者:荒川 弘
獣神演武 4 (ガンガンコミックス)獣神演武 4 (ガンガンコミックス)感想
テンポがよすぎて、大切なエピソードがザクザク削られてない?鳳星ーっっ!
読了日:02月22日 著者:荒川 弘
傍観者の恋 (フェアリーキス)傍観者の恋 (フェアリーキス)感想
好きな人と結婚するために、嘘を重ねてしまうレイチェル。レイチェルの片想いの相手のノア、レイチェルの親友でノアの姉のアリシアも、相手を思いやり、自分の気持ちに蓋をしてしまうので、想いがすれ違ってしまい切ない。このまますれ違って終わるんじゃないかと、焦ったわ。後半のベタ甘にかなり救われた。
読了日:02月23日 著者:ナツ
別冊花とゆめ 2018年 03 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2018年 03 月号 [雑誌]感想
「嘘解きレトリック」右左馬の過去編。彼もまた、生きにくい人生を歩んできたんだなぁ。「桜の花の紅茶王子」正直、読んだのが今で良かった。これは続きが気になって仕方がない。
読了日:02月23日 著者:
La・La(ララ) 2018年 03 月号 [雑誌]La・La(ララ) 2018年 03 月号 [雑誌]感想
「夏目友人帳」的場さん、夏目のこと、どこまで知ってるんだろう…。「図書館戦争」堂上教官の失敗話って、どこか郁と似てる気がする。
読了日:02月23日 著者:
運命の乙女は狂王に奪われる (レジーナ文庫)運命の乙女は狂王に奪われる (レジーナ文庫)感想
狂王と噂されるベルナクスを、暗殺しようとした弟を助けるため、狂王に仕えることになったリリー。全体的な流れは好きだけど、全てが説明不足なイメージ。リリーの弟の組織の事とか、ベルナクスに取り成そうとする王女、リリーの国王とか。リリーの一人称で進むので、細かな説明を挟む余地がなかったのかもしれないけど。
読了日:02月24日 著者:木野 美森
恋の代役、おことわり! (エタニティブックスRouge)恋の代役、おことわり! (エタニティブックスRouge)感想
双子の姉の陽希の代わりに、高校時代の同級生とデートすることになった那月。芳賀が、入れ替わってる事に最初から気がついていたので、那月が最初から最後まで一人でわたわたしてただけな印象だった。
読了日:02月25日 著者:小日向 江麻
まちがいごと 1 (花とゆめCOMICS)まちがいごと 1 (花とゆめCOMICS)感想
お酒に酔って動けなくなってた美優子を助けたのが、通りすがりの吾妻だった。二人は恋に落ちたけれど、同じ高校の先生と生徒。周りにバレないようにしてるけど、吾妻のいとこにあっさりバレてたり、波乱の予感しかしない…。いとこの阪木君が凄くいい子で、フォローしてくれるけど、どこか不憫。この調子で3年間、隠し通せることはないよね。続きが気になる。
読了日:02月25日 著者:朝海いるか
額を紡ぐひと額を紡ぐひと感想
婚約者を事故で亡くした額装師の夏樹。彼女の元には、額に入れれるのか分からない品物を持って、依頼人が訪れる。それと平行して、婚約者の事故に関わった、池畠の秘密を探っていく。子供の頃に川で溺れた、額縁屋の純は助けたのに、婚約者は助けなかったのか。額にどう依頼品を納めるか、とともに、少しずつ池畠の秘密が明かされていくと、登場人物それぞれの見方が変わってきて、面白かったでした。それとなく、誘導されてたんですね。
読了日:02月26日 著者:谷 瑞恵
【Amazon.co.jp限定】純喫茶ねこ  (6)(特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス)【Amazon.co.jp限定】純喫茶ねこ (6)(特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス)感想
珈琲を初め、カフェインを取ってはいけない妊婦さんの為に、タンポポ珈琲があるのに兵真は知らないのかな?と思ってたら、知ってたか。味が珈琲じゃないのか…。珈琲のお供、なんになるのかな。昔働いてたお店では、洋梨のタルトが合うって聞いたことあるな~。
読了日:02月27日 著者:杉崎 ゆきる
時めぐりは、幼馴染み騎士と一緒に (フェアリーキス)時めぐりは、幼馴染み騎士と一緒に (フェアリーキス)感想
時を戻るという設定だったので、期待しすぎたかな。精霊の加護を受ける世界で、聖霊から王女アビゲイルに与えられた称号は、再生。それが何を意味するのかは、悲劇と共に明かされる。けれど、それまで身分差で悩んでたアビゲイルとジェレミーが、時を戻してから吹っ切れてるのはどうかと…。黒幕は、自業自得、むしろここまで無事に生きてたなってレベルなので、最期にもなんとも思わなかったけれど。
読了日:02月28日 著者:ナツ

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2018_03_31  [ 編集 ]

<<3月読了本(購入分・借り物) | BLOG TOP | 1月読了本 (購入分・借り物)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム