• 2018_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_06

CaramelCafe

読書やゲームなど、読んだり遊んだりしたものの感想を書いたりしています。一番多いのは、日々の出来事かも。


3月読了本(購入分・借り物)

  1. 2018/04/30(月) 22:43:14_
  2. 小説・漫画
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
おおお・・・思い出してよかった・・・。ブログ更新してなかったこと・・・。

3月の読書メーター
読んだ本の数:52
読んだページ数:11299
ナイス数:954

盲目的な恋と友情 (新潮文庫)盲目的な恋と友情 (新潮文庫)感想
タカラジェンヌの母を持つ、自分の容姿に無頓着な蘭花。彼女の恋人、星近との恋愛事情と、蘭花を唯一無二の親友だと思い込みたい留利絵の、二人の視線で紡がれる恋愛と友情。何かにすがりつかないと生きていけない彼女達を、不気味に思う部分と理解したくなる部分があるのが辛い。美波から見た二人の話を、読みたい気もするけれど、滑稽な道化師を見てる気分になりそう…。
読了日:03月01日 著者:辻村 深月
入れ代わりのその果てに (レジーナブックス)入れ代わりのその果てに (レジーナブックス)感想
33歳のOLが異世界に召喚され、16歳のお姫様として異国の地の王子と婚約することに。とりあえずは、ミシェイラの生活環境を整えるところから。とんでもない侍女を2人もつけられるし、王様に、いいように扱われてない?主人公は元の世界に帰ることにこだわっているけど、話の方向はどこに向かうのかな。
読了日:03月01日 著者:ゆなり
バガボンド(29)(モーニングKC)バガボンド(29)(モーニングKC)感想
沢庵和尚との問答で、武蔵の剣の有り様が変化するのかしら。戦いと祈り。相反するものを、内面に抱えて生きていく。おつうと二人、静かに暮らす姿は、まるで想像出来ない。
読了日:03月02日 著者:井上 雄彦
バガボンド(30)(モーニングKC)バガボンド(30)(モーニングKC)感想
植田の幽霊は、おつうにも武蔵の罪を、背負わせたいのか。それとも、女性だからこそ理解出来る命の重さを分からせ、武蔵を支えろと伝えたいのか。
読了日:03月02日 著者:井上 雄彦
ONE PIECE 88 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 88 (ジャンプコミックス)感想
ルフィとカタクリの戦い、これから反撃開始。ルフィが一人で戦ってると、どうも落ち着かない。そろそろ合流してほしい。サンジとプリンは、このまま夫婦になればいいのに。
読了日:03月02日 著者:尾田 栄一郎
こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
Twitterでも読んでいたけど、応援と手元に置いておきたくて購入。店長、可愛い。可愛いしか感想が出てこない。
読了日:03月03日 著者:カメントツ
BLUE GIANT SUPREME 4 (ビッグコミックススペシャル)BLUE GIANT SUPREME 4 (ビッグコミックススペシャル)感想
ピアニストとドラマーが見つかり、これでバンド結成。でも、意見が合わず、ぶつかってばかりの4人。これで全員の気持ちが合ったら、世界中を魅了するバンドが出来上がりそう。大が頑なに働かない理由も判明した。働くと、音楽のためじゃなく、生活するための生き方になってしまうから、か。
読了日:03月03日 著者:石塚 真一
別冊花とゆめ 2018年 04 月号 [雑誌]別冊花とゆめ 2018年 04 月号 [雑誌]感想
「桜の花の紅茶王子」サクラと吉乃、紅茶王子が人間になる条件を全て理解したうえで、決断したか。どうするかは、次回かな。アッサムも、他の紅茶王子にカミングアウトしそう。「嘘解きレトリック」左右馬も、決して楽な人生を送ってきた訳じゃなく、鹿乃子に随分助けられたみたい。次で最終巻か…。
読了日:03月05日 著者:
夜空の呪いに色はない (新潮文庫nex)夜空の呪いに色はない (新潮文庫nex)感想
七草が七草に拾われ、現実世界の七草と真辺の様子も見れたけれど、何かが噛み合わない違和感は拭えなかった。捨てた自分と捨てられた自分は、違う人生を歩んでいるから、双子のような関係なのかしら。大人と子供の定義も難しい。幼児ならまだしも、高校生と20代の差って、なんだろう。失敗した先に、希望を見出だせるかどうか?七草と真辺が、大地親子を救ってくれますように。
読了日:03月05日 著者:河野 裕
私達××しました 3 (白泉社レディースコミックス)私達××しました 3 (白泉社レディースコミックス)感想
椎名さんのトラウマが、更に明かされる。これ、なち一人の力じゃどうにもならないレベルじゃ…。元カノが会いに来た理由も教えてもらえず、次の巻までおあずけ状態。
読了日:03月05日 著者:空あすか
身代わり花嫁の懺悔日記 (ルルル文庫)身代わり花嫁の懺悔日記 (ルルル文庫)感想
「毒花」と呼ばれる双子の姉の代わりに、王大使に嫁いできたサラー。彼女の目的は、姉のふりをして、ウィロウに振られること。けれど、彼女が頑張れば頑張る程、明後日の方向へいってしまい、ほのぼのしてしまった。小動物を愛でる気分かなぁ。サラーの侍女を初め、使用人達が温かい目で見守る気持ちも分かるわ。
読了日:03月06日 著者:宇津田 晴
狼と香辛料XX Spring LogIII (電撃文庫)狼と香辛料XX Spring LogIII (電撃文庫)感想
湯屋でのほのぼのとした日常と、ロレンスとホロの睦まじさを眺めてニヤニヤする巻だった。二人がまた旅に出るのなら、コル達と合流して大きな事件を解決するかな?そうしたら、仮にロレンスが居なくなった後でも、思い出を共有出来る人物が増えて、ホロも寂しくないよね。きっと。
読了日:03月07日 著者:支倉 凍砂
世界で一番悪い魔女 5 (花とゆめCOMICS)世界で一番悪い魔女 5 (花とゆめCOMICS)感想
主要人物揃い踏み。ジュードと教授は、殴り合いのケンカをしたら、すんなり仲直り出来そう。そんな単純な問題じゃないか?
読了日:03月07日 著者:草川為
孔明のヨメ。 8 (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 8 (まんがタイムコミックス)感想
孔明と月英は、新しい技術を見ると研究せずにはいられないのね。まだ戦乱に巻き込まれてないけれど、劉備と接触するのも時間の問題っぽい。このまま、晴耕雨読の生活をしてほしいって思ったらだめよね。徐庶が
かなり優秀で驚いた。
読了日:03月07日 著者:杜康潤
魔女は月曜日に嘘をつく3 (朝日文庫)魔女は月曜日に嘘をつく3 (朝日文庫)感想
フクロウの丘で、カフェを始めた犬居。それを期に、杠葉さんとぎくしゃくするようになってしまったけれど、捨てられたフェレットや、家族に疎まれている中学生の問題に真摯に応えているうちに、犬居と杠葉さんも徐々に距離が縮まったみたい。フェレットのおはなも、セージ君も、2人にとっては大切な出会いだった。
読了日:03月08日 著者:太田 紫織
STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ(1) (ファミ通クリアコミックス)STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ(1) (ファミ通クリアコミックス)感想
続きだと知らずに購入し、いきなり紅莉栖の
アマデウスが出てきてびっくりした。小説は既読なので、内容は分かるけど。
読了日:03月08日 著者:鳥飼やすゆき
覇王 (ジュエル文庫)覇王 (ジュエル文庫)感想
史実をベースにした、国取り物語。これ、普通の小説として出してもおかしくないよね。むしろ、このレーベルでは浮きそう。遊牧民族に嫁いだヨーロッパの姫が主役なので、旦那さんの方がメインの小説も、機会があれば読んでみたい。出てるみたいですし。
読了日:03月09日 著者:花衣沙久羅
La・La (ラ ラ) 2018年 04 月号 [雑誌]La・La (ラ ラ) 2018年 04 月号 [雑誌]感想
「とばりの守り人」続きが出そうな終りかた。一番見たいのは、夜斗の正体を葵が知ったときかな。「赤髪の白雪姫」甘い…。「図書館戦争」昔の堂上教官の話は、郁みたいな反面、冷静な部分もしっかりあったと思う。
読了日:03月09日 著者:
黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)感想
菓子職人のマリエルは、父の死をきっかけに婚約者に店を乗っ取られ、森に捨てられてしまった。そんな彼女を拾った、謎の男性ジル。ジルは双子の子供たちも拾ってるところから、実はけっこうお人好し?人を見る目もあるから、問題が起きてないのだけど。二人が恋心を自覚してからは、もう、砂糖を噛ってる気分だった。双子も可愛いし、元婚約者へのお灸はもっとキツくてもよさそうだけど、面白かった。
読了日:03月10日 著者:宇津田 晴
RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴感想
本編を読んで時間がかなり経過してるので、登場人物を思い出すのにしばらく時間がかかった。深行視点での話は、本編と読み比べたら更に楽しそう。あのとき、こんなこと考えてたんだとか。真響視点のほうは、今後も起こりそうな展開だった。今回の犯人、うやむやにされたけど、続きが出たらまたちょっかいかけてきたりするのかな。
読了日:03月11日 著者:荻原 規子
Mon favori―モン・ファヴォリ (エタニティブックスRouge)Mon favori―モン・ファヴォリ (エタニティブックスRouge)感想
猪野家がどんどん増殖するのには笑ったものの、こんな会社なら働きやすいかも。
読了日:03月12日 著者:くる ひなた
バガボンド(31)(モーニングKC)バガボンド(31)(モーニングKC)感想
又八とお杉。互いに嘘をついていたけれど、最後の最後には、嘘が真実になった。語り部となった又八、どこかすっきりとした顔をしてるな。武蔵はいまだに、殺し合いの螺旋から降りれないのか。
読了日:03月13日 著者:井上 雄彦
Mon favori〈2〉 (エタニティブックスRouge)Mon favori〈2〉 (エタニティブックスRouge)感想
気がついたら、忍の兄の梓を応援してた。一目ボレして勢いで告白したり、けっこうやることがパワフルで面白かったから。
読了日:03月13日 著者:くる ひなた
居酒屋ぼったくり〈9〉居酒屋ぼったくり〈9〉感想
今回は、美音と要の恋模様は進展はほとんどなく、ご近所さんの問題解決と、他のカップルの話でした。実家に帰ったり、家に母が来ると必ず伊達巻をもらうので、お正月の料理というイメージは無いかな。枝豆のアレンジ料理、あれは皮を向いた状態で作るのよね?おつまみが足りないときに、ぱぱっと作れそうなレシピもあったので、練習したいな。
読了日:03月14日 著者:秋川 滝美
泣き虫ポチ〈上〉ゲーム世界を歩む泣き虫ポチ〈上〉ゲーム世界を歩む感想
失恋した主人公が、友人の勧めでネトゲを始めたら、何故かゲームの世界の中に居た。ログアウトの方法が分からず、途方にくれたところに、同じ状況のベテランプレイヤーに救われ…。主人公がゲーム初心者なので、キャラの名前がポチ。気質も犬なので、全く違和感が無い(笑)ポチ、アホの子だけど他のプレイヤーの足を引っ張らないように頑張る姿は共感が持てるし、他のメンバーもけっこういい人達で、読んでいても気持ちが良かった。
読了日:03月15日 著者:六つ花 えいこ
泣き虫ポチ〈下〉愛を歩む泣き虫ポチ〈下〉愛を歩む感想
無事に現実世界に戻り、皆でオフ会。ポチ、もとい愛歩が、段々不憫になってった…。周りのフォローもあり、愛しの相手からは、「墓に入るか?」とコメントもらってたりもするけど。これ、一生酒の肴にされるんじゃない?面白かった。
読了日:03月16日 著者:六つ花 えいこ
恋するアクアリウム。 (富士見L文庫)恋するアクアリウム。 (富士見L文庫)感想
仕事を辞め上京したものの、行き場を無くした桐子が転がり込んだのが、幼馴染の真也のアパート。桐子の就職先が決まるまでの、短期間の避難だったけれど、逃げだした原因がほっといてくれなかった。真也の印象も、今回で随分変わったかな。あと、出てくる魚料理が美味しそうで、食べたくなるのには困った。ここまで丁寧にやるのは大変そうだもの。でも、食べたい。
読了日:03月16日 著者:竹岡 葉月
猫かぶり御曹司とニセモノ令嬢 (エタニティブックスRouge)猫かぶり御曹司とニセモノ令嬢 (エタニティブックスRouge)感想
男性不振な主人公が、伯父の頼みでお見合いした相手は、ダサダサな歳上男性。これは無いわとすぐに断ったのに、何故かまた会うことに。今回、主人公汐里のトラウマの原因は一切明かされず、男性側は明かされるけど…え、それくらいで?と聞きたくなる。更に、女性不振の癖に妙に手慣れてたり、 あちこち違和感が。さらりと読めるけど、それだけかな。
読了日:03月16日 著者:佐々 千尋
きみを死なせないための物語 3 (ボニータコミックス)きみを死なせないための物語 3 (ボニータコミックス)感想
少しずつ、少しずつ、隠された情報が明かされていくけれど、この世界は一体誰に優しいの。ダフネーの少女達を取り巻く環境の悪化も、誰かを愛しいと思う感情も、この世界では抗えないものなのかしら。読んでて辛いけど、読むのを止められない。タイトルの「きみ」って、誰を指してるんだろう。
読了日:03月17日 著者:吟鳥子 中澤泉汰
猫かぶり御曹司とニセモノ令嬢〈2〉 (エタニティ文庫)猫かぶり御曹司とニセモノ令嬢〈2〉 (エタニティ文庫)感想
まとめ買いしたので読んだけれど…。今回は、汐里のトラウマがメイン。元カレにここまでされたのに、よく他の男性の誘いに乗ったなとしか。再会した元カレの話をなぜすんなり信じるのとか、今回も違和感ばかりだった。
読了日:03月17日 著者:佐々 千尋
Q.E.D.iff -証明終了-(9) (講談社コミックス月刊マガジン)Q.E.D.iff -証明終了-(9) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
「陰火」崇拝する気持ちが狂気に変わったとき、見たいものしか見なくなるのか。SNSへの投稿を見越してるあたり、今時のトリックだな。無かった時代ならどうしたんだろ。「美しい絵」変化を一番嫌うのが執事か。それぞれの描く美しい絵、特に燈馬はどんな絵を思い描くんだろう。
読了日:03月18日 著者:加藤 元浩
炎の神子様は大精霊ではございません1 (一迅社文庫アイリス)炎の神子様は大精霊ではございません1 (一迅社文庫アイリス)感想
炎の神子として、神殿で暮らしていたエルフリーデ。あり得ない嫌疑で処刑されそうな所に、召喚された先は鼠妖精の村。その村を統治する王子様は、自身の魔法の氷属性に悩まされていたけれど、エルフリーデがいれば、少しずつ緩和しそう。あとはとにかくモフモフがっ!鼠妖精のモフモフがたまらん!神殿のほうがどうなってるのかも気になるし、続きも読みたい。
読了日:03月19日 著者:江本 マシメサ
隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫)隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫)感想
幼い頃に行方不明になり、12年の歳月を経て、宮中に戻ってきた純子。今上帝の娘という立場は、市政での暮らしに馴れた彼女にはかえって辛く、教育係の理登と過ごす時間が唯一の息抜きだった。大人の都合であちこち移動させられたものの、最終的には仲間と落ち着き場所を得られた所で終わってしまった。純子と理登の恋は成就したけど、誘拐事件の犯人については、これからみたい。
読了日:03月19日 著者:深山 くのえ
隠れ姫いろがたり-雪の下- (ルルル文庫)隠れ姫いろがたり-雪の下- (ルルル文庫)感想
純子と理登が両想いになったとたんに、横槍が入る。純子が拐われたきっかけを作ったのと同じ人物が絡んでいたのだけど、そんなに彼女が側にいるのが許せないのかしら。表だって何か罰は無かったものの、帝の寵愛は失せたと思いたい。純子の周りには、彼女を慈しみ手助けする人達が集まったので、穏やかに暮らせそう。
読了日:03月20日 著者:深山 くのえ
おとなの発達障害かもしれない! ? (コミックエッセイの森)おとなの発達障害かもしれない! ? (コミックエッセイの森)感想
息子が発達遅延?軽度の発達障害なので、大人になった時にどんな風になるのか知りたかったのと、私もそうかも?と気になっていたので手に取りました。作者さんご自身の体験と、かなり勉強されたようで砕いて説明してくれているので、分かりやすかったです。一番は、周りの理解かな。グレーゾーンや軽度だと、わざわざ周りに話すのも…ってなりそうだし。いろんな人に読んでもらって、まず知ってもらいたい。
読了日:03月20日 著者:森島明子
炎の神子様は大精霊ではございません2 (一迅社文庫アイリス)炎の神子様は大精霊ではございません2 (一迅社文庫アイリス)感想
エルフリーデが付けられていた、首輪の謎が判明すると同時に、魔導教会への不信感が増した。師匠は、首輪の秘密を知っていてエルフリーデに付けたのかしら。アルフレードの魔力を減らすために、召喚されたメルヴが可愛い!これだけ可愛いものに囲まれたら、幸せだろうなぁ。筋肉妖精も仲間が増え、物理攻撃にしか見えない魔法を駆使したり、今回も楽しかった。何より、2人の関係が発展したのが。
読了日:03月21日 著者:江本 マシメサ
マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS)マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS)感想
最終巻。万里子とニーラムを取り巻く環境を思えば、最良の結末だった。世界情勢は悪くなりそうだし、決して楽観できる状況では無いけど、2人ならなんとかしてくれそう。
読了日:03月22日 著者:高尾滋
リリー・フィッシャーの難儀な恋 (ルルル文庫)リリー・フィッシャーの難儀な恋 (ルルル文庫)感想
男勝りなリリーが、友人の頼みでおネエになってしまったエドワードについて調べるものの、あっさり見つかり淑女教育をしてもらうことに。エドワードがおネエになった理由は早々に明かされるので、安心して読めるというか。ダリアを狙う敵がかなりヘボかったのが残念…。こんなので良く、成功すると思ったな。
読了日:03月22日 著者:宇津田 晴
重たい執着男から逃げる方法 (アイリスNEO)重たい執着男から逃げる方法 (アイリスNEO)感想
魔術師に拉致監禁されていると勘違いされたマリーが、クレストに監禁されてしまう。何度逃げ出しても、最終的に捕まってしまい、お巡りさーんと何度思ったか。読んでて、何度も気持ち悪くて鳥肌がたった。これ、犯罪ですよね?行動にとことん制限をつけて、洗脳しようとしてるよね?せめて、クレストがマリーにそこまで執着する、納得のいく理由があれば、また違ったかもしれないけど。
読了日:03月22日 著者:長野 雪
猫耳魔術師の助手 本日も呪い日和。 (一迅社文庫アイリス)猫耳魔術師の助手 本日も呪い日和。 (一迅社文庫アイリス)感想
猫狂いのシャーロットが、王宮魔術師の助手になったら、雇い主には猫耳がついていた。猫耳の呪いを解くため、奮闘するクライヴのお手伝いをするものの、解かなくてもいいじゃんと思ってるのがバレバレ。クライヴがとことんお人好しなので、シャーロットに対する感情ってほんとに恋愛…?これからも、猫とシャーロットに振り回されそう。
読了日:03月24日 著者:香月 航
バガボンド(32) (モーニング KC)バガボンド(32) (モーニング KC)感想
一刀斎を相手に、自分自身と戦ってるように見えた武蔵。もう、殺しあいの螺旋から降りてもよさそうだけれど。小次郎と戦うまでは、降りれないのか。
読了日:03月24日 著者:井上 雄彦
魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS)感想
チセの過去、カルタフィルスの過去。チセの母親の選択が、追い詰められたゆえの行動だった事に、少しだけ救われた。父親と弟の行方は、いつか分かるのかしら。次はカレッジ編。しばらくは、のんびりとした展開がいいな。
読了日:03月25日 著者:ヤマザキコレ
このマンガがすごい! comics 猫と竜 (このマンガがすごい!Comics)このマンガがすごい! comics 猫と竜 (このマンガがすごい!Comics)感想
お世話好きな母猫が、自分の子供と一緒に、子供ドラゴンも育て上げてしまう。彼女や彼女の子供達、ドラゴンが、人をパートナーとして暮らす様子が覗ける物語。とにかく猫が可愛い!原作も、読んでみたい。
読了日:03月26日 著者:アマラ
ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない (角川ホラー文庫)感想
保育園で起こった怪異が、一番身近で起きたら嫌なだけに怖かった。湖畔のラミア、実際にあの女性みたいなことをしでかす人がいるから困るわ…。出歩くな。宝探しの村は、最後まで他人事にしか感じられず、そこまで怖くはなかったかな。しかし森司とこよみちゃんの関係、ほとんど進展無しかい!もう、ひとっとびに結婚しちゃってください。
読了日:03月27日 著者:櫛木 理宇
高嶺と花 10 (花とゆめCOMICS)高嶺と花 10 (花とゆめCOMICS)感想
おかモンが男前すぎた。そして高嶺さんはヘタレすぎた…。ルチアーノと高嶺の出会いは、両極端な2人だけに面白かった。殴り合いにならないとこらに、育ちのよさを感じた。ラストまでへたれた高嶺さん。次はもっと頑張れ。
読了日:03月27日 著者:師走ゆき
招キ探偵事務所 字幕泥棒をさがせ (講談社タイガ)招キ探偵事務所 字幕泥棒をさがせ (講談社タイガ)感想
映画の字幕が、別の映画のものになっていた。誰がどうやってすり替えたのか。映画館でバイトしている黒音が、常連客の雪穂と調べることに。昔の映画の字幕のつけ方、今の映画の仕組みを知るのは楽しかったけれど、助手だと思ってた人が実は…という展開は、要らないんじゃないかな。あと、ルンバで人は追い払えない。
読了日:03月28日 著者:高里 椎奈
5時から9時まで 14 (Cheeseフラワーコミックス)5時から9時まで 14 (Cheeseフラワーコミックス)感想
潤子先生、出張に修行に団体旅行に妊娠疑惑。なんだろう、このてんこ盛り。それでも仕事を辞める気無いんだもんな。アーサー様とモモエ先生が、癒し。
読了日:03月28日 著者:相原 実貴
うちの執事が言うことには 第8巻 (あすかコミックスDX)うちの執事が言うことには 第8巻 (あすかコミックスDX)感想
烏丸家へ、大量の荷物を送りつける嫌がらせが発生。小説を読んでるので犯人は知っているのに、どうしても疑いたくなる赤目さん。花頴と衣更月の関係も、少しずつ良好になってきてるはずだよね。
読了日:03月28日 著者:音中 さわき
バガボンド(33) (モーニング KC)バガボンド(33) (モーニング KC)感想
「あきらめたら そこで闘いは終わりだ」周りの声に素直に耳を傾け、自問自答を繰り返す武蔵と、無邪気な小次郎。二人が再び出会うには、まだ時間がかかりそうだけど、それまで武蔵の足はもつのか。
読了日:03月29日 著者:井上 雄彦
カードキャプターさくら クリアカード編(4) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(4) (KCデラックス なかよし)感想
相変わらず、関係者が訳知り顔で話すだけで、こちらに説明してくれない。海渡がカードを欲しがるのは、秋穂の為なのかな。
読了日:03月30日 著者:CLAMP
中国嫁日記 (七)中国嫁日記 (七)感想
書き下ろしの、月さんの子供編。ここから、ジンサンに繋がっていくんだと思うと、なんだか感慨深い。次の、出産の話も楽しみだな。
読了日:03月30日 著者:井上 純一
バガボンド(34) (モーニング KC)バガボンド(34) (モーニング KC)感想
小次郎、相変わらず女に手が早い。楓は女性っぽいと思ってたら、本当に女性だった。どんな経緯で指南役に選ばれたんだろ。武蔵は、父を亡くした少年、伊織の世話をする。何だかんだで見捨てられないみたいだけど、どこまでも連れていけないよね。
読了日:03月31日 著者:井上 雄彦

読書メーター


blogramのブログランキング
スポンサーサイト
2018_04_30  [ 編集 ]

| BLOG TOP | 2月読了本 (購入分・借り物)>>

comment

お誕生日(^o^)

  1. 2018/05/26(土) 10:03:32 |
  2. URL |
  3. teru_k_lsf
  4. [ 編集 ]
おめでとうございます!ヽ(*´ー`*)ノ
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

陸抗

Author:陸抗
ゲームと本が好き。
気がついたら、奇食ハンターと
クソゲーハンターになってました。

コメントもらえると、喜びます。

アクセス数

ゲームメーター

陸抗の今やってるゲーム 陸抗の最近やったゲーム

読書メーター

陸抗さんの読書メーター 陸抗の最近読んだ本 陸抗の今読んでる本

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム